作家一覧 ジャンル一覧
媒体資料一覧
TOP>文庫


line

著 : 松本清張(マツモトセイチョウ)

発売日:1995年05月12日  定価:本体533円 + 税
ISBN :4-575-65808-1

小劇団にくすぶる井野仁、端役だが映画出演の依頼が来た。そこで彼は性格俳優として認められ、徐々に大役を得ていく。だが肝腎の本人の気持ちは冴えない。なぜなら、彼には自  ...続き.>

line

著 : 有馬頼義(アリマヨリチカ)

発売日:1995年05月12日  定価:本体631円 + 税
ISBN :4-575-65809-X

プロ野球のセネタースの4番バッター新海清が、走塁中に突然倒れて結局絶命した。頑丈なはずのプロスポーツ選手の体に何が起きたのか?解剖の結果、新海の血液中に不思議な痕跡が発見された。高山検事は執拗に捜査を行なう。だが関係者の心の澱はほじくれない。

line

著 : 鮎川哲也(アユカワテツヤ)

発売日:1995年05月12日  定価:本体825円 + 税
ISBN :4-575-65810-3

線路沿いで死体となって発見された西幡社長は、労働争議と新興宗教の二つの争いに巻き込まれていた。警察はその関係者を調べていくが、挫折。調査を引き継いだ鬼貫と丹那のコンビは、被害者の金庫から出てきた写真を手がかりにひとりの女性を追っていく。

line

著 : 鮎川哲也(アユカワテツヤ)

発売日:1995年05月12日  定価:本体660円 + 税
ISBN :4-575-65811-1

婚約中の女性が動機不明の自殺を遂げる。一方、熱海では殺された男の遺留品から、この男性と女性は不穏な関係にあることが判明した。男はあちこちで恐喝をはたらいていたのだ。12人の被害者達に嫌疑がかかるが、全員のアリバイが成立。鬼貫と丹那がまた活躍。

line

著 : 笹沢左保(ササザワサホ)

発売日:1995年05月12日  定価:本体612円 + 税
ISBN :4-575-65812-X

花城佐紀子の姉が遺書を残して失踪した。労働争議で敵味方に分かれてしまった恋人と心中するというのだ。だが、死体が発見されたのは相手の男だけで、依然として姉は行方知れずのままであった。姉にかけられた殺人容疑を晴らそうと、佐紀子は調べはじめる。

line

著 : 飛鳥高(アスカタカシ)

発売日:1995年05月12日  定価:本体553円 + 税
ISBN :4-575-65813-8

汚職摘発の動きが自分に波及するのを防ぐため、戸塚は上司の殺害を決意する。だが罠にかけられた上司はすでに絶命していて、戸塚自身が殺されてしまう。同様に奸計をめぐらせ  ...続き.>

line

著 : 夢枕獏(ユメマクラバク)

発売日:1995年03月10日  定価:本体514円 + 税
ISBN :4-575-50513-7

最強の格闘家を目指す丹波文七は、北辰館トーナメント制覇の前に、東洋プロレスの‘格闘技オリンピック’に出場、念願の堤城平と対決する!

line

著 : 小池真理子(コイケマリコ)

発売日:1994年12月08日  定価:本体552円 + 税
ISBN :4-575-50501-3

住み馴れた家の整地跡から白骨死体が掘り出された。すでに父母はこの世を去り、関係者といえば真吾と早紀子の兄妹だけである。二人は遠い記憶の底からおぞましい事件をそれぞれ思い出す。とすればこの骨は過去の犯罪の告発に現れたのか?恐怖が兄妹を襲う。

line

著 : 西村京太郎(ニシムラキョウタロウ)

発売日:1994年09月05日  定価:本体619円 + 税
ISBN :4-575-50490-4

後楽園で原辰徳がホームランを打った時、元図書館職員の老人が絞殺された。続いてマニラでテレビ取材班のアナウンサー、武蔵小山のアパートで電気店の主人が殺された。十津川警部と亀井刑事は老人の家にあった名刺の中に、二人の名前を発見した。

line

著 : 内田康夫(ウチダヤスオ)

発売日:1994年08月22日  定価:本体552円 + 税
ISBN :4-575-50484-X

「嫁さんに気をつけろ」、新婚旅行先にかかってきた怪電話。そして夫のまわりで次々と殺人事件が。旅情豊かに描く長編推理小説。

line

著 : 西村京太郎(ニシムラキョウタロウ)

発売日:1994年05月21日  定価:本体524円 + 税
ISBN :4-575-50469-6

事件のきっかけは、警視庁捜査一課十津川警部の妻が見ていたテレビの人生相談番組だった。次々に起こる死者消失事件の背景にひそむ恐るべき真相へ十津川警部の捜査の手が伸びる……。

line

著 : 大沢在昌(オオサワアリマサ)

発売日:1993年08月06日  定価:本体705円 + 税
ISBN :4-575-50429-7

東京六本木の「佳花飯店」が爆破され、同店の社長、宋海礼と、和菓子店「はしもと」の三代目・橋詰成人らが爆死した。それは世界規模の犯罪組織<魔都委員会>が六本木侵攻の第一歩として起こしたものだ。気宇壮大な物語はこれより始まった。

line

著 : 小池真理子(コイケマリコ)

発売日:1993年07月12日  定価:本体495円 + 税
ISBN :4-575-50426-2

男は貧しいから頑張った。努力の甲斐あって今やBMVの新車から超豪華マンションまで自分のものだし、大企業の社長令嬢とも婚約している。だがある夜、六本木である娘を拾ったことから人生の歯車が狂いはじめた……。サスペンスの名手が日常生活の恐怖を描く。

line

著 : 内田康夫(ウチダヤスオ)

発売日:1993年05月12日  定価:本体495円 + 税
ISBN :4-575-50416-5

正月のカルタ大会で浅見光彦が知り合った女性は、4年前に父を亡くしていた。この事件の真相を突き止めようとする二人は、やがて13年前の殺人事件にぶつかるが……。

line

著 : 小池真理子(コイケマリコ)

発売日:1992年09月11日  定価:本体552円 + 税
ISBN :4-575-50384-3

男を撥ね殺してしまった芽衣子の頭に悪魔の様な計画がよぎる。死者を甦えらせればいい。身代わりをたてればいい。芽衣子が目をつけたのは記憶喪失の若いルンペンだった。かくて計画は着々と進む。行く手に待つは成功か破滅か?