検索の説明
サイトマップ


媒体資料一覧
ジャンル一覧へ

« 前へ 1 2 3 4 次へ »

※発売日は地域によって異なります。

line

著:藤井邦夫   
発売日:2012年04月12日  定価:本体619円 + 税

日本橋室町の小間物屋紅梅堂の周辺をうろつく遊び人風の若い男を探りはじめた臨時廻り同心白縫半兵衛。そんな折り、北町奉行所与力大久保忠左衛門の妻加世の実家、旗  ...続き.>

line

著:藤井邦夫   
発売日:2011年12月15日  定価:本体619円 + 税

御禁制の品の探索をしていた北町奉行所隠密廻り同心の原田平四郎が消息を絶った。与力の大久保忠左衛門の命を受け、原田の行方を追い始めた白縫半兵衛は、深川の廻船問屋「湊屋」を探りはじめるが……。書き下ろし人気時代小説シリーズ第十六弾。

line

著:藤井邦夫   
発売日:2011年08月11日  定価:本体619円 + 税

寄合に行ったきり行方を晦ましていた打ち物屋・堺屋の主、宗右衛門が、その十日後、浅草雷門の前で記憶を失い、みすぼらしい人足姿で発見される。北町奉行所臨時廻り  ...続き.>

line

著:藤井邦夫   
発売日:2011年05月12日  定価:本体619円 + 税

大身旗本佐橋主計の嫡男京一郎が、覆面の侍に襲われ重傷を負った。佐橋家が主筋の与力大久保忠左衛門に呼び出された北町奉行所臨時廻り同心白縫半兵衛は、秘密裏の覆面の侍を捕らえてほしいと頼まれるが……。人気書き下ろし時代小説シリーズ第十四弾。

line

著:藤井邦夫   
発売日:2010年10月14日  定価:本体619円 + 税

赤坂御門傍の溜池脇で男が滅多刺しにされて殺された。北町奉行所臨時廻り同心の白縫半兵衛と役者くずれの鶴次郎が探索を開始するが、男は昔、中村座の大部屋役者をしていた女衒の栄吉だとわかり……。北町奉行所の同心・白縫半兵衛の人情裁きを描くシリーズ第十三弾。

line

著:藤井邦夫   
発売日:2010年05月13日  定価:本体619円 + 税

北町奉行所臨時廻り同心の白縫半兵衛宅に、一匹の三毛猫が迷いこんだ。首に巻かれた小さな布切れにあった文字をたよりに飼い主に三毛猫を無事届けた半兵衛。そんな折  ...続き.>

line

著:藤井邦夫   
発売日:2010年01月07日  定価:本体619円 + 税

北町奉行所の支配与力大久保忠左衛門に呼び出された半兵衛は、おふみという女の行方を探せと命じられる。大身旗本の台所女中だったおふみは、二十五両もの金を持って逐電したというのだが…。好評シリーズ第十一弾。

line

著:藤井邦夫   
発売日:2009年10月15日  定価:本体619円 + 税

同心の白縫半兵衛らは、辻斬り強盗の捕物の際に、人足の峰吉と関わりを持った。そんな折、廻り髪結の房吉は、匕首を持った男たちが峰吉を襲おうとする現場に遭遇する。毎日、思案橋の袂に佇む峰吉の腕には、三分二筋の入墨があり…。シリーズ第十弾。

line

著:藤井邦夫   
発売日:2009年07月16日  定価:本体619円 + 税

日本橋の呉服屋「青木屋」が所有する本所の空き家が付け火で全焼した。同心の小平太と岡っ引の彦八は、現場近くで酔いつぶれていた日雇い人足の又吉を下手人として捕らえたが、捕違いを危惧する北町与力忠左衛門は同心の半兵衛に探索を命じる。

line

著:藤井邦夫   
発売日:2009年02月12日  定価:本体619円 + 税

音羽町の玩具屋「童や」の娘・おみよが手込めにされた上に絞め殺され、江戸川に浮かんだ。北町同心の白縫半兵衛は「童や」に内職の凧を納める浪人、山崎平四郎に目を  ...続き.>

line

著:藤井邦夫   
発売日:2008年09月11日  定価:本体619円 + 税

安中藩江戸留守居役の江藤刑部が囲っていた女、お杏が突然姿を消した。内々にその探索を命じられた北町奉行所臨時廻り同心の白縫半兵衛は、お杏の幼馴染みで江藤配下  ...続き.>

line

著:藤井邦夫   
発売日:2008年02月14日  定価:本体619円 + 税

瀬戸物屋の主・文造が何者かに襲われ殺された。現場付近の目撃証言から、源助長屋に出入する女に目星を付けた半兵衛は、女の素性を確かめるべく長屋を見張っていたが  ...続き.>

line

著:藤井邦夫   
発売日:2007年05月10日  定価:本体619円 + 税

凶賊・土蜘蛛の儀平一味が江戸市中を荒し回っていた。月番の北町奉行所同心たちは何故か裏をかかれ、捕らえることができない。奉行所内に内通者がいると睨んだ臨時廻  ...続き.>

line

著:藤井邦夫   
発売日:2006年12月14日  定価:本体629円 + 税

神田三河町で金貸しの吉五郎と女房のおそめが殺された。血染めの匕首を手にした、取り立て屋のおときが自分がやったと言い、町方に捕縛された。しかし、その証言に不審な  ...続き.>

line

著:藤井邦夫   
発売日:2006年08月09日  定価:本体629円 + 税

鎌倉河岸で大工の留吉が殺された。背中を袈裟懸の一太刀で斬られており、金も盗られていないことから手錬れによる辻斬りとされた。探索を命じられた北町奉行所臨時廻り同  ...続き.>

« 前へ 1 2 3 4 次へ »