検索の説明
サイトマップ


作家一覧 ジャンル一覧
検索ワード ”ガロウデンザバウンド”


line

単行本 餓狼伝 the Bound Volume.4
著 : 夢枕獏(ユメマクラバク)

発売日:2006年12月12日  定価:本体1,700円 + 税

姫川に敗れ、魂ごと放浪していた文七の下に、土方がおでん屋の親父にやられたとの報せが届く。陰にちらつくスクネ流…その謎を追ってブラジルからの刺客も来日。力王山VS松尾象山の激闘にも注目が集まる!新・餓狼伝に続くXI~XIIIを合本刊行。

line

単行本 餓狼伝 the Bound Volume.3
著 : 夢枕獏(ユメマクラバク)

発売日:2006年12月12日  定価:本体1,700円 + 税

アメリカの裏社会で息づいていた古流武術・葵流。継承者の葵三兄弟は表舞台に出るべく暗躍を繰り返す。さらに、北辰館・東洋プロレス合同トーナメントが開幕し、文七は姫川に完敗する。スクネ流も登場する新装版第3弾。VIII~Xを合本刊行。

line

単行本 餓狼伝 the Bound Volume.2
著 : 夢枕獏(ユメマクラバク)

発売日:2006年11月20日  定価:本体1,800円 + 税

「格闘技オリンピック」が開かれ、文七は堤城平と死闘を演じる。さらに松尾象山指揮下で北辰館トーナメントが開幕。伝説の必殺技「虎王」がベールを脱ぐなか、巽、姫川、藤巻など役者が出揃って雌雄を決する。至高の格闘小説、IV~VIIを合本刊行。

line

単行本 餓狼伝 the Bound Volume.1
著 : 夢枕獏(ユメマクラバク)

発売日:2006年11月20日  定価:本体1,800円 + 税

プロレスラー・梶原年男に完膚なきまでに叩きのめされてから6年…丹羽文七は竹宮流・泉宗一郎に命をかけた野試合で勝利した。「現代の宮本武蔵を描く」というコンセプトのもと始まった不朽の名作、I~IIIと外伝を合本刊行。