作家一覧 ジャンル一覧
検索ワード ”木谷恭介”


line

文庫 宮之原警部シリーズ みちのく紅花染殺人事件
著 : 木谷恭介(コタニキョウスケ)

発売日:2011年12月15日  定価:本体629円 + 税
ISBN :978-4-575-51476-6

秋保温泉で殺人事件が起きた。被害者は、かつて政界の羅針盤と噂があった女性占い師。現場に赴いた仙台西署の呉竹緑は、紅花染のスカーフが消えているとの証言をもとに、  ...続き.>

line

文庫 宮之原警部シリーズ 天草御所浦殺人事件
著 : 木谷恭介(コタニキョウスケ)

発売日:2011年10月13日  定価:本体648円 + 税
ISBN :978-4-575-51459-9

天草、東京、まったく無関係に見える二つの殺人事件を繋ぐ鍵を握る男が、さらに天草で殺された。三件の事件の犯人は? そして、その殺人の理由とは? 複雑に絡み合った事件を宮之原の推理が解決する!

line

文庫 宮之原警部シリーズ 京都木津川殺人事件
著 : 木谷恭介(コタニキョウスケ)

発売日:2009年11月12日  定価:本体619円 + 税
ISBN :978-4-575-51315-8

京都・平尾谷で産業廃棄物処分場を火元とする大規模な山火事が発生した。破砕したシュレッダーダストが自然発火したのだ。手がかりは瑪瑙のイヤリングとセラミックのブローチ。府警の魚津刑事は、休職中の宮之原に協力を仰いだ。

line

文庫 宮之原警部シリーズ 吉野十津川殺人事件
著 : 木谷恭介(コタニキョウスケ)

発売日:2009年03月12日  定価:本体667円 + 税
ISBN :978-4-575-51265-6

ツアーコンダクターの日高忍は仕事先にストックホルムで、重しをつけられ川に沈められていたという父の死の報せを受けた。故郷へ帰った忍をはげましたのは幼馴染みの木村克己だった。だが、その木村克己が行方不明になり……。山深い村の惨劇に挑む宮之原警部!

line

文庫 宮之原警部シリーズ 津軽十三湖殺人事件
著 : 木谷恭介(コタニキョウスケ)

発売日:2008年10月16日  定価:本体648円 + 税
ISBN :978-4-575-51228-1

雑誌の編集者をしている百瀬美知子は、取材先の川島地蔵尊で行方不明になった婚約者の所持品が岐阜で発見されたという知らせを受ける。なぜ岐阜なのか? 美知子はその謎を解くために宮之原警部と現地に向かうが……。

line

文庫 宮之原警部シリーズ 四国宇和島殺人事件
著 : 木谷恭介(コタニキョウスケ)

発売日:2007年12月11日  定価:本体638円 + 税
ISBN :978-4-575-51173-4

愛媛県南端にあり、石垣の家で知られる西海町で事件は起こった。その町に住む“沖村唯”という女性を訪ねてきた男が水死体で発見された。男は唯と付き合っていたといい、彼  ...続き.>

line

文庫 宮之原警部シリーズ 鎌倉釈迦堂殺人事件
著 : 木谷恭介(コタニキョウスケ)

発売日:2007年02月15日  定価:本体619円 + 税
ISBN :978-4-575-51125-3

会社社長の緒方洋一郎は、ある男から中学生の娘・葵が援助交際しているという証拠写真を渡される。その後、男から5千万円を要求する脅迫電話が入り、緒方は現金を渡しに行った鎌倉釈迦堂で刺殺される。事件の報を受け、宮之原警部が捜査に乗り出す。

line

文庫 宮之原警部シリーズ 津軽十三湖殺人事件
著 : 木谷恭介(コタニキョウスケ)

発売日:2007年01月23日  定価:本体800円 + 税
ISBN :978-4-575-00760-2

雑誌の編集者をしている百瀬美知子は、取材先の川島地蔵尊で、行方不明になった婚約者の所持品が岐阜で発見されたという知らせを受ける。なぜ岐阜なのか? 美知子はその謎を解くために宮之原警部と現地に向かうが…。そこに待ち受けていた真実とは!?

line

文庫 宮之原警部シリーズ 奥三河香嵐渓殺人事件
著 : 木谷恭介(コタニキョウスケ)

発売日:2006年08月09日  定価:本体590円 + 税
ISBN :4-575-51090-4

紅葉の名所、香嵐渓に設置されたライブカメラに殺人の瞬間が映し出された。被害者は高速道路公団の保養所支配人・柾木満雄だった。ひとり娘の真祐美は父の無念を晴らすべく事件の真相を追い求め、宮之原警部の協力で闇に蠢く腐敗官僚たちの姿を暴きだす……。

line

文庫 宮之原警部シリーズ 美濃淡墨桜殺人事件
著 : 木谷恭介(コタニキョウスケ)

発売日:2005年01月11日  定価:本体552円 + 税
ISBN :4-575-50987-6

道浦食品のひとり娘・碧は後継ぎを嫌い日用品デザイナーとしてミラノで暮らしていた。そこに母・真佐子の死亡の連絡が・・・。帰国した碧を待ち受けていたものは、会社の主導  ...続き.>