検索の説明
サイトマップ


媒体資料一覧
ジャンル一覧へ

« 前へ 1 2 次へ »

※発売日は地域によって異なります。

line

著:風野真知雄   
発売日:2017年03月16日  定価:本体574円 + 税

桃太郎と珠子・桃子母娘が住む「かわうそ長屋」に、またもや変な住人が入ってきた。三人家族で犬を飼っているのだが、犬の方が人間よりもはるかにいいものを食べてい  ...続き.>

line

著:風野真知雄   
発売日:2016年12月15日  定価:本体574円 + 税

越後屋に数々の嫌がらせをしてきた悪党の名が、ついに明らかになった。愛坂桃太郎は、その人物の意外な正体、そして目的に驚くが、何とか一連の事件にケリをつけるこ  ...続き.>

line

著:風野真知雄   
発売日:2016年07月14日  定価:本体574円 + 税

桃子を背負って街を歩いているところを、妻・千賀の叔父に見られてしまった愛坂桃太郎。しかも、その叔父は母親の珠子の隣の家に住みつき、桃太郎が何かと一家の世話  ...続き.>

line

著:風野真知雄   
発売日:2016年04月14日  定価:本体574円 + 税

「越後屋」に「なんとしても店をつぶす」と書かれた脅迫状が届く。差出人は、これまでの嫌がらせの張本人で、しかも越後屋の店前で何者かに殺された旗本と深い関係に  ...続き.>

line

著:風野真知雄   
発売日:2015年11月12日  定価:本体574円 + 税

三井清左衛門たっての頼みで〈越後屋〉への嫌がらせの解決に協力することになってしまった元目付の愛坂桃太郎。調べを進めていくうちに、「かわうそ長屋」の住人が関  ...続き.>

line

著:風野真知雄   
発売日:2015年06月11日  定価:本体574円 + 税

元目付の愛坂桃太郎・58歳は、跡継ぎ息子の仁吾が日本橋の人気芸者・珠子につくらせた外孫・桃子の可愛らしさにめろめろになり、相変わらず何かと世話を焼く毎日。桃  ...続き.>

line

著:風野真知雄   
発売日:2015年05月14日  定価:本体593円 + 税

元目付の愛坂桃太郎は、不肖の息子が芸者・珠子に作らせた外孫・桃子に出会い、その可愛らしさにメロメロになってしまう。孫可愛さのあまり、常に孫を背中に背負って  ...続き.>

line

著:風野真知雄   
発売日:2014年11月13日  定価:本体593円 + 税

同じ町内のあちこちで、季節外れの幽霊が出た。鎧武者の幽霊、美女の幽霊、猫の幽霊……。ただ、出現した場所や時間は微妙に異なり、互いにまるで関係はなさそうなのだ  ...続き.>

line

著:風野真知雄   
発売日:2014年07月09日  定価:本体593円 + 税

江戸湾にクジラが迷い込んできた。漁師たちが仕留めようとするが、クジラは逃げて行ってしまう。数日後、クジラは再び現われ、今度こそ漁師が捕まえて、魚河岸に引き  ...続き.>

line

著:風野真知雄   
発売日:2014年03月13日  定価:本体581円 + 税

生まれたばかりの赤ちゃんがさらわれる事件が、日本橋界隈で相次いだ。さっそく探索に乗り出した竜之助だが、今度は先輩同心の赤ちゃんまでさらわれてしまう。いった  ...続き.>

line

著:風野真知雄   
発売日:2013年11月14日  定価:本体581円 + 税

神田界隈で、一家全員が突然、唄い踊り出していなくなるという事件が相次いだ。一方、竜之助の身辺に、踊りながら人を斬る「舞踏流」という奇妙な剣を遣う男が現れた  ...続き.>

line

著:風野真知雄   
発売日:2013年07月11日  定価:本体581円 + 税

怪盗・南蛮小僧が江戸の町に現れた。黒船がもたらした蒸気の力で、蔵をこじ開け、中の千両箱を奪い取っていくという。しかも、神出鬼没、いまだ、その正体を見極めた  ...続き.>

line

著:風野真知雄   
発売日:2013年02月14日  定価:本体581円 + 税

平穏な江戸の町で、芸者の置屋で寝ていた四人の妓が頭を丸刈りにされた、洗濯物が物干し竿から盗まれた、犬が屋根に登ったなどと奇妙な事件が南町奉行所に持ち込まれ  ...続き.>

line

著:風野真知雄   
発売日:2012年09月13日  定価:本体581円 + 税

浅草寺の裏に地元のやくざが巨大なお化け屋敷をつくった。これが、本物のお化けが出るという噂もあって連日、大にぎわい。おりしもこの屋敷で人殺しがあったとの報せ  ...続き.>

line

著:風野真知雄   
発売日:2012年05月10日  定価:本体581円 + 税

辻斬りが連続する江戸の町で、巨大な動物に踏まれて圧死する事件が起きた。南町奉行所の定回り同心たちはフグ中毒で壊滅状態。ひとり元気な見習い同心徳川竜之助が奇怪な事件を抱え込み奔走する。読者の熱い要望に応えた、待望の新シリーズ。

« 前へ 1 2 次へ »