検索の説明
サイトマップ


作家一覧 ジャンル一覧
お知らせ
line

高橋三千綱先生ご逝去に際し

高橋三千綱先生が去る8月17日に亡くなられました。

芥川賞作家として、多くの作品をお書きになられ、様々なジャンルの書籍やエッセイなども上梓された先生ですが、弊社では漫画原作者として、かざま鋭二先生と組んで『我ら九人の甲子園』『九番目の男』『セニョール・パ』『Dr.タイフーン』や内山まもる先生と組んだ『純愛とSEX』など、他にも多くの傑作を生み出していただきました。「漫画アクション」を支える大黒柱として一時代を築いていただきました。また、近年では時代文庫小説にも取り組まれ『右京之介助太刀始末』シリーズなどを書いていただきました。

先生はがんとの闘いは長く、何度も入退院をされながらも、常に明るく元気で復帰され、そのパワーはすさまじく、私が心配するより、先生に私が励まされるというか叱咤激励されるという感じでした。入社以来、三十数年経ってもずーっと目をかけていただきました。若いころ「先生」「先生」と私が言うと、おまえの「先生」はカタカナの「センセ」だなと言われたことははっきりと覚えています。親しみが過ぎましたかね。ゴルフもお上手で常に探求心をもって臨まれていました。最近はご一緒していなかったので、残念でなりません。

本当に本当に残念でなりません。心よりご冥福をお祈りいたします。「センセ」ありがとうございました。

株式会社双葉社 取締役編集局長 島野浩二