検索の説明
サイトマップ


作家一覧 ジャンル一覧
検索ワード ”福澤徹三”


line

文庫 廃屋の幽霊<新装版>
著 : 福澤徹三(フクザワテツゾウ)

発売日:2019年07月11日  定価:本体620円 + 税
ISBN :978-4-575-52242-6

じめじめと降りしきる長雨、闇にすだく虫の声、おかっぱ頭の市松人形──四季の移ろいを背景に、日本人だからこそ感じる恐怖や夢と現実のあわいを描く七つの短篇。これぞホラージャパネスク、これぞ怪談文芸の神髄!

line

文庫 シャッター通りの死にぞこない
著 : 福澤徹三(フクザワテツゾウ)

発売日:2015年07月16日  定価:本体657円 + 税
ISBN :978-4-575-51798-9

潰れかけたシャッター商店街に、元ヤミ金の男が流れついた。さびれた店と老人だらけのこの商店街はバンビロードというよりゾンビロード。男は住人の依頼で町おこしイベン  ...続き.>

line

単行本 シャッター通りの死にぞこない
著 : 福澤徹三(フクザワテツゾウ)

発売日:2012年03月23日  定価:本体1,500円 + 税
ISBN :978-4-575-23761-0

三千万円を持ち逃げした男が流れ着いた先は「子鹿商店街」。イベント会社の社長という嘘の肩書きを信用した住人たちに、町おこしに協力してくれと頼まれるが、三千万円を  ...続き.>

line

文庫 嗤う男
著 : 福澤徹三(フクザワテツゾウ)

発売日:2009年07月16日  定価:本体629円 + 税
ISBN :978-4-575-51291-5

物語に登場するのは、小学生の娘をもつ母親や、仕事で疲弊する中年男など、どこにでもいる人々。そんな彼らがいつもの生活と隣り合わせにある、絶望と恐怖の陥穽を覗いた瞬間、ごく当たり前の日常が恐怖の風景に変わる。怖くて奇妙な味の短編集。

line

文庫 廃屋の幽霊
著 : 福澤徹三(フクザワテツゾウ)

発売日:2006年08月09日  定価:本体619円 + 税
ISBN :4-575-51087-4

じめじめと降りしきる長雨、闇にすだく虫の声、まるで彼岸に通ずるような春霞、そしておかっぱ頭の市松人形──日本人だからこそ感じる恐怖。夢と現実のあわいを描く七つの短編、これぞホラージャパネスク! これぞ怪談文芸の神髄! 解説・平山夢明。

line

単行本 ピースサイン
著 : 福澤徹三(フクザワテツゾウ)

発売日:2006年07月11日  定価:本体1,600円 + 税
ISBN :4-575-23554-7

「ピースをして写真にうつると早死にする」。学校で噂されるこの都市伝説を鼻で嗤い、堂々とピースサインをして写真を撮った女子高生は、その後どうなるのか――。ふとした日常生活の隙間から立ち上る恐怖を描いた気鋭の短編集。