作家一覧 ジャンル一覧
媒体資料一覧


line

著 : 佐伯泰英(サエキヤスヒデ)

発売日:2013年06月13日  定価:713円 (本体648円)
ISBN :978-4-575-66616-8

田沼意知が若年寄職に昇任し、幕閣内で田沼父子の権力が確固たるものとなる中、田沼一派が放った毒矢に負傷した霧子は、治療を受けていた若狭小浜藩邸から小梅村に移送さ  ...続き.>

line

著 : 佐伯泰英(サエキヤスヒデ)

発売日:2013年01月10日  定価:713円 (本体648円)
ISBN :978-4-575-66596-3

天明三年秋、参勤上番で江戸に出府する関前藩主福坂実高一行を出迎えるため、父坂崎正睦とともに六郷土手に向かった磐音は、一行に従う一人の若武者と対面する。春風駘蕩の如き磐音が許せぬ悪を討つ、超人気書き下ろし時代小説第四十二弾。

line

著 : 佐伯泰英(サエキヤスヒデ)

発売日:2012年12月20日  定価:713円 (本体648円)
ISBN :978-4-575-66595-6

小梅村では父正睦と母照埜を迎えて坂崎家親子三代水入らずの日々を過ごしていた。だが、関前藩の物産事業に絡んで江戸藩邸から勾引された正睦の身柄を奪還した磐音ではあ  ...続き.>

line

著 : 佐伯泰英(サエキヤスヒデ)

発売日:2012年10月11日  定価:713円 (本体648円)
ISBN :978-4-575-66583-3

天明三年春、義弟の遼次郎を伴い、佃島の船宿で豊後関前藩留守居役中居半蔵と対面した坂崎磐音。その帰り、佃島の船着場に向かった磐音は、関前藩の新造船明和三丸に密か  ...続き.>

line

著 : 佐伯泰英(サエキヤスヒデ)

発売日:2012年06月14日  定価:713円 (本体648円)
ISBN :978-4-575-66565-9

甲府勤番支配の任を解かれた速水左近の江戸帰着を目前にひかえ、急遽速水一行の出立が三日早まったとの知らせが小梅村の磐音にもたらされた。速水左近の身を案じた磐音は  ...続き.>

line

著 : 佐伯泰英(サエキヤスヒデ)

発売日:2012年01月12日  定価:713円 (本体648円)
ISBN :978-4-575-66539-0

系図屋雹田平らとの戦いに勝利し、姥捨の郷を発った坂崎磐音一行は、江戸帰着を目前に控えていた。折りしも、磐音らの江戸入りを阻もうとする田沼意次一派が六郷の渡し場  ...続き.>

line

著 : 佐伯泰英(サエキヤスヒデ)
著 : 吉田喜久雄(ヨシダキクオ)
著 : 「居眠り磐音江戸双紙」編集部(イネムリイワネエドゾウシヘンシュウブ)

発売日:2012年01月12日  定価:859円 (本体781円)
ISBN :978-4-575-66540-6

登場人物の屋敷や商家をはじめ、作中で描かれた町・川・橋・寺社などの詳細な位置を江戸時代の地図上に再現。人気時代小説「居眠り磐音 江戸双紙」シリーズの作品世界を  ...続き.>

line

著 : 佐伯泰英(サエキヤスヒデ)
著 : 「居眠り磐音江戸双紙」編集部(イネムリイワネエドソウシヘンシュウブ)

発売日:2011年10月13日  定価:713円 (本体648円)
ISBN :978-4-575-66525-3

明和六年、坂崎磐音は藩主の参勤上番に従い、初めて江戸の地に立った。亀戸町に父の旧知稲生実隆を訪ねるため両国橋を渡った磐音は、厄介ごとに巻き込まれる。若き日の磐  ...続き.>

line

著 : 佐伯泰英(サエキヤスヒデ)

発売日:2011年07月14日  定価:713円 (本体648円)
ISBN :978-4-575-66508-6

安永十年三月、紀伊領内姥捨の郷に寄寓する坂崎磐音一行は、再三に渡り雹田平一党らの襲撃にさらされていた。一方、本所界隈は桜の季節を迎え、御家人品川柳次郎とお有夫  ...続き.>

line

著 : 佐伯泰英(サエキヤスヒデ)

発売日:2011年04月14日  定価:713円 (本体648円)
ISBN :978-4-575-66492-8

安永九年の新春を迎え、坂崎磐音、おこん夫婦は紀伊領内姥捨の郷で安息な日々を送っていた。そんな折り、幕府財政立直しを図る田沼意次の方針が打ち出され、姥捨の郷と高  ...続き.>

line

著 : 佐伯泰英(サエキヤスヒデ)

発売日:2011年01月13日  定価:713円 (本体648円)
ISBN :978-4-575-66478-2

名古屋城下に滞在し、尾張藩影ノ流道場の客分として稽古に励む坂崎磐音。大和柳生の武芸者笠間厳右衛門の添え状を持参の男が道場を訪れ、磐音との稽古を望むが……。書き下ろし長編時代小説第三十五弾。

line

著 : 佐伯泰英(サエキヤスヒデ)

発売日:2010年09月16日  定価:713円 (本体648円)
ISBN :978-4-575-66461-4

尾張城下は札の辻近くの寺に仮住まいをはじめた磐音とおこん。名古屋見物に城下を訪れた折り、立ち寄った呉服屋の尾州茶屋家で、神君家康公より拝領の陣羽織をめぐる騒動に巻き込まれるが……。書き下ろし人気時代小説第三十四弾。

line

著 : 佐伯泰英(サエキヤスヒデ)

発売日:2010年05月13日  定価:713円 (本体648円)
ISBN :978-4-575-66441-6

桜の季節を迎える頃、佐々木磐音とおこん夫婦は、隅田川沿いの小梅村にある今津屋の御寮にその身を移していた。神保小路の尚武館道場の門には竹矢来が組まれ、小梅村の御  ...続き.>

line

著 : 佐伯泰英(サエキヤスヒデ)

発売日:2010年04月08日  定価:734円 (本体667円)
ISBN :978-4-575-71362-6

F1の舞台を夢見て、その青春を駆け抜けた若きレーシングドライバー、村松栄紀。鈴木亜久里の背中を追い、片山右京に闘志を燃やした24歳の青年は、ひたすら「世界」を目  ...続き.>

line

著 : 佐伯泰英(サエキヤスヒデ)

発売日:2010年01月07日  定価:713円 (本体648円)
ISBN :978-4-575-66422-5

備前包平の研ぎを頼みに本所の鵜飼百助を訪ねた佐々木磐音は、本所深川界隈で新年の挨拶を済ませ、神保小路への帰路についていた。両国橋で只ならぬ妖気とともに立ち現れ  ...続き.>