検索の説明
サイトマップ


作家一覧 ジャンル一覧
媒体資料一覧


line

著 : 鳴神響一(ナルカミキョウイチ)

発売日:2019年06月13日  定価:本体602円 + 税

絶世の花魁、篝火が吉原に君臨するようになって早や1年余。今宵も引手茶屋に呼び出された篝火は、相手が坊ちゃん医者と見るや、無残に振ってみせる。それもそのはず、こ  ...続き.>

line

著 : 長辻象平(ナガツジショウヘイ)

発売日:2019年04月11日  定価:本体602円 + 税

元禄五年正月二日の深夜、市ヶ谷御門から十数丁離れた窪地に佇む川田久保家の荒れ屋敷に、黒装束を身にまとった賊の一団が襲撃してきた。川田久保家の御納屋奉行である鮎  ...続き.>

line

著 : 鳴神響一(ナルカミキョウイチ)

発売日:2019年02月14日  定価:本体593円 + 税

春を彩る初午の日、吉原の稲荷も商売繁昌を願う遊女や客で大賑わい。なかでも紅白梅の打掛で端麗優雅に現れた篝火花魁の艶姿は見物人を蕩けさせる。だがその正体は、廓に  ...続き.>

line

著 : 金子成人(カネコナリト)

発売日:2019年01月10日  定価:本体630円 + 税

四日市宿で伊佐蔵の意外な正体を知ってしまった巳之吉。自分を子供扱いした儀右衛門に怒り心頭の巳之吉は、ここからは好きにさせてもらうとばかりに東海道の旅を放り出し  ...続き.>

line

著 : 長辻象平(ナガツジショウヘイ)

発売日:2018年10月11日  定価:本体685円 + 税

時は元禄四年、親の代から浪々の身である鮎貝伝八郎は、竪川沿いの長屋に住む貧乏暮らし。そんな伝八郎の長屋に、突然初老の武家が訪ねてくる。尾張藩の家老稲葉主膳と名  ...続き.>

line

著 : 鳴神響一(ナルカミキョウイチ)

発売日:2018年09月13日  定価:本体602円 + 税

廓中が白装束で埋まる名物紋日、八朔。決して客と同衾しない伝説の花魁篝火は薄墨で竜を描いた白小袖姿で妖艶に道中し、男心をとろけさせる。だがその正体は、なんと幼少  ...続き.>

line

著 : 金子成人(カネコナリト)

発売日:2018年05月10日  定価:本体611円 + 税

御油と赤坂のやくざ者の争いに巻きこまれそうになるところを、なんとか逃げ出した巳之吉。一安心したものの、江戸を発ってひと月を過ぎたというのに、未だ三河国も抜け出  ...続き.>

line

著 : 鳴神響一(ナルカミキョウイチ)

発売日:2018年04月12日  定価:本体611円 + 税

春爛漫の吉原仲の町に世にも美しい花魁が道中してくる。その名も篝火――滅多に姿を拝めぬばかりか、決して客と同衾しない伝説の花魁を我が物にせんと、今日もお大尽の虚し  ...続き.>

line

著 : 金子成人(カネコナリト)

発売日:2017年05月11日  定価:本体583円 + 税

祖父の命で都を目指し東海道を一人旅する廻船問屋の若旦那の巳之吉は、あちこちで騒動に巻き込まれたせいで、出立からひと月近く経つというのにいまだ駿河すら抜け出せぬ  ...続き.>

line

著 : 金子成人(カネコナリト)

発売日:2016年12月15日  定価:本体611円 + 税

南新川の廻船問屋『渡海屋』の若旦那である巳之吉は、家業には目もくれず、遊興三昧。家族の咎めも馬耳東風で、気ままな日々を過ごしていたが、業を煮やした祖父の儀右衛  ...続き.>

line

著 : 中島要(ナカジマカナメ)

発売日:2016年10月13日  定価:本体611円 + 税

日下雄征は旗本の次男坊である。芸者の鶴次と情を交わし、好物のかりんとうを囓り、呑気に日々を過ごしていた。しかし、黒船の来航によって、世の中は大きく変わろうとし  ...続き.>

line

著 : 深水越(フカミエツ)

発売日:2016年09月15日  定価:本体657円 + 税

料理屋梅本に、新たに仲居として入ったお千弥の父と兄は、以前つまみかんざし作りの職人だった。お座敷の後首を吊った姿で発見された芸者の髪にも、つまみかんざしが。揉  ...続き.>

line

著 : 深水越(フカミエツ)

発売日:2016年01月14日  定価:本体630円 + 税

御先手組同心を務める九十九家の五男坊・新吾は、根付け彫りに熱中するかたわら、自立の道を求めていた。ひょんなことから出会った口入屋の紹介で、深川にある料理屋梅本に住み込み、揉め事処理の役目を担うことになる。期待の新人デビュー作。

line

著 : 村崎れいと(ムラサキレイト)

発売日:2015年11月12日  定価:本体630円 + 税

田沼意次の密命を帯びて世の治安に務める安川市兵衛の配下壮志郎は、いまはその使命も忘れ、ひたすら盗賊の頭目を追っていた。その頭目は自らに火盗改の手が伸びれば、あ  ...続き.>

line

著 : 村崎れいと(ムラサキレイト)

発売日:2015年02月12日  定価:本体657円 + 税

深川の材木商・加茂屋に盗賊団が押し入った。天狗の面をつけた盗賊は、六百両とともに蔵王権現像を奪っていったが、この巨大な像を運びだすには、宙を飛んだとしか考えら  ...続き.>