作家一覧 ジャンル一覧
検索ワード ”小池真理子”


line

文庫 ノスタルジア〈新装版〉
著 : 小池真理子(コイケマリコ)

発売日:2019年10月10日  定価:本体680円 + 税
ISBN :978-4-575-52273-0

平野繭子はかつて、親子ほど年の違う妻子ある作家・仙波雅彦と愛し合っていた。彼の突然の死から15年──。彼女の前に雅彦の息子を名乗る人物が現れる。父親と生き写しの彼  ...続き.>

line

文庫 贅肉
著 : 小池真理子(コイケマリコ)

発売日:2018年12月13日  定価:本体620円 + 税
ISBN :978-4-575-52169-6

才色兼備の姉と正反対の妹。しかし姉は、母の死、恋人との別離から過食に走り、見るも無惨な姿に変貌していく。そんな姉の世話をする妹は──(「贅肉」)。平凡な人間の、  ...続き.>

line

文庫 闇のカルテット 新装版
著 : 小池真理子(コイケマリコ)

発売日:2016年10月13日  定価:本体704円 + 税
ISBN :978-4-575-51933-4

男を車で撥ねて死なせてしまった女は、記憶喪失のホームレスを男の身代わりに仕立てる。些細な偶然によって平凡だった人生が濁流に呑み込まれていく。その先に待ち受けるのは、成功か破滅か……。長編傑作サスペンス!

line

文庫 死に向かうアダージョ 新装版
著 : 小池真理子(コイケマリコ)

発売日:2015年09月10日  定価:本体676円 + 税
ISBN :978-4-575-51816-0

死に魅入られた二人の男女は、甘美な充足感中で終焉を迎えるはずだった。アルビノーニの荘厳な旋律に浸りながら……。しかし雪に閉ざされた山小屋で、愛と孤独、そしてほんの少しの偶然が、事態を予期せぬ方向へと導いていく。傑作心理サスペンス!

line

文庫 日本推理作家協会賞受賞作家 傑作短編集 2 雪国にて 北海道・東北編
著 : 小池真理子(コイケマリコ)
著 : 森村誠一(モリムラセイイチ)
著 : 水谷準(ミズタニジュン)
著 : 松本清張(マツモトセイチョウ)
著 : 日下圭介(クサカケイスケ)
著 : 高橋克彦(タカハシカツヒコ)

発売日:2015年06月11日  定価:本体620円 + 税
ISBN :978-4-575-65894-1

小池真理子、森村誠一、水谷準、松本清張、日下圭介、高橋克彦。日本推理作家協会で主催する「日本推理作家協会賞」を受賞した作家たちの傑作短編を集めた新シリーズ第二弾。雪の降る街を舞台に繰り広げられる珠玉のミステリーを6編収録。

line

文庫 新装版 あなたに捧げる犯罪
著 : 小池真理子(コイケマリコ)

発売日:2014年02月12日  定価:本体638円 + 税
ISBN :978-4-575-51650-0

突然現れた妻の旧友は、厚顔で鼻持ちならない女だった。従順な妻を家政婦のように扱い、平穏だった家庭生活を掻き乱していく。そんな彼女に夫は不快感を募らせていくのだ  ...続き.>

line

文庫 新装版 懐かしい骨
著 : 小池真理子(コイケマリコ)

発売日:2013年06月13日  定価:本体657円 + 税
ISBN :978-4-575-51586-2

両親が亡くなり、解体した実家の物置の床下から白骨死体が発見された。娘である早紀子は、25年前の記憶を辿るうちに、ある事件に思い当たる。この骨は過去の犯罪を告発すべく現われたのか……。繊細なタッチで描く戦慄の長編サスペンス。

line

文庫 新装版 恐怖配達人
著 : 小池真理子(コイケマリコ)

発売日:2012年08月09日  定価:本体619円 + 税
ISBN :978-4-575-51515-2

穏やかで平凡な暮らしをしてたはずなのにに、たったひとつ、選択を誤ったために、まるでドミノ倒しのように悲劇へと向かってしまう。予測のつかない恐怖を描いた傑作短編サスペンス!

line

文庫 日本推理作家協会賞受賞作全集 76 短篇集 4 
著 : 小池真理子(コイケマリコ)
著 : 鈴木輝一郎(スズキキイチロウ)
著 : 斎藤純(サイトウジュン)

発売日:2008年06月12日  定価:本体552円 + 税
ISBN :978-4-575-65875-0

慎ましい家庭の平穏が、突然訪れた妻の友によって乱されていく。そこに仕組まれた巧妙な計画──「妻の女友達」・託老所の入所者が、立て続けに首吊り自殺する。まさか痴呆  ...続き.>

line

文庫 ノスタルジア
著 : 小池真理子(コイケマリコ)

発売日:2002年12月17日  定価:本体552円 + 税
ISBN :4-575-50863-2

平野繭子はかつて、親子ほど年の違う妻子ある作家・仙波雅彦と愛し合っていた。彼の突然の死から15年──。彼女の前に雅彦の息子を名乗る人物が現れる。父親と生き写しの彼に衝  ...続き.>