検索の説明
サイトマップ


媒体資料一覧
ジャンル一覧へ

« 前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ »

※発売日は地域によって異なります。

line

著:綾辻行人  著:石川喬司  著:大下宇陀児  著:大坪砂男  著:加納一郎  著:香山滋   
発売日:2017年06月15日  定価:本体630円 + 税

療養がてら実家に戻った作家が、犬の散歩の際に訪れた河原で、のっぺらぼうの奇妙な人形を拾う(「人形」)。小さな箱を携え、エーゲ海の船旅に参加した男が、いけす  ...続き.>

line

著:京極夏彦  著:小松左京  著:中島らも  著:日影丈吉  著:山田風太郎  著:山村正夫   
発売日:2017年06月15日  定価:本体630円 + 税

同居の老人の奇行に悩まされ追い詰められた主婦が、一線を越えた末に信じがたい事実を知ることになる(「厭な老人」)。静かな部屋で時刻を告げる古い鳩啼時計には、  ...続き.>

line

著:北森鴻   
発売日:2016年06月16日  定価:本体583円 + 税

年老いた俳人・片岡草魚が孤独死した。彼と親交のあったフリーライターの飯島七緒は、草魚の死の真相を追ううちに、彼の故郷の山口県で起こったある事件にたどりつく  ...続き.>

line

著:香納諒一   
発売日:2016年06月16日  定価:本体926円 + 税

五年前、突然姿を消した女、瞭子と偶然再会した栖本誠次は、翌朝彼女の死を知る。手がかりを求めて訪ねた彼女の故郷には、別の人間の少女時代が。愛した女は何者だったのか? 孤独で真摯な愛の行方をサスペンスフルに描いた日本推理作家協会賞長編賞受賞の傑作。

line

著:有馬頼義  著:石沢英太郎  著:江戸川乱歩  著:折原一  著:鈴木輝一郎  著:宮部みゆき   
発売日:2016年06月16日  定価:本体694円 + 税

隣家の人妻に思いを抱く少年が、明け方に隣りの裏庭で繰り広げられる奇妙な光景を目にすることになる(「空家の少年」)。事故で夫を喪った隣家の未亡人が、夫がかわ  ...続き.>

line

著:阿刀田高  著:鮎川哲也  著:戸板康二  著:皆川博子  著:辻真先  著:西村京太郎   
発売日:2015年06月11日  定価:本体639円 + 税

阿刀田高、鮎川哲也、戸板康二、皆川博子、辻真先、西村京太郎。日本推理作家協会で主催する「日本推理作家協会賞」を受賞した作家たちの傑作短編を集めた新シリーズ第一弾。古都金沢を舞台に繰り広げられる珠玉のミステリーを6編収録。

line

著:小池真理子  著:森村誠一  著:水谷準  著:松本清張  著:日下圭介  著:高橋克彦   
発売日:2015年06月11日  定価:本体620円 + 税

小池真理子、森村誠一、水谷準、松本清張、日下圭介、高橋克彦。日本推理作家協会で主催する「日本推理作家協会賞」を受賞した作家たちの傑作短編を集めた新シリーズ第二弾。雪の降る街を舞台に繰り広げられる珠玉のミステリーを6編収録。

line

著:馳星周   
発売日:2014年06月12日  定価:本体796円 + 税

中国系裏社会のボスのひとりである、崔虎の手下の大物幹部が射殺された。やったのはプロだ、探し出すんだ。金欲しさに元刑事の滝沢が動く。そのプロ、郭秋生に殺しを  ...続き.>

line

著:桐野夏生   
発売日:2014年06月12日  定価:本体694円 + 税

心の通わぬ家族に重荷を感じる雅子、姑の介護に倦み疲れたヨシエ、見栄っ張りで借金返済に追われる邦子、そして夫の裏切りに絶望する美貌の若妻・弥生――お互い助け合  ...続き.>

line

著:桐野夏生   
発売日:2014年06月12日  定価:本体648円 + 税

雅子が主導し、死体はうまく〈処分〉することができた。だが、鉄壁と思われた主婦仲間のバランスは崩れ、綻びが生じる。やがてブレーキの壊れた自転車が坂道を転がる  ...続き.>

line

著:笠井潔   
発売日:2014年06月12日  定価:本体694円 + 税

綾辻行人『十角館の殺人』で扉が開けられた〈新本格〉。10年後、活気溢れる本格ミステリの核となっている作家に、気鋭の評論家が独自の視点でアプローチしていく。上  ...続き.>

line

著:笠井潔   
発売日:2014年06月12日  定価:本体676円 + 税

ますます多様化していった1990年代の日本のミステリ界において、本格ミステリはどのような姿を見せていたのか。気鋭の評論家による鮮やかな作家論が、それを解き明か  ...続き.>

line

著:風間賢二   
発売日:2014年06月12日  定価:本体648円 + 税

文学の発生と同時に存在していたのが、恐怖の物語である。そこからいかにしてホラー小説がジャンルとして確立されたのか。西欧ホラー小説の系譜をたどり、その特性を  ...続き.>

line

著:真保裕一   
発売日:2012年06月14日  定価:本体714円 + 税

友人の雅人がヤクザから1260万円の借金を! そんな大金、あるわけない。おれは偽札を作ることにした。騙すのは銀行の両替機だ。精巧なものは必要ない。センサーさえ  ...続き.>

line

著:真保裕一   
発売日:2012年06月14日  定価:本体714円 + 税

印刷機、スキャナー、用紙、インク……。偽札造りの世界で「彫りの鉄」として知られるじじいと組んだ、完璧な偽札を造るという夢が、あと一歩で叶うという時、それを狙う組織の邪魔が。おれは許さない! 偽札を使った復讐の旅が始まる。

« 前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ »