作家一覧 ジャンル一覧
媒体資料一覧


line

著 : 佐伯泰英(サエキヤスヒデ)

発売日:2010年01月07日  定価:713円 (本体648円)
ISBN :978-4-575-66423-2

備前包平の研ぎを頼みに本所の鵜飼百助を訪ねた佐々木磐音は、本所深川界隈で新年の挨拶を済ませ、神保小路への帰路についていた。両国橋で只ならぬ妖気とともに立ち現れ  ...続き.>

line

著 : 佐伯泰英(サエキヤスヒデ)

発売日:2009年07月16日  定価:713円 (本体648円)
ISBN :978-4-575-66387-7

尚武館道場で暮らす磐音とその門弟たちのもとに、稽古を望む旅の武芸者が現れる。一方、国許の土佐に旅立った尚武館の門弟利次郎は、父と共に無事土佐入りするが、藩内には彼らのお国入りを煙たがる不穏な動きがあり…。大好評シリーズ第三十弾。

line

著 : 佐伯泰英(サエキヤスヒデ)

発売日:2009年04月16日  定価:713円 (本体648円)
ISBN :978-4-575-66375-4

冬枯れの季節、高家由良家の屋敷前に冬桜を見物にやってきた磐音は、由良家当主高継の乗物を前に千利休ゆかりの茶碗の返却を迫る二人の武士と遭遇した。やがて二人の武士は抜刀し、切先を乗物に突き立てようとするが……。大好評シリーズ第29弾。

line

著 : 佐伯泰英(サエキヤスヒデ)

発売日:2009年01月15日  定価:713円 (本体648円)
ISBN :978-4-575-66364-8

芒の穂が秋の風情を見せる頃、佐々木磐音は南町奉行所定周り同心木下一太郎らとともに上総の地に赴いていた。一太郎の出入りの旗本家に不祥事が出来し、事態解決のため磐  ...続き.>

line

著 : 佐伯泰英(サエキヤスヒデ)

発売日:2008年12月11日  定価:817円 (本体743円)
ISBN :978-4-575-51248-9

欧州統合を四年後に控えた1988年秋――。統合を阻止しようと暗躍する組織によって、ヨーロッパ各地で残酷なまでのテロが繰り返されていた。そんな中、十五年前に死んだはず  ...続き.>

line

著 : 佐伯泰英(サエキヤスヒデ)

発売日:2008年10月16日  定価:880円 (本体800円)
ISBN :978-4-575-51231-1

独裁者フランコ政権下のスペイン、1973年秋――。民族独立を目指す過激派組織によって、サラゴサ郊外にある米軍基地から大量の化学兵器が強奪された!時を同じくして、カメ  ...続き.>

line

著 : 佐伯泰英(サエキヤスヒデ)

発売日:2008年09月11日  定価:713円 (本体648円)
ISBN :978-4-575-66344-0

蟋蟀の鳴き声が初秋を告げる頃、出羽山形を発った佐々木磐音と吉原会所の若い衆は、日光道中の帰路を急いでいた。江戸を目前にした千住掃部宿で、磐音はお家騒動の諍いに  ...続き.>

line

著 : 佐伯泰英(サエキヤスヒデ)

発売日:2008年07月10日  定価:713円 (本体648円)
ISBN :978-4-575-66338-9

百日紅が咲き誇り、江戸が晩夏に移ろう頃、佐々木磐音は吉原会所の若い衆とともに奥州道中を北へと向かっていた。奈緒の嫁いだ紅花大尽前田屋に奇禍が降りかかる騒ぎが起  ...続き.>

line

著 : 佐伯泰英(サエキヤスヒデ)

発売日:2008年04月08日  定価:713円 (本体648円)
ISBN :978-4-575-66328-0

神保小路に初夏の陽射しが降りそそぐ頃、佐々木磐音、おこん夫婦は尚武館道場で穏やかな日々を送っていた。そんな折り、西の丸に出仕する依田鐘四郎を通じ、家基より予て  ...続き.>

line

著 : 佐伯泰英(サエキヤスヒデ)

発売日:2008年01月10日  定価:713円 (本体648円)
ISBN :978-4-575-66314-3

梅香漂い、江戸が小正月を迎える頃、佐々木磐音はおこんとともに麻布広尾村に出向いていた。御典医桂川国瑞と織田桜子の祝言への列席であったが、折しも、界隈で横行する  ...続き.>

line

著 : 佐伯泰英(サエキヤスヒデ)

発売日:2008年01月10日  定価:713円 (本体648円)
ISBN :978-4-575-66315-0

平成の大ベストセラーといわれる書き下ろし長編時代小説「居眠り磐音 江戸双紙」の初のガイドブック。豪華な「深川・本所」「江戸地図」の九面折り畳みカラー地図を始め  ...続き.>

line

著 : 佐伯泰英(サエキヤスヒデ)

発売日:2007年10月09日  定価:681円 (本体619円)
ISBN :978-4-575-51161-1

フラメンコ・ダンサー有馬薫子の恋人、画商の深見謙吾が絵画横領事件で逮捕された。深見とのある約束を破り、フラメンコの聖地・アンダルシアに旅立った薫子の元に深見自  ...続き.>

line

著 : 佐伯泰英(サエキヤスヒデ)

発売日:2007年08月09日  定価:713円 (本体648円)
ISBN :978-4-575-66292-4

師走の喧騒が江戸に漂う頃、筑前若松を発った坂崎磐音とおこんは帰府の途次にあった。一方、南町奉行所年番方与力の笹塚孫一は、厄介な事態に直面していた。六年前、笹塚  ...続き.>

line

著 : 佐伯泰英(サエキヤスヒデ)

発売日:2007年04月12日  定価:713円 (本体648円)
ISBN :978-4-575-66278-8

玄界灘の荒波が初冬の気配を漂わす頃、豊後関前を発った坂崎磐音とおこんは筑前博多に辿り着く。福岡藩の御用達商人箱崎屋次郎平の招きに応えての訪いであった。到着早々  ...続き.>

line

著 : 佐伯泰英(サエキヤスヒデ)

発売日:2007年01月09日  定価:713円 (本体648円)
ISBN :978-4-575-66265-8

蚊帳売りの声が江戸の夏を彩る頃、深川六間堀、金兵衛長屋に住む坂崎磐音はある決意を胸に抱いていた。そんな折り、墓参のためおこんを同道して豊後関前への帰国を願う父  ...続き.>