検索ワード ”稲葉稔”
※発売日は地域によって異なります。
著 : 稲葉稔(イナバミノル)

発売日:2020年06月11日  定価:本体620円 + 税
ISBN :978-4-575-67005-9

麹町の路地裏にささやかな居酒屋を開いて一年余。剣の腕前を隠して包丁を握る八雲兼四郎は花好きの風変わりな美女お蛍と知り合う。常連客に冷やかされながらも、貧しい  ...続き.>
著 : 稲葉稔(イナバミノル)

発売日:2020年01月16日  定価:本体610円 + 税
ISBN :978-4-575-66978-7

「いろは屋」常連の順次が妹のおけいを連れて店に現れた。「みんな……殺された」。怯え切ったおけいの口から飛び出した言葉に、店主の八雲兼四郎は耳を疑う。聞けば、夫  ...続き.>
著 : 稲葉稔(イナバミノル)

発売日:2019年07月11日  定価:本体620円 + 税
ISBN :978-4-575-66952-7

ひっそりした裏小路で居酒屋を営む八雲兼四郎。寡黙ながら常連客に慕われるこの男には、愛した女とその一子をならず者に惨殺された辛い過去があった。運命の巡り合わせ  ...続き.>
著 : 稲葉稔(イナバミノル)

発売日:2019年03月14日  定価:本体620円 + 税
ISBN :978-4-575-66937-4

表の顔は干物とめし、酒しか出さぬ店「いろは屋」大将、裏の顔は許せぬ外道を冥土に送る浪人奉行として生きる八雲兼四郎。その武勇をいち早く見抜いた升屋九右衛門から  ...続き.>
著 : 稲葉稔(イナバミノル)

発売日:2018年11月22日  定価:本体1,600円 + 税
ISBN :978-4-575-24127-3

徳川の世の黎明に、とてつもない男がいた。「おれは江戸城の天守を建てる! 天下一の天守を」――一流大工にして剛毅無双な侍、鈴木長次の一世一代の城造りが今、始まる!!
著 : 稲葉稔(イナバミノル)

発売日:2018年10月11日  定価:本体611円 + 税
ISBN :978-4-575-66911-4

町方の手の届かぬところで暴れる外道を剛剣で葬る浪人奉行--その正体は麹町の片隅で干物とめし、酒しか出さぬ店を営む八雲兼四郎であることに常連客は誰一人気付いて  ...続き.>
著 : 稲葉稔(イナバミノル)

発売日:2018年09月13日  定価:本体611円 + 税
ISBN :978-4-575-66906-0

幕府の密使として数々の国難を救ってきた不知火隼人。その出生の秘密が意外な形で明かされた。「そなたは上さまの兄上。命を狙われておる」--大奥御年寄、歌橋の突然  ...続き.>
著 : 稲葉稔(イナバミノル)

発売日:2018年07月12日  定価:本体611円 + 税
ISBN :978-4-575-66897-1

霧の津軽沖で突如目撃された不気味な黒船。神出鬼没の船影は徐々に南下し、幕府を挑発するがごとく江戸に近づいてくる。これは国難の前触れなのか。狙いは何なのか。大  ...続き.>
著 : 稲葉稔(イナバミノル)

発売日:2018年05月10日  定価:本体602円 + 税
ISBN :978-4-575-66884-1

浦賀で暗躍する武器弾薬の密貿易一味を、馬庭念流の剛剣で押さえた幕府の密使・不知火隼人。だが、頭目の男は江戸城に護送される途中で舌を噛んで自害し、関与が疑われ  ...続き.>
著 : 稲葉稔(イナバミノル)

発売日:2018年04月12日  定価:本体583円 + 税
ISBN :978-4-575-66879-7

裏小路でひっそり居酒屋を営む八雲兼四郎の武勇を見抜き、外道を闇に葬る浪人奉行の影役目を与えた升屋九右衛門が新たな”仕事”を頼んできた。東海道の大井村近辺で殺し  ...続き.>

双葉社モバイル