作家一覧 ジャンル一覧
媒体資料一覧


line

著 : 早瀬詠一郎(ハヤセエイイチロウ)

発売日:2011年03月10日  定価:660円 (本体600円)
ISBN :978-4-575-66490-4

戸塚宿で一膳めし屋を営んでいたお梅は、美人局の片割れになるまで身を堕としていた。声をかけられた調半九郎は、ふとしたことでお梅を悪の道から救うことになる。ところが、水戸徳川の陰謀とお梅には関わりがあった。書き下ろし長編時代小説第六弾。

line

著 : 松本賢吾(マツモトケンゴ)

発売日:2011年02月10日  定価:692円 (本体629円)
ISBN :978-4-575-66485-0

十六年前、祖父の馬之助が追っていた盗賊・土蜘蛛の才蔵。才蔵はお七火事の際に焼け死んだと思われていたが、当時と同じ商家が次々と襲われるに至り、平塚一馬の三度目の十手比べの事件となるが。書き下ろし長編時代小説、シリーズ第三弾。

line

著 : 森山茂里(モリヤマシゲリ)

発売日:2010年11月11日  定価:702円 (本体638円)
ISBN :978-4-575-66473-7

松戸宿の糠屋の跡取り息子、又七(後年の剣豪、浅利又七郎)は、江戸で商いの見習いをするかたわら、小野一刀流中西道場に入門して剣術修行に励んでいた。ある日、親友の  ...続き.>

line

著 : 早瀬詠一郎(ハヤセエイイチロウ)

発売日:2010年10月14日  定価:639円 (本体581円)
ISBN :978-4-575-66468-3

暮れも押し迫った時期、40歳を過ぎた八州廻りの十手持ち佐治平が所帯を持つという話が持ち上がった。息子で諏訪図書頭下屋敷の中間・土々平は、相手の女の素性を確かめに向かい、昏倒している間に殺しの容疑をかけられてしまう。書き下ろし長編時代小説第四弾。

line

著 : 松本賢吾(マツモトケンゴ)

発売日:2010年07月15日  定価:660円 (本体600円)
ISBN :978-4-575-66452-2

万病に効くという薬、池之端仲町の勧学屋が商っている「錦袋円」の粗悪な贋物が、江戸市中に出回っていた。北町奉行所の平同心・平塚一馬が探索を行っている最中、同心が  ...続き.>

line

著 : 早瀬詠一郎(ハヤセエイイチロウ)

発売日:2010年06月10日  定価:692円 (本体629円)
ISBN :978-4-575-66447-8

死の病にある芸者に、攘夷派として捕縛されている恋仲の薩摩藩士を引き合わせてやりたいと頼まれた調半九郎は、笹井主水之介の提案で、大目付の名代を名乗って、伝馬町の牢に侵入することになる。書き下ろし長編時代小説、好調第四弾。

line

著 : 松本賢吾(マツモトケンゴ)

発売日:2010年02月10日  定価:639円 (本体581円)
ISBN :978-4-575-66430-0

北町奉行所の平同心・平塚一馬は、祖父の馬之助のように定町廻り同心に昇格するのが目標だ。小者の雷蔵とともに、江戸の町を歩き回って美人局の探索を行っている最中、子どもの拐かし事件に遭遇する。書き下ろし長編時代小説、シリーズ第一弾。

line

著 : 早瀬詠一郎(ハヤセエイイチロウ)

発売日:2010年02月10日  定価:692円 (本体629円)
ISBN :978-4-575-66432-4

大奥勤めの経験のある於りつは、唐物あわせの場で、紅問屋の主から娘を大奥奉公のために仕立ててほしいと頼まれる。ところが、その裏に出羽の紅花をめぐっての諍いが。恋慕する於りつを守らんと、半九郎は奔走する。書き下ろし長編時代小説第三弾。

line

著 : 多島斗志之(タジマトシユキ)

発売日:2009年12月10日  定価:713円 (本体648円)
ISBN :978-4-575-51323-3

FBI捜査官のタミは、誤って現地の女性警官の息子をひき殺してした日本人女性の警護をすることに。息子にも非があったとして告発はされなかったが、女性警官は納得せず、復讐を宣言して失踪した。迫りくる復讐者の手から女性を守ることができるのか。

line

著 : 早瀬詠一郎(ハヤセエイイチロウ)

発売日:2009年10月15日  定価:681円 (本体619円)
ISBN :978-4-575-66408-9

調半九郎が住まわせてもらっている下屋敷の持ち主・諏訪図書頭忠勝の手文庫に、覚えのない十両の小判が見つかった。奥方の腹痛のため呼ばれた医者が置いていったものらしいのだが、どうやら藪医者の背後にはからくりがあるらしい。シリーズ第二弾。

line

著 : 早瀬詠一郎(ハヤセエイイチロウ)

発売日:2009年09月10日  定価:681円 (本体619円)
ISBN :978-4-575-66403-4

日本橋にある諏訪図書頭の下屋敷は、直参旗本のものといえども表門を開け放してある。その長屋門を間借りしているのが、旗本の三男坊・調半九郎だ。その半九郎、ひょんなことから若年寄配下の陰の与力から緋房の十手を受けることになるが…。

line

著 : 松本賢吾(マツモトケンゴ)

発売日:2009年08月12日  定価:649円 (本体590円)
ISBN :978-4-575-66397-6

八丁堀の狐・狐崎十蔵の手下、入江町の親分伊佐治の女房が営む四つ目屋「お袖」に、謂われのない嫌疑がかけられた。松平伊豆守の病を発端に、未だかつてない狐潰しの罠が襲いかかる。書き下ろし長編時代小説好評第八弾。

line

著 : 誉田龍一(ホンダリュウイチ)

発売日:2009年05月14日  定価:765円 (本体695円)
ISBN :978-4-575-66382-2

「小説推理新人賞」受賞作『消えずの行灯』をはじめとする時代ミステリー七編。黒船来航で騒がしい江戸の町に起こる「本所七不思議」怪事件を、若き志士、仁杉潤之助らが  ...続き.>

line

著 : 松本賢吾(マツモトケンゴ)

発売日:2009年03月12日  定価:649円 (本体590円)
ISBN :978-4-575-66374-7

盗賊団「天狗」の捕縛の際に、頭の病のために昏倒した岡っ引きの伊佐治は、奇跡的に一命をとりとめたものの、それまでの記憶を失っていた。一方狐崎十蔵は、材木商飛騨屋  ...続き.>

line

著 : 松本賢吾(マツモトケンゴ)

発売日:2008年11月13日  定価:692円 (本体629円)
ISBN :978-4-575-66355-6

隠し番屋「狐の穴」を閉じた狐崎十蔵は、北町奉行所の道場で、例繰方同心の小柳藤兵衛から教えられた神道夢想流杖術の稽古をしていた。その最中、詮議所に召還されていた  ...続き.>