検索の説明
サイトマップ




平成26年11月末日締切の第37回小説推理新人賞は、282編のご応募をいただきました。第1〜2次選考のあと、選考委員(小池真理子、真保裕一、貫井徳郎各氏)による厳正な最終選考の結果、受賞作は清水杜氏彦氏の「電話で、その日の服装等を言い当てる女について」に決定いたしました。
当編集部ではひきつづき第38回小説推理新人賞の原稿を募集します。フレッシュで独創的な、ミステリー界に新風を吹き込む作品を、奮ってお寄せください。

大沢在昌、千野隆司、香納諒一、本多孝好、永井するみ、大倉崇裕、岡田秀文、
翔田寛、長岡弘樹、蒼井上鷹、垣谷美雨、湊かなえ ほか各氏を輩出!

真保裕一  小池真理子  貫井徳郎

応募規定

【資 格】
新人に限る。過去に出版社からの依頼で小説を書き、発表した方は応募不可。性別、年齢は問いません。
【内 容】
広義の推理小説を対象とし、未発表原稿に限ります。
【枚 数】
400字詰め原稿用紙換算80枚以内(枚数オーバーの場合は失格)。
【締切り】
平成27年11月30日(当日消印有効)。
【発 表】
中間発表=本誌平成28年7月号誌上。入選発表=本誌同8月号誌上。
【入 選】
正賞及び副賞100万円。
【宛 先】
〒162−8540 東京都新宿区東五軒町3−28  双葉社 文芸出版部 「小説推理新人賞」係

注意事項

line