検索ワード ”佐々木裕一”
※発売日は地域によって異なります。
著 : 佐々木裕一(ササキユウイチ)

発売日:2022年06月16日  予価:693円 (本体630円)
ISBN :978-4-575-67115-5

将軍綱吉との狩りの場で刺客に襲われ、傷を負ってしまった左近。幸い傷も癒え、久々に三島屋での楽しいひと時を過ごした左近のもとへ、国許の甲府の村の領民から、代官  ...続き.>
著 : 佐々木裕一(ササキユウイチ)

発売日:2022年05月12日  定価:704円 (本体640円)
ISBN :978-4-575-67111-7

左近暗殺の黒幕は酒井雅楽頭だった――! 爺と呼んで信頼していた大老のまさかの裏切りに衝撃を受けた左近のもとに、さらなる悲報が届く。将軍家綱が病に倒れ、帰らぬ人  ...続き.>
著 : 佐々木裕一(ササキユウイチ)

発売日:2022年04月14日  定価:704円 (本体640円)
ISBN :978-4-575-67103-2

娘鶴姫の暗殺を恐れた第五代将軍綱吉に乞われ、世間を欺く仮の世継ぎとして西ノ丸に入って早十二年。未だ将軍の座に就く気はさらさらない左近のもとへ、綱吉に隠し子と  ...続き.>
著 : 佐々木裕一(ササキユウイチ)

発売日:2022年03月10日  定価:704円 (本体640円)
ISBN :978-4-575-67101-8

襲われているところを助けた若侍は、とある小藩の姫様だった――。藩主である兄を亡き者にせんとする江戸家老のくわだてを阻止するべく、江戸の中屋敷を密かに抜け出し、  ...続き.>
著 : 佐々木裕一(ササキユウイチ)

発売日:2022年02月09日  定価:704円 (本体640円)
ISBN :978-4-575-67097-4

甲府藩主でありながら第五代将軍の座をめぐる争いに巻き込まれることを嫌い、谷中のぼろ屋敷で一人気ままな暮らしを続ける左近。亡き許嫁、お峰の妹お琴を守るべく、お  ...続き.>
著 : 佐々木裕一(ササキユウイチ)

発売日:2022年01月13日  定価:704円 (本体640円)
ISBN :978-4-575-67088-2

江戸を襲った勅額火事から一年、町の復興は着々と進んでいた。懸命に再建に励む江戸の民をたくましく思う左近だが、一年前の大火の混乱に紛れて武家の娘たちが攫われた  ...続き.>
著 : 佐々木裕一(ササキユウイチ)

発売日:2022年01月13日  定価:704円 (本体640円)
ISBN :978-4-575-67092-9

甲府藩主の徳川綱豊は次期将軍の座をめぐる争いに巻き込まれるのを嫌い、病と称して藩邸に籠もる体を装いながら、谷中のぼろ屋敷で一人暮らし。浪人新見左近を名乗り、  ...続き.>
著 : 佐々木裕一(ササキユウイチ)

発売日:2021年11月11日  定価:704円 (本体640円)
ISBN :978-4-575-67083-7

反目していた冬木相模守有泉が失脚し、権勢を揺るぎなきものにした柳沢保明。差配している寛永寺根本中堂の落成も間近に控え、さらなる出世が見込まれる中、将軍綱吉の  ...続き.>
著 : 佐々木裕一(ササキユウイチ)

発売日:2021年05月13日  定価:704円 (本体640円)
ISBN :978-4-575-67053-0

左近の想い人のお琴が囚われの身となってしまった。新しい宿坊ができた祝いの席に招かれた寺で、祝宴の最中に賊が押し入り、他の招待客と共に人質にされているという。  ...続き.>
著 : 佐々木裕一(ササキユウイチ)

発売日:2020年11月12日  定価:704円 (本体640円)
ISBN :978-4-575-67028-8

西ノ丸をくだり、新井白石の私塾に通う左近は、白石に師事する旗本志崎秋穂と懇意になる。貧乏に苦しむ者に手を差し伸べ、周囲からも親しまれる志崎だが、美人局に遭い  ...続き.>

双葉社モバイル