検索の説明
サイトマップ


作家一覧 ジャンル一覧
検索ワード ”ガロウデンシンショ”


line

単行本 餓狼伝 XIII
著 : 夢枕獏(ユメマクラバク)

発売日:2003年03月04日  定価:本体781円 + 税

松尾象山にそそのかされた巽真は、力王山をひとけのない神社に誘い込んだ。ついに対峙する両雄。「餓狼伝」史上最大ともいえる死闘が幕を開けた。勝つのはどっちだ!? スクネ流の争奪戦も本格化。新たに姿を現した格闘家・磯村露風の正体とは?

line

単行本 餓狼伝 XII
著 : 夢枕獏(ユメマクラバク)

発売日:2001年03月05日  定価:本体781円 + 税

仕込み杖の使い手・土方元を倒した男、姫川源三。姫川勉に粉微塵にされた丹波文七の闘う魂に仄かな火が点る。--時は遡ってブラジル。若き日の巽真はプロレス界のヒーロー・力  ...続き.>

line

単行本 餓狼伝 XI
著 : 夢枕獏(ユメマクラバク)

発売日:1999年02月12日  定価:本体781円 + 税

世界トーナメントを制したのは、ブラジリアン柔術のガルシアだった。最小のダメージで相手を倒すシステムが、遂にベールを脱いだ! 格闘技小説の金字塔、シリーズ11弾。

line

単行本 餓狼伝 X
著 : 夢枕獏(ユメマクラバク)

発売日:1998年02月20日  定価:本体781円 + 税

東洋プロレスの梶原年雄を倒すまでに6年の歳月が流れた。丹波文七の前に、風に身をまかせる柳のように姫川勉が立った。著者独壇場の格闘技小説、いよいよシリーズ10巻。

line

単行本 餓狼伝 IX
著 : 夢枕獏(ユメマクラバク)

発売日:1997年04月18日  定価:本体781円 + 税

東洋プロレス主催の格闘技最強トーナメントが始まる。ルールはバーリ・トゥード。緊迫した真剣勝負に満員の観客は興奮し、丹波文七は身じろぎもせずに見守る。

line

単行本 餓狼伝 VIII
著 : 夢枕獏(ユメマクラバク)

発売日:1996年07月19日  定価:本体762円 + 税

ニューヨーク地下格闘技を牛耳るカスティリオーネ。その主催する世界最強トーナメント出場にむけて暗躍する葵流三兄弟が、文七の好敵手たちに次々と襲いかかる。そして文七の前にも葵長兄の文吾が……。

line

単行本 餓狼伝 VII
著 : 夢枕獏(ユメマクラバク)

発売日:1995年11月27日  定価:本体762円 + 税

北辰館トーナメントは熱闘の連続で格闘家たちの魂に火をつけた。そんな中、ニューヨークの闇の支配者が丹波文七に目をつける。

line

単行本 餓狼伝 VI
著 : 夢枕獏(ユメマクラバク)

発売日:1995年03月28日  定価:本体762円 + 税

入院中の堤と文七の間に、死闘を終えた者同士の心が通う。一方、その文七を倒して竹宮流・泉宗一郎の娘冴子を手中に入れようと、藤巻が暗躍しだした……。

line

単行本 餓狼伝 V
著 : 夢枕獏(ユメマクラバク)

発売日:1993年01月28日  定価:本体762円 + 税

最強の格闘家を目指す丹波文七は、北辰館トーナメント制覇の前に、東洋プロレスの‘格闘技オリンピック’に出場、念願の堤城平と対決する!

line

単行本 餓狼伝 IV
著 : 夢枕獏(ユメマクラバク)

発売日:1989年10月02日  定価:本体762円 + 税

格闘技日本一を目指して松本で精進する丹波文七に、竹宮流の泉が‘虎王’の秘技を教えると声を掛けて来た……。大河格闘技ロマン第四弾。