1. むかしむかしあるところに、死体がありました。
  1. 赤ずきん、旅の途中で死体と出会う。

みんな知ってるあのお話が、本格ミステリに!

むかしむかしあるところに、死体がありました。_書影

昔ばなし×ミステリ

赤ずきん、旅の途中で死体と出会う。_書影

童話×ミステリ

Twitterキャンペーン開催中!

公式アカウント @mukashi_futabaをフォローして、
下の「読みたい!」ボタンを押してツイートすると
抽選で10名様にサイン本、10名様にオリジナルQUOカードをプレゼント!

応募期間
4/28(水)〜5/28(金)
発表方法
当選者にはDMでご連絡します。
STEP1
Twitter公式アカウントを
フォローする
フォローする
STEP1
「読みたい!」ボタンを押して
Twitterに投稿して応募完了
読みたい!
MORE
【公式】『むかしむかしあるところに、死体がありました。』 青柳碧人(著)_twitterリンク

このサイトをシェアする

【公式】『むかしむかしあるところに、死体がありました。』 青柳碧人(著)_lineリンク
『むかしむかし…』『赤ずきん…』

公式Twitterアカウント

籍情報

むかしむかしあるところに、死体がありました。_書影

日本昔ばなし×本格ミステリ

むかしむかしあるところに、
死体がありました。

発売日:2019年04月19日
定価:1,430円 (税込) 判型:四六判

> 期間限定秋冬ver.カバーデータ公開!
赤ずきん、旅の途中で死体と出会う。_書影

童話×本格ミステリ

赤ずきん、旅の途中で
死体と出会う。

発売日:2020年08月21日
定価:1,485円(税込) 判型:四六判

> 期間限定冬ver.カバーデータ公開!

むかしむかしあるところに、死体がありました。_タイトルロゴ

背景おじいさん画像
日本昔ばなし本格ミステリ
まさかの
融合⁉

【2020年 本屋大賞ノミネート作】昔ばなし、な・の・に、新しい!鬼退治。桃太郎って……え、そうなの?大きくなあれ。一寸法師が……ヤバすぎる!ここ掘れワンワン。埋まっているのは……ええ!?
「浦島太郎」や「鶴の恩返し」といった皆さんご存じの《日本昔ばなし》を、密室やアリバイ、ダイイングメッセージといったミステリのテーマで読み解く全く新しいミステリ!「一寸法師の不在証明」「花咲か死者伝言」「つるの倒叙がえし」「密室龍宮城」「絶海の鬼ヶ島」の全5編収録。

収録作紹介!
あなたは、どの作品から読みますか?
巻物_画像
収録作品 一寸法師の不在証明_画像
一寸法師×アリバイトリック

お姫様を鬼から守った一寸法師。打ち出の小槌で大きくなった彼は、ある計画を心に秘めておりました……

巻物_画像
収録作品 花咲か死者伝言_画像
花咲かじいさん×
ダイイングメッセージ

灰をまいて、花を咲かせていたお爺さん。お殿様からもらったご褒美を、村に寄付するような優しい人でしたが、殺されてしまいました……

巻物_画像
収録作品 つるの倒叙がえし_画像
つるの恩返し×倒叙ミステリー

村の青年が、宿に困っていたつうを泊めました。そのお礼にと、つうは反物を織りますが、それが高く売れると知った青年は、もっと織れとつうに迫ったのです……

巻物_画像
収録作品 密室竜宮城_画像
浦島太郎×密室トリック

を助けた浦島太郎は、連れて行かれた龍宮城で飲めや歌えの大宴会。そんな中、伊勢海老のおいせ殺されました……

巻物_画像
収録作品 絶海の鬼ヶ島_画像
桃太郎×クローズド・サークル

鬼ヶ島で行われた桃太郎とその仲間たちVS鬼たちの戦いは、桃太郎側の勝利に終わりました。でも本当の戦いが、そこから始まったのです……

赤ずきん、旅の途中で死体と出会う。_タイトルロゴ

童話の世界で起きる事件を
赤ずきんがスッキリ解決!

日本の昔ばなしをミステリで読み解き好評を博した『むかしむかしあるところに、死体がありました。』に続き、西洋童話をベースにした連作短編ミステリが誕生しました。今作の主人公は赤ずきん! ――クッキーとワインを持って旅に出た赤ずきんがその途中で事件に遭遇。「シンデレラ」「ヘンゼルとグレーテル」「眠り姫」「マッチ売りの少女」を下敷きに、小道具を使ったトリック満載! こんなミステリがあったのか、と興奮すること間違いなし。全編を通して『大きな謎』も隠されていて、わくわく・ドキドキが止まりません!

赤ずきんが、
旅の途中で遭遇した
事件一覧

第1章 ガラスの靴の共犯者_アイコン

魔女に魔法をかけてもらった赤ずきんシンデレラカボチャの馬車でお城の舞踏会に向かいますが、途中で男を轢き殺してしまったのです……

第2章 甘い密室の崩壊_アイコン

ヘンゼルグレーテルにミートパイをご馳走になった赤ずきん。帰ってこないおかあさんを探しにお菓子の家に行ったところ、倒れた食器棚の下で死んでいたのでした……

第3章 眠れる森の秘密たち_アイコン

お姫さまが眠り続けている国を訪ねた赤ずきん。国の宰相を助けたことで屋敷に泊めてもらうことになりますが、宰相の召し使いの息子が、人を殺したというのです……

第4章 少女よ、野望のマッチを灯せ_アイコン

旅も終わりに近づいてきた赤ずきん。着いた港町で、エレンというマッチ会社の社長になった少女の話を聞きました。それによると……

者紹介

青柳碧人(あおやぎ あいと)

1980年千葉県生まれ。早稲田大学卒業。2009年『浜村渚の計算ノート』で第3回「講談社Birth」小説部門を受賞してデビュー以来、同書や「西川麻子」「猫河原家の人びと」などの多くの人気シリーズを手がける。2019年、日本の昔ばなしに材をとった本格ミステリ、『むかしむかしあるところに、死体がありました。』は多くの年間ミステリーランキングに入り、本屋大賞にもノミネートされた。2020年、世界の童話に舞台を移した『赤ずきん、旅の途中で死体と出会う。』も、大きな話題となる。

イラスト:五月女ケイ子
TOPへ戻る