作家一覧 ジャンル一覧
検索ワード ”本そういち”


line

コミック 永遠の0 5 完
著 : 百田尚樹(ヒャクタナオキ)
画 : 須本壮一(スモトソウイチ)

発売日:2012年04月28日  定価:本体686円 + 税
ISBN :978-4-575-84065-0

佐伯健太郎は、駆け出しライターの姉・慶子の依頼を受け、つい最近までその存在さえ知らなかった“本当の祖父”宮部久蔵について調べていた。終戦数日前に特攻で死んだとい  ...続き.>

line

コミック 永遠の0 4
著 : 百田尚樹(ヒャクタナオキ)
画 : 須本壮一(スモトソウイチ)

発売日:2011年11月28日  定価:本体600円 + 税
ISBN :978-4-575-83994-4

佐伯健太郎は、駆け出しライターの姉・慶子の依頼を受け、つい最近までその存在さえ知らなかった“本当の祖父”宮部久蔵について調べていた。終戦数日前に特攻で死んだとい  ...続き.>

line

コミック 永遠の0 3
著 : 百田尚樹(ヒャクタナオキ)
画 : 須本壮一(スモトソウイチ)

発売日:2011年07月28日  定価:本体600円 + 税
ISBN :978-4-575-83934-0

佐伯健太郎は、駆け出しライターの姉・慶子の依頼を受け、つい最近までその存在さえ知らなかった“本当の祖父”宮部久蔵について調べていた。終戦数日前に特攻で死んだとい  ...続き.>

line

コミック 永遠の0 2
著 : 百田尚樹(ヒャクタナオキ)
画 : 須本壮一(スモトソウイチ)

発売日:2010年11月27日  定価:本体600円 + 税
ISBN :978-4-575-83839-8

佐伯健太郎は、駆け出しライターの姉・慶子の依頼を受け、つい最近までその存在さえ知らなかった“本当の祖父”宮部久蔵について調べていた。終戦数日前に特攻で死んだとい  ...続き.>

line

コミック 永遠の0 1
著 : 百田尚樹(ヒャクタナオキ)
画 : 須本壮一(スモトソウイチ)

発売日:2010年07月28日  定価:本体600円 + 税
ISBN :978-4-575-83796-4

司法浪人生、とはいうものの実質的にはニートの佐伯健太郎は、駆け出しライターの姉・慶子の補助という“アルバイト”の依頼を受け、つい最近までその存在さえ知らなかった  ...続き.>

line

コミック ガンパパ島の零戦少女 3 完
著 : 本そういち(モトソウイチ)

発売日:2009年07月10日  定価:本体600円 + 税
ISBN :978-4-575-83641-7

ライバル(?)のプリンセス・ケララの発案で始まった、世界中の飛行機少女が大集結したエアレースも新たなステージに入り佳境に! もはや“名コンビ”となった零戦さんと  ...続き.>

line

コミック ガンパパ島の零戦少女 2
著 : 本そういち(モトソウイチ)

発売日:2008年12月27日  定価:本体600円 + 税
ISBN :978-4-575-83566-3

ライバルのプリンセス・ケララの発案で、世界中から飛行機少女を集めたエアレースが行われることに。優勝賞品はなんとガンパパ島! このままでは“私たちの島”が誰かのモ  ...続き.>

line

コミック コミック文庫)母が拉致された時 僕はまだ一歳だった
著 : 飯塚耕一郎(イイヅカコウイチロウ)
画 : 本そういち(モトソウイチ)

発売日:2008年09月11日  定価:本体533円 + 税
ISBN :978-4-575-71349-7

田口八重子さんの息子、飯塚耕一郎氏が“母の拉致”を語る。顔も姿も一度も見た事のない母。生死さえ不明の母…。「大韓航空機爆破事件」「拉致事件」という未曾有の国家犯  ...続き.>

line

コミック コミック文庫)奪還
著 : 蓮池透(ハスイケトオル)
画 : 本そういち(モトソウイチ)

発売日:2008年09月11日  定価:本体743円 + 税
ISBN :978-4-575-71348-0

1978年7月31日、弟の薫さんは奥土祐木子さんとともに新潟柏崎市の海岸で北朝鮮工作員に拉致された。これは、蓮池家と拉致被害者「家族会」による、四半世紀にわたる壮絶  ...続き.>

line

コミック コミック文庫)めぐみ
著 : 横田滋(ヨコタシゲル)
著 : 横田早紀江(ヨコタサキエ)
画 : 本そういち(モトソウイチ)

発売日:2008年09月11日  定価:本体762円 + 税
ISBN :978-4-575-71347-3

1977年11月15日、その日は突然おとずれた――。新潟県新潟市水道町、11月にしてはとてもおだやかで暖かい朝。いつものように母に見送られ学校へ出かけていった横田めぐみさ  ...続き.>