作家一覧 ジャンル一覧
媒体資料一覧


line

著 : 高田明和(タカダアキカズ)

発売日:2007年02月06日  定価:本体1,200円 + 税
ISBN :978-4-575-29951-9

好評の『魂をゆさぶる禅の名言』の第2弾。著者はテレビ・ラジオでおなじみの浜松医科大学名誉教授。ご自分のうつ病克服を裏づけにした限界突破の人生の知恵を披露。「一生幸せはありえない!」と著者は言います。

line

著 : 北芝健(キサシバケン)

発売日:2006年12月12日  定価:本体1,400円 + 税
ISBN :4-575-29939-1

捜査本部の「戒名」は誰が付ける? 捜査員の直行・直帰は認められるのか? 尾行の正しい方法は? 捜査書類の作成にどれくらいかかる? などなど、誰しもがふと抱く、深く狭い疑問にズバッと答える「犯罪捜査詳述本」。大沢在昌氏熱烈推薦の一冊。

line

著 : 下川裕治(シモカワユウジ)

発売日:2006年12月12日  定価:本体1,400円 + 税
ISBN :4-575-29941-3

沖縄の離島勢としてはじめて、2006年春夏連続で甲子園に出場した日本最南端の高校・八重山商工。選手たちは全員島出身で、小学校の頃から伊志嶺監督の厳しい指導を受けてきた。「八重山から甲子園」という夢の実現を描いたノンフィクション。

line

著 : 石原真理子(イシハラマリコ)

発売日:2006年12月05日  定価:本体1,200円 + 税
ISBN :4-575-29938-3

80年代に人気女優として一世を風靡。その後アメリカへ渡り、最近また芸能界に復帰した著者の波乱万丈な半生を綴った自叙伝。出演番組の裏話や、男性タレント達との恋愛遍歴、共演女優たちとの確執など話題騒然な内容!

line

著 : 早川廣中(ハヤカワヒロナカ)

発売日:2006年11月07日  定価:本体667円 + 税
ISBN :4-575-15345-1

「白虎隊記念館」館長・早川廣中が、独自の資料を元に会津白虎隊に関する隠された真実を掘り起こし、従来にはない全く新しい「白虎隊観」を描き出す。幕末のヒーローとしていまだに根強い人気を持つ白虎隊の武士道精神を見よ!

line

著 : 小道迷子(コミチメイコ)

発売日:2006年10月31日  定価:本体1,200円 + 税
ISBN :4-575-29927-8

双葉社HP上で好評連載中のコミックエッセイがついに単行本化。台湾にどっぷりハマった漫画家・小道迷子が“素飯”とそれを育んだ台湾の奥深い世界を旅する。おいしくて、いっぱい食べてもヘルシーな台湾素飯の世界を覗いてみて!

line

著 : 吉村葉子(ヨシムラヨウコ)

発売日:2006年09月12日  定価:本体1,400円 + 税
ISBN :4-575-29920-0

「お金がない」状態に慣れてきた日本人…しかし、お金はなくとも十分楽しく、センスのある暮らしはできるのです!フランス生活の長かった著者が、少しのお金で豊かに暮らすことに長けているフランス人から学んだ“節約生活術”を紹介。

line

著 : 飯塚耕一郎(イイヅカコウイチロウ)
画 : 本そういち(モトソウイチ)

発売日:2006年09月05日  定価:本体1,000円 + 税
ISBN :4-575-29919-7

田口八重子さんの息子・飯塚耕一郎氏が“母の拉致”を悲しみをこらえて語る想いとは…!? 「大韓航空機爆破事件」「拉致事件」という未曾有の国家犯罪に巻き込まれた家族を描く、漫画アクション発“北朝鮮拉致事件”のドキュメンタリー。

line

著 : 小迎裕美子(コムカイユミコ)

発売日:2006年08月01日  定価:本体1,000円 + 税
ISBN :4-575-29906-5

他地方の人から見ると“ちょっとヘンな風習やもの”が残っていると思われているのが、名古屋。そんな古きよき名古屋で青春を過ごした人気イラストレーターが、ディープかつゆる~いノリで名古屋っ子時代の日常を中心に描くイラスト・エッセイコミック。

line

著 : 伊集院静(イジュウインシズカ)

発売日:2006年07月18日  定価:本体1,500円 + 税
ISBN :4-575-29904-9

いまや最強の“凸凹コンビ”として有名な直木賞作家・伊集院静氏と手塚治虫文化賞漫画家・西原理恵子氏によるギャンブルエッセイの第5弾。競輪、カジノ、麻雀なんでもござれの伊集院エッセイに西原氏の激辛イラストが絶妙にマッチ。