作家一覧 ジャンル一覧
検索ワード ”きづきあきら”


line

コミック 無敵の人 1
著 : きづきあきら(キヅキアキラ)
著 : サトウナンキ(サトウナンキ)

発売日:2019年08月08日  定価:本体620円 + 税
ISBN :978-4-575-85336-0

【無敵の人】――社会から孤立し失うモノが何もなくなった弱い存在をネットでは皮肉を込めてそう呼んだ。
主人公の女子高生・高瀬いのりは、引きこもりの兄から性的  ...続き.>

line

コミック 奈落の羊 6 完
著 : きづきあきら(キヅキアキラ)
著 : サトウナンキ(サトウナンキ)

発売日:2017年11月28日  定価:本体600円 + 税
ISBN :978-4-575-85069-7

【生配信】が趣味の大学生・修二は、配信の相方である援交女性・メイを風俗店から連れ出したことで、ヤクザから追われることに。家族も家も失った修二だったが、身を潜め  ...続き.>

line

コミック 奈落の羊 5
著 : きづきあきら(キヅキアキラ)
著 : サトウナンキ(サトウナンキ)

発売日:2017年07月28日  定価:本体600円 + 税
ISBN :978-4-575-85011-6

【生配信】が趣味の真凛は高級マンションに住む小学生。引っ越してきたばかりの彼女だが、同級生が組織的な売春に巻き込まれているのを知り、救い出そうと計画する。だが  ...続き.>

line

コミック 奈落の羊 4
著 : きづきあきら(キヅキアキラ)
著 : サトウナンキ(サトウナンキ)

発売日:2017年03月28日  定価:本体600円 + 税
ISBN :978-4-575-84951-6

【生配信】が趣味の自堕落な大学生・修二は、ひょんなことから援交女性・メイと出会い、彼女を配信してリスナーから金を集めていた。そんなある日、突如メイの風俗店への  ...続き.>

line

コミック 奈落の羊 3
著 : きづきあきら(キヅキアキラ)
著 : サトウナンキ(サトウナンキ)

発売日:2016年11月28日  定価:本体600円 + 税
ISBN :978-4-575-84888-5

【生配信】が趣味の自堕落な大学生・修二は、ひょんなことから援交女性・メイと出会い、彼女を配信してリスナーから金を集めていた。だがギバちゃんという男と関わった頃  ...続き.>

line

コミック 奈落の羊 2
著 : きづきあきら(キヅキアキラ)
著 : サトウナンキ(サトウナンキ)

発売日:2016年07月28日  定価:本体600円 + 税
ISBN :978-4-575-84831-1

【生配信】が唯一の趣味という自堕落な生活を送る大学生・修二は、ひょんなことからネカフェ住まいの援交女性・メイと出会う。彼女を利用してリスナーから金を集めようと  ...続き.>

line

コミック 奈落の羊 1
著 : きづきあきら(キヅキアキラ)
著 : サトウナンキ(サトウナンキ)

発売日:2016年03月28日  定価:本体600円 + 税
ISBN :978-4-575-84774-1

自堕落な生活を送る大学生・修二の唯一の趣味は【生配信】。ネットで人気者になれば就職せずとも生きていけると信じる彼は、ある日、ネカフェ住まいの援交女性・メイと出  ...続き.>

line

コミック さよならハルメギド 3 完
著 : きづきあきら(キヅキアキラ)
著 : サトウナンキ(サトウナンキ)

発売日:2015年07月10日  定価:本体620円 + 税
ISBN :978-4-575-84643-0

父親による子供への虐待を理由に離婚した母親と、母子寮で暮らす小学校三年生・将太。復縁を願う父親だったが、母親の大学の友人・優馬が現れると、次第に焦りを覚え始め  ...続き.>

line

コミック さよならハルメギド 2
著 : きづきあきら(キヅキアキラ)
著 : サトウナンキ(サトウナンキ)

発売日:2014年08月09日  定価:本体620円 + 税
ISBN :978-4-575-84467-2

父親による子供への虐待を理由に離婚した母親と、母子寮で暮らす小学校三年生・将太。それでも父親が大好きな将太は、母親に近付いてきた青年・優馬が「家族」という自分  ...続き.>

line

コミック さよならハルメギド 1
著 : きづきあきら(キヅキアキラ)
著 : サトウナンキ(サトウナンキ)

発売日:2014年07月10日  定価:本体620円 + 税
ISBN :978-4-575-84443-6

時は一九八九年。主人公・将太は母子寮で母と暮らす小学三年生。両親の離婚は自分のせいと思い込む将太は、二人に元の関係に戻って欲しいと願っていた。そんな時ある青年  ...続き.>