検索の説明
サイトマップ


作家一覧 ジャンル一覧
媒体資料一覧
TOP>文庫


line

著 : 中島らも(ナカジマラモ)

発売日:1999年06月01日  定価:本体419円 + 税

与えられたお題目に、㈲中島らも事務所社長と社長秘書、性格ふいっちなふたりのぼけとつっこみが乱れとぶ。ああ言えばこう言い、こう言えばああ言う。丁々発止の社内エッセイ完結編。文庫解説・鮫肌文殊。

line

著 : 中島らも(ナカジマラモ)

発売日:1999年06月01日  定価:本体533円 + 税

これは冗談かうんちくか。おかしくてややこしい中島らもの頭の中身。読めばズブズブ。おかしくてややこしくて、そのうえ結構深そうな、中島らもの雑文乱れ打ちエッセイ集。文庫解説・竹中直人。

line

著 : 呉智英(クレトモフサ)

発売日:1998年12月10日  定価:本体514円 + 税

話すように書き、書くように話す、言文一致スタイルのエッセイ&対談集。時代の病が暴かれ、思想の課題が鮮やかに提示される。笑い、怒り、考え、語る、等身大の哲学。

line

著 : 下川裕治(シモカワユウジ)

発売日:1998年12月10日  定価:本体457円 + 税

海外旅行で受けるカルチャーショックに驚愕した人も多いはず。あなたにも日本の常識を海外に持込み、恥をかいた経験はないですか。そんな話を集めた本書は、笑える他人のアホ話、満載!抱腹絶倒の旅コラム・エッセイ。

line

著 : 加納一朗(カノウイチロウ)

発売日:1998年11月12日  定価:本体581円 + 税

陸奥宗光が極秘に秘めた文書が鹿鳴館の一室から消えた。公開されれば深刻な国際問題となる。この極秘文書漏洩事件の解決を依頼されたのは開業医の榎元信と謎の英国人ホック氏。だが事件の鍵を握る人物が殺され、二人に危難が襲いかかる。文書の行方は……。

line

著 : 伴野朗(トモノロウ)

発売日:1998年11月12日  定価:本体581円 + 税

愛車のワゴンを駆って警察回りに向かった俺は、若い娘の自殺騒ぎに出くわす。一命をとりとめた彼女についての取材で、かすかな違和感を覚えた。どうやら五ヶ月前に起きた農薬毒殺未遂事件と関係ありそうなのだ。好奇心旺盛なはみだし記者の活躍を描く。

line

著 : 皆川博子(ミナガワヒロコ)

発売日:1998年11月12日  定価:本体400円 + 税

芝居小屋桔梗座の最後の日、特別出演をした役者の立花が皿綱渡りで落ち死んだ。そして奈落からは絞殺死体が発見される。じつは15年前の桔梗座でも落下事件があり、奈落で殺人が起こり役者が一人姿を消していた。小屋主の娘・秋子が時を隔てて真相に迫る。

line

著 : 佐瀬稔(サセミノル)

発売日:1998年11月12日  定価:本体524円 + 税

昭和55年、川崎市の新興住宅地に住む一家を突然襲った惨劇。それは浪人中の次男が両親を金属バットで殴り殺すという、震撼すべき出来事だった。恵まれた家庭に育った青年が心  ...続き.>

line

著 : 花村萬月(ハナムラマンゲツ)

発売日:1998年11月12日  定価:本体514円 + 税

その暴力的な作風で文壇を震撼させた芥川賞作家・花村萬月の初エッセイ集。小説からは見えなかった魅力が躍動する、鋭利にユーモラスな文章の数々。

line

著 : 安藤昇(アンドウノボル)

発売日:1998年10月08日  定価:本体562円 + 税

昭和33年6月11日の夕刻、東洋郵船社長・横井英樹は社長室で暴漢に拳銃で撃たれ、警視庁は安藤組長を全国指名手配した。敗戦直後19歳の安藤昇が腕と度胸で新興組組織安藤組を結成し数々の抗争を繰り広げ、昭和39年解散に至るまでの迫真のドキュメント。

line

著 : 大沢在昌(オオサワアリマサ)

発売日:1998年09月11日  定価:本体762円 + 税

65歳になる英介は同居する甥の薫とともに何者かに襲われた。英介の昔の仲間たち、‘流星団’の助けを借りて、英介は闘いを決意する。ハードボイルドの巨匠・意欲作。

line

著 : ルパン三世特捜班(ルパンサンセイトクソウハン)

発売日:1998年07月09日  定価:本体476円 + 税

あのルパン三世が帰って来る。国民的人気アニメ「ルパン三世」を、より楽しく、より深く味わってもらうための“なるほどメニュー”の数々。これであなたもルパン通! 次元や五右ェ門、銭形の謎もこれでバッチリ解ける。

line

著 : 下川裕治(シモカワユウジ)

発売日:1998年05月12日  定価:本体457円 + 税

アジア貧乏旅行の第一人者・下川裕治の大好評「旅のエッセイ」バンコク・シリーズの第1弾がいよいよ文庫化。バンコクに入り込もうとする人のためのバンコク物語。文庫化にあたり、コラムを完全改稿、98年現在の新鮮な情報がつまっている。

line

著 : 下川裕治(シモカワユウジ)

発売日:1998年05月12日  定価:本体457円 + 税

アジアの達人・下川裕治の大好評「旅のエッセイ」バンコク・シリーズ文庫化(同時刊行)第2弾。バンコクを第2の故郷としてきた著者の、変化する街への想いと旅情のエピソード。本書の旅と街の情報コラムは1998年版です。

line

著 : 貫井徳郎(ヌクイトクロウ)

発売日:1998年03月12日  定価:本体619円 + 税

「若者たちの失踪の背後にあるものを探って欲しい」依頼に応えて、環敬吾はチームのメンバーに召集をかけた。私立探偵・原田柾一郎、托鉢僧・武藤隆、肉体労働者・倉持真栄。  ...続き.>