作家一覧 ジャンル一覧
検索ワード ”30900”


line

単行本 一流非難 プロ野球スーパースター異説
著 : 野村克也(ノムラカツヤ)

発売日:2020年09月18日  定価:本体1,400円 + 税
ISBN :978-4-575-31574-5

野球とは頭のスポーツである――「野村野球批評」の集大成となる一冊

「人間は『無視・称賛・非難』の段階で試される」これは、今年2月に惜しまれつつ亡くな  ...続き.>

line

単行本 翼を羽ばたかせて 世界のトップスケーター12人がつむぐ「氷上物語」
著 : 田村明子(タムラアキコ)

発売日:2020年04月23日  定価:本体1,400円 + 税
ISBN :978-4-575-31531-8

2019-2020年シーズン、リンクのうえで繰り広げられたはげしい闘い。その中心にいた羽生結弦とライバルたちの胸の内に迫る。レポートする選手は12人。羽生結弦、宇野昌磨  ...続き.>

line

単行本 見抜く力 ~阿部慎之助の流儀~
著 : 長南武(チョウナンタケシ)
著 : 金子卓麿(カネコタクマ)

発売日:2020年03月19日  定価:本体1,500円 + 税
ISBN :978-4-575-31536-3

2019年、19年間の現役生活にピリオドを打った阿部慎之助。01年に入団し、第18代主将として、8度のリーグ優勝、3度の日本一に貢献するなど、球界を代表する捕手とな  ...続き.>

line

単行本 欧州 旅するフットボール
著 : 豊福晋(トヨフクシン)

発売日:2019年05月10日  定価:本体1,400円 + 税
ISBN :978-4-575-31399-4

バルセロナ、マドリード、セビージャ、ビルバオ、エイバル、ロンドン、マンチェスター、リバプール、レスター、ミラノ、ミュンヒェン、ベルリン、ゲルゼンキルヒェン、リ  ...続き.>

line

単行本 村田修一 男の引き際
著 : SPORTSウォッチャー取材班(スポーツウォッチャーシュザイハン)
著 : 金子卓麿(カネコタクマ)
著 : 長南武(チョウナンタケシ)

発売日:2019年03月22日  定価:本体1,400円 + 税
ISBN :978-4-575-31436-6

横浜、巨人の主砲として球界に名を残し、2018年で現役を引退した男・村田修一。2017年オフに受けた、まさかの戦力外通告。野球人生を大きく変えた「運命の1日」に密着。  ...続き.>

line

単行本 どん底から何度でも這い上がる 折れない心の21の物語
著 : 梅崎司(ウメサキツカサ)

発売日:2019年03月22日  定価:本体1,300円 + 税
ISBN :978-4-575-31437-3

幼少期から壮絶な家庭環境で育ち、プロになってからも度重なる大ケガに見舞われながら、その度に復活し、輝いてみせた泥臭いJリーガーが綴る、立ちはだかる壁を突破していく方法

line

単行本 『週プロ』黄金期 熱狂とその正体 活字プロレスとは何だったのか?
著 : 俺たちのプロレス編集部(オレタチノプロレスヘンシュウブ)

発売日:2019年02月22日  定価:本体1,500円 + 税
ISBN :978-4-575-31420-5

「みんなで真剣に本気でプロレスに関わった。観た!感じた!語った!狂喜乱舞した!」(第二代編集長 ターザン山本)

『週刊プロレス』、全盛期には公称40  ...続き.>

line

単行本 夜の虹を架ける 四天王プロレス「リングに捧げた過剰な純真」
著 : 市瀬英俊(イチノセヒデトシ)

発売日:2019年02月08日  定価:本体2,000円 + 税
ISBN :978-4-575-31424-3

四天王プロレス――全日本プロレスの三沢光晴、川田利明、小橋健太、田上明。90年代、最大年7回の武道館を満員にし、全国津々浦々の会場のファンを熱狂させた闘い。激しい  ...続き.>

line

単行本 Little Wings 2019 次世代スケーター8人の「今」と「未来」
著 : Trace on Ice編集部(トレース オン アイス ヘンシュウブ)

発売日:2018年11月02日  定価:本体1,500円 + 税
ISBN :978-4-575-31403-8

平昌五輪の熱狂の余韻が残る新シーズンが開幕し、注目されるフィギュアスケート。「4年後」が期待される新世代スケーター8人に話を聞いた。友野一希、須本光希、山本草  ...続き.>

line

単行本 日本サッカー代表監督総論
著 : 戸塚啓(トツカケイ)

発売日:2018年09月28日  定価:本体1,300円 + 税
ISBN :978-4-575-31392-5

ロシアW杯で戦前の下馬評を覆し、快進撃を見せたサッカー日本代表。しかし、決勝トーナメントでは、またしてもベスト16の厚い壁に跳ね返される結果となってしまった。本  ...続き.>