作家一覧 ジャンル一覧
媒体資料一覧


line

著 : 和久田正明(ワクダマサアキ)

発売日:2007年11月15日  定価:660円 (本体600円)
ISBN :978-4-575-66307-5

島送りになっていた竜蔵は、赦免花が咲いて十数年ぶりに江戸の地を踏んだが、その胸にはある思いを秘めていた。それを為すために再び盗人稼業に足を踏み入れた彼の前に現  ...続き.>

line

著 : 六道慧(リクドウケイ)

発売日:2007年08月09日  定価:702円 (本体638円)
ISBN :978-4-575-66294-8

文政八年二月、深川は一色長屋に暮らす時津日向子、大助母子。小野派一刀流の遣い手でもある日向子は、骨董屋<天秤(正字)堂>の裏の仕事、日読み屋を手伝い糊口を凌いでい  ...続き.>

line

著 : 和久田正明(ワクダマサアキ)

発売日:2007年07月10日  定価:713円 (本体648円)
ISBN :978-4-575-66290-0

遠江国掛川藩藩主の弟君の乱行が公儀に知れ、その隠密狩りの下命を受けた槍奉行の木暮月之介は、隠密たちを追い詰め甲源一刀流の秘太刀で討ち果たした。しかし、後顧の憂いをおそれた藩重役たちによって月之介は追っ手をかけられることに……。

line

著 : 和久田正明(ワクダマサアキ)

発売日:2007年02月15日  定価:692円 (本体629円)
ISBN :978-4-575-66269-6

罪のない人々を惨殺した、凶賊・蛭子の万蔵の潜む隠れ宿に向かった火賊捕盗方の同心たちだったが、いま一歩のところで取り逃がしてしまう。隠れ宿の近くに住む紅師の女に  ...続き.>

line

著 : 六道慧(リクドウケイ)

発売日:2007年02月15日  定価:692円 (本体629円)
ISBN :978-4-575-66270-2

深川の南、永代橋近くの一色町。故あって国許を離れ、長屋暮らしの時津日向子、大助母子。小野派一刀流の遣い手でもある日向子は、骨董屋<天秤堂>の裏の仕事を手伝い糊口  ...続き.>

line

著 : 和久田正明(ワクダマサアキ)

発売日:2006年10月12日  定価:692円 (本体629円)
ISBN :4-575-66258-5

阿漕な商いをして暴利を貪っていた札差の近江屋が、いかづちお仙の一味に襲われた。十年前に描かれたお仙の顔絵を手に、探索をはじめた火賊捕盗同心の新免又七郎だったが、い  ...続き.>

line

著 : 吉田雄亮(ヨシダユウスケ)

発売日:2006年09月14日  定価:692円 (本体629円)
ISBN :4-575-66256-9

読売の文言聞き、聞き耳幻八の話を聞いて、阿部川町の板元、玉泉堂の主仲蔵の目が光った。大川端に女の死骸があがったのだ。調べに当たるのは、北町奉行遠山金四郎配下の隠密  ...続き.>

line

著 : 和久田正明(ワクダマサアキ)

発売日:2006年04月13日  定価:649円 (本体590円)
ISBN :4-575-66238-0

時は文政年間、火賊捕盗方同心の新免又七郎は、大名家や旗本屋敷に盗みに入り、刀剣・骨董ばかりを狙う“赤目の権兵衛”の探索に動いていた。苦心の末、ようやく尻尾を掴み、罠  ...続き.>

line

著 : 和久田正明(ワクダマサアキ)

発売日:2006年01月10日  定価:628円 (本体571円)
ISBN :4-575-66228-3

真綿問屋『多田屋』に閻魔と名乗る盗賊が押し入り一家を皆殺しにして百両だけを奪い姿を消した。奉行所の懸命な探索を嘲笑うかのように、閻魔は同様の押し込みを繰り返す。書  ...続き.>

line

著 : 六道慧(リクドウケイ)

発売日:2005年12月13日  定価:734円 (本体667円)
ISBN :4-575-66226-7

浅草三好町の町屋で悠々自適の隠居暮らしを送る越後河田藩の元留守居役、山本浦之助。そんな折、江戸の知恵袋としての相談事が舞い込む。老舗の主が何者かに命を狙われている  ...続き.>

line


発売日:2005年09月13日  定価:660円 (本体600円)
ISBN :4-575-66218-6

怪しげな布教をしている尼天教に入信したまま帰らぬ妻を連れ戻してくれと、子連れの浪人が読売り屋の雷蔵のもとに駆け込んできた。雷蔵は、巧妙に法の目をかいくぐり悪事を働く輩を裏獄門にかけていく。書き下ろし痛快時代小説、シリーズ第二弾。

line

著 : 六道慧(リクドウケイ)

発売日:2005年06月14日  定価:713円 (本体648円)
ISBN :4-575-66208-9

越後河田藩の元留守居役、山本浦之助は、江戸城の知恵袋の異名通り、各藩から持ちこまれる難事を解決し、余禄も望める悠々自適の隠居暮らし。そんな浦之助が船頭、七兵衛の手  ...続き.>

line

著 : 和久田正明(ワクダマサアキ)

発売日:2005年05月10日  定価:628円 (本体571円)
ISBN :4-575-66203-8

お天道さまは、お見通し!泣いてばかりじゃ、花実は咲かぬ。昨日を笑って今日を生き抜け!書き下ろし痛快時代小説、待望の新シリーズ第一弾。

line

著 : 六道慧(リクドウケイ)

発売日:2004年12月14日  定価:702円 (本体638円)
ISBN :4-575-66189-9

越後河田藩の元留守居役、山本浦之助は江戸城の知恵袋の異名通り、各藩から持ち込まれる難事を解決し、余禄も望める悠々自適の隠居暮らし。そんな浦之助に相談事を川柳に託した若侍が訪れるが、直後より身辺に不審な影がつきまとい・・・。

line

著 : 六道慧(リクドウケイ)

発売日:2004年06月08日  定価:702円 (本体638円)
ISBN :4-575-66172-4

越後河田藩の留守居役を退いた山本浦之介。「江戸城の知恵袋」と称された頃と同様、各藩の厄介事を解決していた。折りしも、相談事を持ちかけられた備中足守藩の小納戸役が不審な死を遂げてしまい……。小太刀の遣い手、浦之介が縺れた謎を解く、長編時代小説。