検索の説明
サイトマップ


媒体資料一覧
ジャンル一覧へ

« 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 次へ »

※発売日は地域によって異なります。

line

著:黒木久勝   
発売日:2017年04月13日  定価:本体611円 + 税

最愛のひとは、父の仇だった――吉原での香競べの帰途、秘蔵の伽羅・黒影夜叉を狙って襲ってきた長谷川一馬と対決し、斬られたおりん。絶体絶命のところで真木野左内に  ...続き.>

line

著:黒木久勝   
発売日:2016年09月15日  定価:本体611円 + 税

父仙三郎の仇を討つために左内から剣術を習うおりん。左内への想いを秘めつつ、確実に腕を上げていくおりんに、左内は一振りの刀を渡す。一方、京から商売敵の丁子屋  ...続き.>

line

著:飯島一次   
発売日:2016年09月15日  定価:本体583円 + 税

その美貌に加え、謎解きの才までもが江戸中に広まり、“室町小町”お雪を訪ねてくる者は引きも切らず、呉服屋・三浦屋は連日、押すな押すなの大混雑。主の善右衛門は騒  ...続き.>

line

著:飯島一次   
発売日:2016年05月12日  定価:本体593円 + 税

神田お玉が池の境内で、日本橋の質屋「上州屋」の娘が首を吊っているのが見つかる。縁談も決まっていた娘の自死に納得のいかない上州屋の主は、三浦屋の箱入り娘・お  ...続き.>

line

著:浮穴みみ   
発売日:2016年04月14日  定価:本体630円 + 税

火付けで家も家族も失った瀬戸物屋の娘・おるん。さらに視力までも奪われる。絶望の淵から救ってくれたのは、許婚のいる男だった。道ならぬ恋に苦しむおるんは、一体  ...続き.>

line

著:黒木久勝   
発売日:2016年04月14日  定価:本体602円 + 税

何者かによって殺された父の跡を継ぎ、香木屋『芳楽堂』の若女将として懸命に働くおりんは、持ち前の鋭敏な嗅覚で口臭を消す飴を編み出し、評判を取る。身体から芳香  ...続き.>

line

著:佐々木裕一   
発売日:2016年03月10日  定価:本体630円 + 税

とあるできごとがきっかけで藩を離れ、長屋で医者をすることになった浪人者の仕官を巡って事件が起こる「ちからこぶ」。親の進める縁談が気に食わず、想いを寄せる娘  ...続き.>

line

著:今井絵美子   
発売日:2016年02月10日  定価:本体611円 + 税

舩松町の小料理屋「川瀬」の一人娘の葵が、草の実荘で手習塾を開く矢崎三之進のもとに通うことになり、草の実荘は相も変わらず騒がしい日々が続いていた。そんな折り  ...続き.>

line

著:岡田秀文   
発売日:2016年01月14日  定価:本体574円 + 税

戦国の覇者・織田信長の姿を、血縁者や家臣、ライバルたちの目を通して描く短編集。上杉謙信・蒲生氏郷・柴田勝家・足利義昭・土田御前ら、戦国に生きた者たちの生涯をも描く。文芸評論家・縄田一男氏をして「信長の魅力を語った希有の一巻」と言わしめた話題作。

line

著:飯島一次   
発売日:2016年01月14日  定価:本体565円 + 税

日本橋の呉服商「三浦屋」の箱入り娘、お雪は今年十九。その美しさは広く江戸中に知れ渡り、〝室町小町〟と謳われるが、本人はいたって内気で、家に引きこもる毎日。  ...続き.>

line

著:黒木久勝   
発売日:2015年12月10日  定価:本体602円 + 税

香木屋・芳楽堂のひとり娘、おりんは旗本出身の香司、父仙三郎の愛情を一身に受け、何不自由なく育つ。生来の卓抜した嗅覚の持ち主であるおりんは父の跡を継ぎたいと  ...続き.>

line

著:安芸宗一郎   
発売日:2015年10月15日  定価:本体639円 + 税

南町奉行の御用絵師金蔵の屋敷に厄介になっている弥生と小佐郎の姉弟は、縁切り神社で有名な叶神社で、日本橋豊島屋の女中おみつの死を祈願する願い文を目にする。それからおよそ十日後、不忍池でおみつの死体があがり……。書き下ろしシリーズ第三弾。

line

著:佐々木裕一   
発売日:2015年09月10日  定価:本体620円 + 税

さまよう霊を憑依させ、占いで生計をたてる“市子”が、とある依頼を受けたことをきっかけに、騒動に巻き込まれる(「うきあし」)。同心の手先をしている金物屋の主人  ...続き.>

line

著:飯島一次   
発売日:2015年09月10日  定価:本体611円 + 税

日本橋の豪商「駿河屋」に阿弥陀小僧の御札が貼られ、大騒ぎになる。そんな中、駿河の小藩の若殿様が、「盗まれる前にお宝を見たい」と店を訪れる。藩の御用達でもあ  ...続き.>

line

著:小杉健治   
発売日:2015年08月06日  定価:本体630円 + 税

古着屋の食客・板吉は、左腕に火傷を負って幻宗の施療院へ通っていた。治療にあたった新吾は、その火傷の不自然さから、刺青などなにかを消した痕ではないかと訝る。  ...続き.>

« 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 次へ »