作家一覧 ジャンル一覧
媒体資料一覧


line

著 : 井原忠政(イハラタダマサ)

発売日:2020年06月11日  定価:本体630円 + 税
ISBN :978-4-575-67007-3

迫りくる甲斐の武田信玄との戦い。家康生涯最大のピンチ、三方ヶ原の戦いが幕を開ける。怯むな茂兵衛、ここが正念場! 戦国足軽出世物語、早くもクライマックスの第3巻!

line

著 : 佐々木裕一(ササキユウイチ)

発売日:2020年05月14日  定価:本体640円 + 税
ISBN :978-4-575-67002-8

闇将軍との因縁の戦いに終止符を打った左近。西ノ丸から直接市中へくだることも許され、お琴の店に泊まり込み、束の間の自由を謳歌する左近だが、人助けをうたい若く身寄  ...続き.>

line

著 : 岡田秀文(オカダヒデフミ)

発売日:2020年04月16日  定価:本体680円 + 税
ISBN :978-4-575-66997-8

鎌倉幕府を滅ぼし、壮絶な権力争いの末に朝廷をも屈服させて、室町幕府を開いた足利尊氏。類い希なるカリスマ性で騒乱の世を駆け抜けた猛将の生きざまを、彼を支えた弟・直義。北条家から尊氏に嫁ぎ、夫によって実家を滅ぼされた妻・登子の視点で描く歴史巨編。

line

著 : 井原忠政(イハラタダマサ)

発売日:2020年04月16日  定価:本体630円 + 税
ISBN :978-4-575-66999-2

ついに三河を統一した家康。「松平」から「徳川」へ姓も改めた。今川領、遠江侵攻を皮切りに、朝井・浅倉攻め(金ケ崎の退き口、姉川の戦い)、浜松城築城と、家康、勇躍の時。がんばれ茂兵衛、出世のチャンスだぞ! 戦国足軽出世物語、シリーズ第2弾。

line

著 : 柏田道夫(カシワダミチオ)

発売日:2020年03月12日  定価:本体740円 + 税
ISBN :978-4-575-66991-6

時は戦国――。桃鬼城落城の折に生を受けた太郎丸は、城主であった父桃乃木道政によって一振りの太刀と文とともに川に流される。かつての道政の軍師片岡恫年のもとで修行を  ...続き.>

line

著 : 井原忠政(イハラタダマサ)

発売日:2020年02月12日  定価:本体630円 + 税
ISBN :978-4-575-66987-9

喧嘩のはずみで人を殺め、村を出奔した18歳の茂兵衛は、松平家康の家来である夏目次郎左衛門の屋敷に奉公することに。だが時悪しく一向一揆が勃発。熱心な一向宗門徒で  ...続き.>

line

著 : 浮穴みみ(ウキアナミミ)

発売日:2020年01月16日  定価:本体640円 + 税
ISBN :978-4-575-66980-0

明治初期の函館。洋船造りの名匠と謳われたものの、いまや仏壇師としてひっそり暮らす続豊治。だが若き船大工との邂逅により、再び奮い立つ/表題作。初代北海道庁長官・  ...続き.>

line

著 : 佐々木裕一(ササキユウイチ)

発売日:2019年11月14日  定価:本体640円 + 税
ISBN :978-4-575-66971-8

闇将軍との死闘で傷を負った岩倉の様子を目の当たりにした左近。必ず討ち果たすとの思いを強くし、小五郎に闇将軍の探索を命じるが、なかなか居所がつかめず焦りを募らせ  ...続き.>

line

著 : 海道龍一朗(カイトウリュウイチロウ)

発売日:2019年10月10日  定価:本体700円 + 税
ISBN :978-4-575-66963-3

時は1555年、甲斐の虎・武田晴信と越後の龍・長尾景虎が北信濃の覇権を巡り、川中島で相対していた。二人の名将が激突したその戦いの背後で、一人の惡名高い忍者が暗  ...続き.>

line

著 : 海道龍一朗(カイトウリュウイチロウ)

発売日:2019年10月10日  定価:本体750円 + 税
ISBN :978-4-575-66964-0

伊賀の服部半三保長は、服部の名を汚した加藤段蔵の捜索を倅の正成に命じた。時を同じくして、長尾景虎(上杉謙信)が放った忍び集団・軒猿も段蔵の首を狙っていた。その  ...続き.>

line

著 : 海道龍一朗(カイトウリュウイチロウ)

発売日:2019年08月08日  定価:本体800円 + 税
ISBN :978-4-575-66959-6

時は戦国。乱世を自由奔放に生きる忍者、加藤段蔵。伊賀・甲賀を挑発し、加賀一向衆の首領に罠を仕掛ける。やがて段蔵が矛先を向けたのは越前の朝倉、越後の長尾だった――  ...続き.>

line

著 : 天城智尋(アマギチヒロ)

発売日:2019年07月11日  定価:本体583円 + 税
ISBN :978-4-575-52246-4

こんな国、滅んでしまえばいい――空(から)の花轎(かきょう)の“秘密”が明らかになる時、過去の亡霊が国を揺るがす――国の危機を救おうと、新皇帝の双子の弟・郭翔央と共  ...続き.>

line

著 : 朝井まかて(アサイマカテ)

発売日:2019年06月13日  定価:本体676円 + 税
ISBN :978-4-575-66946-6

時は幕末、徳川家に江戸城の明け渡しが命じられる。官軍の襲来を恐れ、女中たちが我先にと脱出を試みるなか、大奥にとどまった「残り者」がいた。彼女らはなにを目論んで  ...続き.>

line

著 : 佐々木裕一(ササキユウイチ)

発売日:2019年05月16日  定価:本体630円 + 税
ISBN :978-4-575-66944-2

元大目付で左近の附家老をしている又兵衛こと篠田山城守政頼に孫娘が生まれた。又兵衛は左近に暇を乞い孫を見に屋敷に戻るのだが、その途上、かつての同輩磯片佐内の娘真  ...続き.>

line

著 : 木村忠啓(キムラチュウケイ)

発売日:2019年04月11日  定価:本体630円 + 税
ISBN :978-4-575-66934-3

重田貞一(のちの十返舎一九)と岡っ引の岩徳は、辻斬りを目撃する。斬られたのは神田で評判の蕎麦屋《しなの屋》の主人・伝兵衛であった。斬った者はおどろおどろしい狐  ...続き.>