検索の説明
サイトマップ


媒体資料一覧
ジャンル一覧へ

« 前へ 1 2 次へ »

※発売日は地域によって異なります。

line

著:千野隆司   
発売日:2017年10月12日  定価:本体611円 + 税

深刻な東北の飢饉に比べればましだったが、高岡藩でも例年の七割ほどの米しか収穫できなかった。百姓を搾り上げることで急場を凌ごうとする国家老に正紀は反対するも  ...続き.>

line

著:千野隆司   
発売日:2017年09月14日  定価:本体602円 + 税

一俵でも禄高が減れば旗本に格下げになる、ぎりぎり一万石の大名家に婿として入った十七歳の若者が、失敗を繰り返しながらも奮闘し、家臣や領民と徐々に心を繋げて藩  ...続き.>

line

著:千野隆司   
発売日:2017年07月13日  定価:本体593円 + 税

仇討ちの父子を道場に居候させた豊之助。おんぼろ道場は新弟子も増え、ますます手狭になってきた。調べを進めるにつれ、仇はどうやら江戸を騒がす火付け強盗の頭らし  ...続き.>

line

著:千野隆司   
発売日:2017年04月13日  定価:本体611円 + 税

多くの人、家屋の被害を招いた神田上水白堀決壊は人災だったのか!? 決壊当夜、不審な人影の目撃情報を得た普請奉行に頼まれ探索をはじめた豊之助は、驚くべき真相へ  ...続き.>

line

著:千野隆司   
発売日:2016年12月15日  定価:本体611円 + 税

刺殺された材木屋の番頭の腹に刺さっていた脇差は、豊之助の弟弟子のものだった。同心の探索に手を貸しながらも、無実を祈る豊之助だったが……。 書き下ろし長編時代  ...続き.>

line

著:千野隆司   
発売日:2016年03月10日  定価:本体602円 + 税

幾人もの侍に襲われていた若侍を助けた豊之助。若侍は帰る家がないと、豊之助のボロ道場に身を寄せる。ところが、この若侍を巡り、水面下で大騒動が起こっていた。書  ...続き.>

line

著:千野隆司   
発売日:2015年10月15日  定価:本体593円 + 税

北町奉行・永田備前守正直の三男坊である豊之助が引き受けたボロ道場に、大挙して弟子入り志願の町人が押しかけた。首を捻りながらも喜ぶ豊之助だったが……。人情あり  ...続き.>

line

著:千野隆司   
発売日:2015年07月16日  定価:本体611円 + 税

中西道場免許皆伝である豊之助は、師の忠兵衛から本所の来栖道場立て直しを命じられる。ところが道場主は家賃を滞納し、借金をつくって夜逃げしていた。借金取りの老  ...続き.>

line

著:千野隆司   
発売日:2014年02月12日  定価:本体619円 + 税

歳の瀬の迫った師走。見習いだった淳之助も、いよいよ正式な定町廻り同心になる日が迫ってきた。町名主須崎屋茂右衛門と父鈴原左門を殺した人物を探っていた淳之助と  ...続き.>

line

著:千野隆司   
発売日:2013年11月14日  定価:本体600円 + 税

岡っ引き繁蔵の旧友である木戸番が闇討ちにあった。人に怨みを買うような男ではない。原因は繁蔵、それも父・左門の仇捜しにあると淳之助は睨み、探索を始めた。繁蔵  ...続き.>

line

著:千野隆司   
発売日:2013年08月08日  定価:本体600円 + 税

商家の若旦那の刺殺、そして、闇討ちにされた身元不明の浪人。二つの血腥い事件は、某藩の主権争いをもはらんだ、闇米の企ての一端だった。父の仇を捜す淳之助は偶然  ...続き.>

line

著:千野隆司   
発売日:2013年02月14日  定価:本体619円 + 税

元の主人を殺めた咎で斬首を待つ商人は冤罪ではないか――調べを進めれば進めるほど淳之助にはそう思えた。しかし、事を明らかにすることは、商人を捕らえ、取り調べた  ...続き.>

line

著:千野隆司   
発売日:2012年09月13日  定価:本体581円 + 税

お役目中に殺された父の遺志を継ぎ、同心となった鈴原淳之助は、鏡新明智流免許皆伝の腕前だが、弱冠十八歳だ。勢津、茜の友人たち、岡っ引きの繁蔵、例繰り方の与力  ...続き.>

line

著:千野隆司   
発売日:2012年01月12日  定価:本体600円 + 税

三樹之助、志保は、辻斬りの現場に居合わせた。それは、どうやら単なる物盗りではなく、材木問屋主人を狙っての犯行のようだった。調べを始めた源兵衛、三樹之助は、  ...続き.>

line

著:千野隆司   
発売日:2011年11月10日  定価:本体581円 + 税

留守がちな源兵衛に代わって夢の湯を切り盛りしているお久は、三年前に版木彫り職人の亭主乙松を亡くした。九年前、乙松と弟弟子の竹造はお久に恋をした。お久の心は  ...続き.>

« 前へ 1 2 次へ »