佐々木裕一(ささき・ゆういち)

1967年広島県生まれ。『ネオ・ワールドウォー』(経済界)を2003年に発表し、以降、架空戦記を中心とした執筆活動に入る。2010年より活躍の舞台を時代小説に移行し、人気シリーズを数多く発表している。主なシリーズに「あきんど百譚」(双葉文庫)、「浪人若さま 新見左近」(コスミック・時代文庫)、「公家武者 信平」(講談社文庫)、「身代わり若殿 葉月定光」(角川文庫)などがある。

「浪人若さま 新見左近」は、わたしが初めて書いた時代小説です。
好評をいただいたことで全14巻のシリーズとなり、代表作となりました。
第14巻までお付き合いいただいた読者の皆様は、「左近とお琴はなにも別れなくてもよかったのではないか」とお思いのことでしょう。
左近とお琴がその後どうなったのか、気になりますよね。
お待たせしました。
「新・浪人若さま 新見左近」をお読みいただければ、二人のその後がおわかりいただけます。 舞台は浜屋敷周辺の町に移り、左近は江戸の民を苦しめる(闇)に立ち向かうことになるのですが、不気味な悪は、一筋縄ではいきません。
次々と起こる困難を、左近と仲間たちはどう乗り越えるのか、お見守りいただければ幸いです。
どうか最終巻までお付き合いくださいますよう、お願い申し上げます。 佐々木裕一

新見左近

浪人新見左近を名乗り市中に出るが、その正体は甲府藩主徳川綱豊。たびたび市中に繰り出しては、秘剣葵一刀流でさまざまな悪を成敗しつつ、自由な日々を送っていた。五代将軍綱吉たっての願いで世継ぎとして西ノ丸に入ってからは平穏な日々を過ごしていたが、京にいるはずのお琴の身に危難が訪れたことを知り、ふたたび市中へくだる。貴船屋の事件を見事解決し、お琴と再会を果たす。

お峰

実家の旗本三島家が絶えたため、母方の伯父である岩城雪斎の養女となっていた、左近の亡き許嫁。妹のお琴の行くすえを左近に託す。

お琴

お峰の妹で、左近の想い人。小間物問屋、中屋の京の出店をまかされ江戸を離れていたが、店を焼かれたため江戸に逃れ身を潜めていた。貴船屋の事件解決後、左近と無事再会を果たし、三島町で小間物屋の三島屋を再開することに。

権八

およねの亭主で、腕のいい大工。女房のおよねともども、お琴について京に行っていた。江戸に戻ってからは大工の棟梁となり、三島屋裏の鉄瓶長屋で暮らす。

およね

権八の女房で三島屋で働いている。よき理解者として、お琴を支えている。

吉田小五郎

甲州忍者を束ねる頭目で、左近の護衛役。幼い頃から左近に仕え、全幅の信頼を寄せられている。三島町で再開した三島屋の隣で煮売り屋をふたたびはじめ、配下のかえでと共にお琴の身を警固する。

かえで

小五郎配下の甲州忍者。小五郎と共に左近を助け、煮売り屋では小五郎の女房だと称している。

岩城泰徳

お峰とお琴の義理の兄で、本所石原町にある甲斐無限流岩城道場の当主。父雪斎が左近の養父新見正信と剣友で、左近とは幼い頃からの親友。妻のお滝には頭が上がらぬ恐妻家だが、念願の子を授かり、雪松と名づけた。

間部詮房

左近の養父で甲府藩家老の新見正信が、左近の右腕とするべく見出した俊英。左近が絶大な信頼を寄せる、側近中の側近。

雨宮真之丞

御家再興を願い、左近の命を狙うも失敗。境遇を哀れんだ左近により甲府藩に召し抱えられ、以降は左近に忠実な家臣となる。

岩倉具家

京の公家の養子となるも、密かに徳川家光の血を引いており、将軍になる野望を持っていたが、左近の人物を見込み交誼を結ぶ。鬼法眼流の遣い手で、京ではしばらくお琴たちを守っていたが、落ち着いた頃に京を離れ旅に出ている。

西川東洋

上野北大門町に診療所を開く、甲府藩の奥医師。左近がお琴のところに通いはじめたと知り、診療所を女中のおたえにまかせ、三島屋そばの七軒町に越してきている。

山川吉助・お紋

浜屋敷の寝所に通じている新銭座町の隠れ家を守る、年老いた甲府藩士とその妻。周囲には左近のことを甥だと称している。

篠田山城守政頼

左近が西ノ丸に入る際に、綱吉が監視役として送り込んだ附家老。通称は又兵衛。元は直参旗本で、左近のもとに来るまでは、五年にわたって大目付の任に就いていた。

三宅兵伍

左近が西ノ丸に入ってから又兵衛によってつけられた、近侍四人衆の一人。左近と同年配の、真面目で謹直な男。

早乙女一蔵

左近の近侍四人衆の一人。穏やかな気性だが、剣の腕は確か。

砂川穂積

左近の近侍四人衆の一人。四人の中では最年少だが、気が利く人物で、密偵としての才に恵まれ、深明流小太刀術の達人でもある。

望月夢路

左近の近侍四人衆の一人。地獄耳の持ち主。他の三人と同じく又兵衛の家来でありながら、左近を敬い、忠誠を誓っている。

徳川綱吉

徳川幕府第五代将軍。四代将軍家綱の弟で、甥の綱豊(左近)との後継争いのすえ、将軍の座に収まる。だが、自身も世継ぎに恵まれず、その座をめぐり、娘の鶴姫に暗殺の魔の手が伸びることを恐れ、綱豊に、世間を欺く仮の世継ぎとして西ノ丸に入ることを命じた。

柳沢保明

綱吉の側用人。大変な切れ者で、綱吉の覚えめでたく、老中をもしのぐほどの権勢を誇っている。


新・浪人若さま 新見左近【二】

亀の仇討ち

貴船屋の企てを退け、無事お琴たちとの再会を果たした左近。浜屋敷のそばでお琴が三島屋を再開するなど、新たな日々がはじまるなか、権八夫婦の暮らす長屋に仇討ちの若い兄妹が転がり込んでくる。仇捜しに江戸中を奔走し疲弊している様子の兄、戸川亀彦を案じた左近は助力を申し出るが、亀彦が捜す仇とは、左近もよく知る人物だった——。葵一刀流が悪を斬る! 大人気時代小説シリーズ、絶好調第二弾!!

ネット書店で購入する

新・浪人若さま 新見左近【一】

不穏な影

浪人姿に身をやつし、市中に繰りだし、悪を討つ。秘剣、葵一刀流を遣うその男の正体は、のちの名将軍、徳川家宣——! 五代将軍綱吉のたっての願いで、世継ぎとして江戸城西ノ丸に入って三年。徳川綱豊としての平穏な日々を過ごしていた左近だが、密かにこころを交わすお琴の身に危難が訪れていることを知り、ふたたび浪人新見左近として市中に出ることを決意する。

ネット書店で購入する