検索の説明
サイトマップ


作家一覧 ジャンル一覧
媒体資料一覧
TOP>文庫


line

著 : 大岡昇平(オオオカショウヘイ)

発売日:1999年11月17日  定価:本体895円 + 税

昭和36年7月、神奈川県の小さな町で、飲み屋を営む坂井ハツ子の死体が見つかった。妹ヨシ子との結婚に強硬に反対されていた19歳の少年が、殺人、死体遺棄の容疑で逮捕される。はじめは単純な事件だと思われたが、菊池弁護士は公判で次々と意外な事実を……。

line

著 : 北方謙三(キタカタケンゾウ)

発売日:1999年11月17日  定価:本体600円 + 税

上得意の客に暴力をふるい、横浜の高級クラブのボーイを馘になった25歳の川本高志は、喧嘩の遠因となった男・室田の仕事を手伝いはじめる。それはかなりヤバかった。だが高志は、熱く滾る内なるものに激しく衝き動かされ、一直線に自分の道を切り開いていく。

line

著 : 松山巌(マツヤマイワオ)

発売日:1999年11月17日  定価:本体571円 + 税

大都市を成立させた上京者たちの希薄な人生関係が『D坂の殺人事件』を生み出し、単身者の住まう下宿間の出現が『屋根裏の散歩者』の密やかな猟奇的快楽を可能にした。1920年代の東京で、都市文学として胚胎した探偵小説が、花咲くさまを精密に解き明かす。

line

著 : 多島斗志之(タジマトシユキ)

発売日:1999年08月25日  定価:本体476円 + 税

こんな時、あなたならどうしますか? 同級生の母親の不倫現場を目撃してしまったら? 姉の婚約者がある犯罪の常習犯だとしたら? ――おだやかに過ごしたいと願う少年が遭遇する  ...続き.>

line

著 : 夢枕獏(ユメマクラバク)

発売日:1999年06月10日  定価:本体571円 + 税

ニューヨークの地下格闘技を牛耳るカスティリオーネの主催する世界最強決定トーナメント出場に向けて暗躍する葵流三兄弟が、竹宮流泉宗一郎、松山象山、姫川勉に次々と襲いかかる。そして丹波文七の前にも長兄文吾が……。男たちの熱い闘いが続く!!

line

著 : 中島らも(ナカジマラモ)

発売日:1999年06月01日  定価:本体419円 + 税

与えられたお題目に、㈲中島らも事務所社長と社長秘書、性格ふいっちなふたりのぼけとつっこみが乱れとぶ。ああ言えばこう言い、こう言えばああ言う。丁々発止の社内エッセイ完結編。文庫解説・鮫肌文殊。

line

著 : 中島らも(ナカジマラモ)

発売日:1999年06月01日  定価:本体533円 + 税

これは冗談かうんちくか。おかしくてややこしい中島らもの頭の中身。読めばズブズブ。おかしくてややこしくて、そのうえ結構深そうな、中島らもの雑文乱れ打ちエッセイ集。文庫解説・竹中直人。

line

著 : 呉智英(クレトモフサ)

発売日:1998年12月10日  定価:本体514円 + 税

話すように書き、書くように話す、言文一致スタイルのエッセイ&対談集。時代の病が暴かれ、思想の課題が鮮やかに提示される。笑い、怒り、考え、語る、等身大の哲学。

line

著 : 下川裕治(シモカワユウジ)

発売日:1998年12月10日  定価:本体457円 + 税

海外旅行で受けるカルチャーショックに驚愕した人も多いはず。あなたにも日本の常識を海外に持込み、恥をかいた経験はないですか。そんな話を集めた本書は、笑える他人のアホ話、満載!抱腹絶倒の旅コラム・エッセイ。

line

著 : 加納一朗(カノウイチロウ)

発売日:1998年11月12日  定価:本体581円 + 税

陸奥宗光が極秘に秘めた文書が鹿鳴館の一室から消えた。公開されれば深刻な国際問題となる。この極秘文書漏洩事件の解決を依頼されたのは開業医の榎元信と謎の英国人ホック氏。だが事件の鍵を握る人物が殺され、二人に危難が襲いかかる。文書の行方は……。

line

著 : 伴野朗(トモノロウ)

発売日:1998年11月12日  定価:本体581円 + 税

愛車のワゴンを駆って警察回りに向かった俺は、若い娘の自殺騒ぎに出くわす。一命をとりとめた彼女についての取材で、かすかな違和感を覚えた。どうやら五ヶ月前に起きた農薬毒殺未遂事件と関係ありそうなのだ。好奇心旺盛なはみだし記者の活躍を描く。

line

著 : 皆川博子(ミナガワヒロコ)

発売日:1998年11月12日  定価:本体400円 + 税

芝居小屋桔梗座の最後の日、特別出演をした役者の立花が皿綱渡りで落ち死んだ。そして奈落からは絞殺死体が発見される。じつは15年前の桔梗座でも落下事件があり、奈落で殺人が起こり役者が一人姿を消していた。小屋主の娘・秋子が時を隔てて真相に迫る。

line

著 : 佐瀬稔(サセミノル)

発売日:1998年11月12日  定価:本体524円 + 税

昭和55年、川崎市の新興住宅地に住む一家を突然襲った惨劇。それは浪人中の次男が両親を金属バットで殴り殺すという、震撼すべき出来事だった。恵まれた家庭に育った青年が心  ...続き.>

line

著 : 花村萬月(ハナムラマンゲツ)

発売日:1998年11月12日  定価:本体514円 + 税

その暴力的な作風で文壇を震撼させた芥川賞作家・花村萬月の初エッセイ集。小説からは見えなかった魅力が躍動する、鋭利にユーモラスな文章の数々。

line

著 : 安藤昇(アンドウノボル)

発売日:1998年10月08日  定価:本体562円 + 税

昭和33年6月11日の夕刻、東洋郵船社長・横井英樹は社長室で暴漢に拳銃で撃たれ、警視庁は安藤組長を全国指名手配した。敗戦直後19歳の安藤昇が腕と度胸で新興組組織安藤組を結成し数々の抗争を繰り広げ、昭和39年解散に至るまでの迫真のドキュメント。