作家一覧 ジャンル一覧
媒体資料一覧


line

著 : 大倉崇裕(オオクラタカヒロ)

発売日:2005年06月14日  定価:713円 (本体648円)
ISBN :4-575-51015-7

第20回小説推理新人賞受賞「ツール&ストール」を含む連作短編集。主人公・白戸修がスリ、万引、ストーカー、銀行強盗など、次々と事件に巻き込まれる。手に汗握る展開でありながら、ユーモアがあり、ハートウォーミングな新しいタイプのミステリー。

line

著 : 小杉健治(コスギケンジ)

発売日:2005年06月03日  定価:713円 (本体648円)
ISBN :4-575-51019-X

青年弁護士・祐介のもとに難題がまわってきた。その難題とは、自分の両親を惨殺した死刑囚の再審を担当して欲しいという酷い依頼だった。悩み苦しんだ末、祐介はひとつの結論をだした・・・。法廷ミステリーの第一人者が新境地を拓いた意欲作の文庫化!!

line

著 : 今野敏(コンノビン)

発売日:2005年03月08日  定価:713円 (本体648円)
ISBN :4-575-50996-5

探偵・石神のもとに1人の少年が訪ねてきた。「友達のお父さんが自殺しました。でも、自殺じゃないかもしれないんです。それを調べてもらえませんか?」──高名な大学教授が自殺  ...続き.>

line

著 : 阿木慎太郎(アキシンタロウ)

発売日:2004年11月09日  定価:1,205円 (本体1,095円)
ISBN :4-575-50975-2

アメリカに初の黒人大統領が誕生、全世界に衝撃を与えるなか、初来日が決定した。無数の暗殺計画情報が飛び交い、日米のシークレット・サービスの緊張は最高潮に達する。一方  ...続き.>

line

著 : 勝目梓(カツメアズサ)

発売日:2004年08月10日  定価:681円 (本体619円)
ISBN :4-575-50958-2

屁が原因で人を殺した男、微笑で殺人が発覚した女、昔の恋人にかけた電話でのアリバイ工作……。市井に生きる人々のふだんのなにげない仕草、行為が招いたハプニングを12作の短編でご賞味を。著者の人間観察力、洞察力、そして創造力を十分に発揮した一冊。

line

著 : 恩田陸(オンダリク)

発売日:2003年11月11日  定価:576円 (本体524円)
ISBN :4-575-50908-6

ジャンルミックスの作風で幅広い支持を受け、意欲的に作品を発表、大活躍中の恩田陸の異色作。──ここはアジアの西の果て、深い谷を越えた所にその昔「有り得ぬ場所」と呼ばれ  ...続き.>

line

著 : 我孫子武丸(アビコタケマル)

発売日:2002年10月08日  定価:723円 (本体657円)
ISBN :4-575-50846-2

気鋭の新本格作家の描く近未来ハードボイルド第二弾。連続猟奇殺人鬼”ドク”の記憶データを別の人間に追体験させ、死者の脳を再生させた事件(前作「腐食の街」)を担当した溝口刑事に再び恐怖が降りかかる!

line

著 : 内田康夫(ウチダヤスオ)

発売日:1994年08月22日  定価:607円 (本体552円)
ISBN :4-575-50484-X

「嫁さんに気をつけろ」、新婚旅行先にかかってきた怪電話。そして夫のまわりで次々と殺人事件が。旅情豊かに描く長編推理小説。

line

著 : 内田康夫(ウチダヤスオ)

発売日:1993年05月12日  定価:545円 (本体495円)
ISBN :4-575-50416-5

正月のカルタ大会で浅見光彦が知り合った女性は、4年前に父を亡くしていた。この事件の真相を突き止めようとする二人は、やがて13年前の殺人事件にぶつかるが……。

line

著 : 阿佐田哲也(アサダテツヤ)

発売日:1991年10月09日  定価:524円 (本体476円)
ISBN :4-575-50336-3

あの懐かしい坊や哲、ドサ健が帰って来た。しかもより多彩でより猛烈なキャラクターのメンメンを引き連れて--天才的なカンで勝ち続ける女。絶対放銃しないが故に緊張に耐えきれずクスリに溺れる芸妓。苛烈な勝負の連続を通し人生の斗いを鮮やかに描く。

line

著 : 内田康夫(ウチダヤスオ)

発売日:1991年06月12日  定価:514円 (本体467円)
ISBN :4-575-50318-5

軽井沢・信濃追分で、また東京・本郷追分で次々に発見される変死体。作業歌、ときにはエレジーとして愛唱されてきた追分節に込められた長編旅情ミステリ。

line

著 : 内田康夫(ウチダヤスオ)

発売日:1989年06月12日  定価:565円 (本体514円)
ISBN :4-575-50224-3

雨の日曜日、警視庁捜査1課の坂口を、姪の幼稚園児・和代が訪れた。両親が失踪したというのだ。やがて両親はそれぞれ死体で発見されるが……。本格旅情ミステリ。