作家一覧 ジャンル一覧
媒体資料一覧


line

著 : 藤堂房良(トウドウフサヨシ)

発売日:2013年12月12日  定価:660円 (本体600円)
ISBN :978-4-575-66645-8

夜鷹蕎麦の夏が何者かに襲われた娘を助けた。「なお」と名乗った娘は、夏に何事か言い残して事切れる。一見売れっ子女郎風の身形に、町奉行所は痴話喧嘩の果ての所業と片  ...続き.>

line

著 : 藤堂房良(トウドウフサヨシ)

発売日:2013年11月14日  定価:681円 (本体619円)
ISBN :978-4-575-66640-3

吉原の肝煎、庄司甚右衛門が行方知れずとなった。花街きっての実力者の失踪は最悪の結末を迎える。誰が、いったい、何のために……。息子の甚五郎とともに、甚右衛門惨殺の  ...続き.>

line

著 : 藤堂房良(トウドウフサヨシ)

発売日:2013年08月08日  定価:660円 (本体600円)
ISBN :978-4-575-66626-7

仲間の隠密同心が相次いで何者かに斬殺され、必死で探索を続ける桐谷左門は、やがてその裏に隠された闇勢力の恐ろしい企てを知ることになる。吉原を遊客、花魁、廓の住人  ...続き.>

line

著 : 水田勁(ミズタケイ)

発売日:2013年05月16日  定価:681円 (本体619円)
ISBN :978-4-575-66613-7

ある晩、夜道を歩いていた玉吉は、何者かに殺されかけている浪人を助ける。だが浪人の傷は深く、この金を娘に、と玉吉に金を手渡して息絶えた。天涯孤独になってしまった  ...続き.>

line

著 : 藤堂房良(トウドウフサヨシ)

発売日:2013年05月16日  定価:660円 (本体600円)
ISBN :978-4-575-66614-4

童顔に飴棒を咥え、飄々と賄賂を受け取り、着流しで吉原を流す南町奉行所隠密廻り・桐谷左門。人呼んで「飴玉同心」左門は、瞑目して敵の放つ「念」を斬る必殺剣の遣い手  ...続き.>

line

著 : 水田勁(ミズタケイ)

発売日:2012年12月13日  定価:681円 (本体619円)
ISBN :978-4-575-66594-9

かつて御家人だった幇間の玉吉。裸踊りで座敷を沸かせ、深川の長屋で平穏な暮らしを送る。ある日、己の過去を知る人物から呼び出された玉吉は、三年前から江戸を荒らす押  ...続き.>

line

著 : 七海壮太郎(ナナミソウタロウ)

発売日:2012年09月13日  定価:639円 (本体581円)
ISBN :978-4-575-66582-6

老中松平定信より、またしても引越しを命じられた内藤三左。今度は深川、雑草まみれの組屋敷だ。事件といえば、単身赴任の三左の世話を買って出た武家娘の菊乃と三左の幼  ...続き.>

line

著 : 早瀬詠一郎(ハヤセエイイチロウ)

発売日:2012年07月12日  定価:660円 (本体600円)
ISBN :978-4-575-66573-4

新たに蘭法医の卵・桂欣之介が加わった、出戻り小町お小夜の世直し。実家の薬種問屋開隆堂が贔屓客を招いての歌舞伎顔見せ興業の場で、新たな火種が燻りはじめる。書き下ろし長編時代小説、新シリーズ第三弾。

line

著 : 七海壮太郎(ナナミソウタロウ)

発売日:2012年06月14日  定価:660円 (本体600円)
ISBN :978-4-575-66567-3

松平定信の暗殺を未然に防いだことで、わけあり空き家に住み込んで管理する明屋敷番となった三左。早速、住み慣れた本所から浅草の屋敷に引越すが、広大美麗な庭に圧倒さ  ...続き.>

line

著 : 七海壮太郎(ナナミソウタロウ)

発売日:2012年05月10日  定価:660円 (本体600円)
ISBN :978-4-575-66564-2

血筋はいいのに金はなし、剣は強いが美女には弱いすかんぴん旗本・内藤三左。昼は喧嘩の仲裁で、夜は屋敷を賭場にして小銭を稼ぐ冴えない毎日を送っていたが、大川の橋で  ...続き.>

line

著 : 早瀬詠一郎(ハヤセエイイチロウ)

発売日:2012年03月15日  定価:660円 (本体600円)
ISBN :978-4-575-66553-6

日本橋にある大店の薬種問屋のひとり娘お小夜が、屋根舟を拠点として立花伊織や襄丸、船頭の伊吉らと始めた世直し。賊に襲われ「身代限り」とされた両替商の娘を救おうと動き出すものの……。書き下ろし長編時代小説、新シリーズ。

line

著 : 森山茂里(モリヤマシゲリ)

発売日:2012年03月15日  定価:660円 (本体600円)
ISBN :978-4-575-66554-3

浅蜊売りをやめた浅利又七郎は、生活のため道場の同門の白井亨とともに口入れ屋の紹介で、山岸半太夫という武士の警護を始めた。山岸は、越後のある藩の元家老だったが、  ...続き.>

line

著 : 早瀬詠一郎(ハヤセエイイチロウ)

発売日:2011年11月10日  定価:660円 (本体600円)
ISBN :978-4-575-66532-1

日本橋にある大店の薬種問屋のひとり娘、お小夜。小町娘と呼ばれる容姿を持ちながら、なぜか嫁ぎ先から出戻っているお小夜が、何を思ったか仲間を集めて世直しを始めようと動き出す。書き下ろし長編時代小説、新シリーズ。

line

著 : 早瀬詠一郎(ハヤセエイイチロウ)

発売日:2011年07月14日  定価:660円 (本体600円)
ISBN :978-4-575-66510-9

水戸徳川家の梅屋敷と呼ばれる下屋敷で、深川の芸者や幇間を招いての桜の宴が催されることに。幇間に化けて探索を進めようとした調半九郎は、一連の攘夷派騒動の元凶・里見典膳とまみえる。書き下ろし長編時代小説第七弾。

line

著 : 森山茂里(モリヤマシゲリ)

発売日:2011年06月16日  定価:681円 (本体619円)
ISBN :978-4-575-66507-9

剣術の道一筋に進む決意をした又七は、松戸の親から勘当を言い渡されてしまう。中西道場を辞めざるをえなくなった又七は、あさり長屋に移り住んで棒手振りの浅蜊売りを始  ...続き.>