検索の説明
サイトマップ


媒体資料一覧
ジャンル一覧へ

« 前へ 1 2 3 次へ »

※発売日は地域によって異なります。

line

著:稲葉稔   
発売日:2018年07月12日  定価:本体611円 + 税

霧の津軽沖で突如目撃された不気味な黒船。神出鬼没の船影は徐々に南下し、幕府を挑発するがごとく江戸に近づいてくる。これは国難の前触れなのか。狙いは何なのか。  ...続き.>

line

著:稲葉稔   
発売日:2018年05月10日  定価:本体602円 + 税

浦賀で暗躍する武器弾薬の密貿易一味を、馬庭念流の剛剣で押さえた幕府の密使・不知火隼人。だが、頭目の男は江戸城に護送される途中で舌を噛んで自害し、関与が疑わ  ...続き.>

line

著:稲葉稔   
発売日:2018年04月12日  定価:本体583円 + 税

裏小路でひっそり居酒屋を営む八雲兼四郎の武勇を見抜き、外道を闇に葬る浪人奉行の影役目を与えた升屋九右衛門が新たな”仕事”を頼んできた。東海道の大井村近辺で殺  ...続き.>

line

著:稲葉稔   
発売日:2018年02月15日  定価:本体611円 + 税

端正な顔立ちと隆とした身体で女たちを虜にする謎の侍、不知火隼人。その正体は将軍の隠し子にして、剛剣と短筒を自在に操る幕府の凄腕密使だった! 大奥御年寄歌橋  ...続き.>

line

著:稲葉稔   
発売日:2017年12月14日  定価:本体602円 + 税

苛烈な過去を乗り越え、ようやく剣友春之助と和解した八雲兼四郎。共に道場をやろうと誘う友の真心を嬉しく思いつつも、麹町で営む居酒屋「いろは屋」で再び常連客に  ...続き.>

line

著:稲葉稔   
発売日:2017年10月12日  定価:本体630円 + 税

深川の泉養寺脇道で二人の浪人が斬殺された。本所見廻り同心の深見十兵衛は、その凄烈な太刀筋に息を呑む。下手人は相当な手練と睨んだ十兵衛はやがて、殺された二人  ...続き.>

line

著:稲葉稔   
発売日:2017年07月13日  定価:本体583円 + 税

哀しい過去を断ち切るべく、封印していた剣を再び握った八雲兼四郎。表の顔は干物とめし、酒しか出さぬ店「いろは屋」若大将、裏の顔は許せぬ外道を冥土に送る浪人奉  ...続き.>

line

著:稲葉稔   
発売日:2017年05月11日  定価:本体602円 + 税

ならず者の清次郎が竪川三ツ目橋の袂で菰包みの骸となって見つかった。本所見廻り同心の深見十兵衛は下手人探しに奔走するも、耳にするのは強請りに手込めと非道を極  ...続き.>

line

著:稲葉稔   
発売日:2017年03月16日  定価:本体583円 + 税

麹町裏小路で干物とめし、酒しか出さぬ店「いろは屋」を営む八雲兼四郎。寡黙な兼四郎はかつて凄腕の遣い手として鳴らしていたが、ある事情から剣を封印していた。だ  ...続き.>

line

著:稲葉稔   
発売日:2016年09月15日  定価:本体602円 + 税

火の見櫓で飛び降り騒ぎを起こした女を救った桜井慎之介はその女、お高から”仕事”を頼まれる。雪駄問屋の出戻り娘であるお高は摺り師の藤十郎への片恋に身を焦がして  ...続き.>

line

著:稲葉稔   
発売日:2015年10月15日  定価:本体620円 + 税

江戸屈指の仏壇屋『芳徳』の跡継ぎ、長兵衛が忽然と姿を消した。金持ちを強請って養護所設立の元手を稼ぐ日々に行き詰まりを感じていた桜井慎之介は、人助けでまっと  ...続き.>

line

著:稲葉稔   
発売日:2015年09月10日  定価:本体593円 + 税

ほろ酔い加減のところを拉致された桜井慎之介は、岡部四郎三郎と名乗る謎の侍に老中筆頭・水野出羽守の暗殺を持ちかけられる。その報酬、首尾よく運べば二百両。出羽  ...続き.>

line

著:稲葉稔   
発売日:2014年12月11日  定価:本体611円 + 税

酔った勢いで有り金全部を若後家への餞別に渡してしまった桜井慎之介。孤児のための養護所建設の夢は振り出しに戻るも、慎之介はめげない。今度は魚河岸で悪どく儲け  ...続き.>

line

著:稲葉稔   
発売日:2014年11月13日  定価:本体583円 + 税

懐は素寒貧、だけど笑顔は百万両! 旗本育ちの快男児・桜井慎之介が孤児たちの養護所を作るべく、資金稼ぎに危ない橋を渡りまくる。一刀流の剛剣と気風の良さを武器  ...続き.>

line

著:稲葉稔   
発売日:2014年10月16日  定価:本体648円 + 税

大盗賊血筆の左平次を捕縛した喜びも束の間、水野家の金蔵襲撃とは無関係だったことが判明する。盗まれた二万五千両は何処へ消えたのか。先手御用掛の宇佐見平四郎は  ...続き.>

« 前へ 1 2 3 次へ »