作家一覧 ジャンル一覧
単行本


二千七百の夏と冬 下
発売日:2014年06月20日
定価:1,430円 (本体1,300円)
判型:四六判
ISBN 978-4-575-23864-8
この著者の本
  • 母恋旅烏<新装版>
    二千七百の夏と冬 上
    二千七百の夏と冬 下
    ママの狙撃銃 新装版
    僕たちの戦争 <新装版>
    ハードボイルド・エッグ 新装版
    二千七百の夏と冬 上
    二千七百の夏と冬 下
  • ママの狙撃銃
    僕たちの戦争
    ママの狙撃銃
    母恋旅烏
    誘拐ラプソディー
    僕たちの戦争
    ハードボイルド・エッグ
     
二千七百の夏と冬 下
ニセンナナヒャクノナツトフユ

著 : 荻原浩(オギワラヒロシ)
立ち読み 上巻の一部が立ち読みできます
この本は品切れ重版未定の商品です。
本の紹介
2011年、夏――ダム建設工事の掘削作業中に、縄文人男性と弥生人女性の人骨が同時に発見された。二体は手を重ね、顔を向け合った姿であった。3千年近く前、この二人にいったいどんなドラマがあったのか? 新聞記者の佐藤香椰は次第にこの謎にのめりこんでいく。 紀元前7世紀、東日本――ピナイの村に住むウルクは15歳。5年前に父を亡くし、一家を支える働き頭だが、猟ではまだまだ半人前扱い。いろいろと悔しい目にあうことも多い。近ごろ村は、海渡りたちがもたらしたという神の実〝コーミー〟の話でもちきりだが、同時にそれは「災いをもたらす」と噂されていた。

(ブックレビュー:小説推理2014年8月号掲載)
■ 電子書籍ストア
amazon CMOA logo_bookwalker dブック
ブックパス Renta! logo_booklive KOBO
Reader Store DMM オンライン書店ビーケーワン kinokuniya Book Web
Apple