検索の説明
サイトマップ


媒体資料一覧
ジャンル一覧へ

« 前へ 1 2 3 次へ »

※発売日は地域によって異なります。

line

著:鈴木英治   
発売日:2017年03月16日  定価:本体667円 + 税

時の将軍の発案で、全国から選りすぐりの剣豪が一堂に会し、寛永寺での上覧試合が催されることになった。お忍びで江戸に出てきた駿州沼里の藩主真興は秀士館を訪れ、  ...続き.>

line

著:鈴木英治   
発売日:2016年08月04日  定価:本体676円 + 税

幕府覆滅を画策していた撫養知之丞が捕縛されて獄門に処されたことで、束の間の平和を取り戻したかに思えた江戸であったが、日暮里にある秀士館の湯瀬直之進の家に黒覆面をした男が突然現れ、直之進を亡き者にしようとするが……。人気シリーズ第三十五弾。

line

著:鈴木英治   
発売日:2016年06月16日  定価:本体657円 + 税

危篤に陥った米田屋のあるじ琢ノ介を見舞うため、小日向東古川町に足を運んだ湯瀬直之進と倉田佐之助。その場に居合わせた南町同心樺山富士太郎に、度重なる同心殺し  ...続き.>

line

著:鈴木英治   
発売日:2016年02月10日  定価:本体667円 + 税

佐賀大左衛門が日暮里に開校した秀士館の剣術指南役についた湯瀬直之進は、おきくとの間にも子供が生まれ、秀士館の長屋で新たな暮らしを始めていた。そんな折り、全  ...続き.>

line

著:鈴木英治   
発売日:2015年08月06日  定価:本体667円 + 税

かつて故郷沼里を出奔し江戸で作刀の裏稼業を営む鎌幸が、湯瀬直之進に用心棒を頼みにやってきた。盗み出した名刀“三人田”をめぐり、命を狙われているという。一方、  ...続き.>

line

著:鈴木英治   
発売日:2015年07月16日  定価:本体667円 + 税

護国寺参りの帰り、母親の田津とともに小日向東古川町を通りかかった南町奉行所同心樺山富士太郎は、突然、この近くで湯瀬直之進の亡骸が見つかったと浪人姿の男に声  ...続き.>

line

著:鈴木英治   
発売日:2015年05月14日  定価:本体685円 + 税

愚川人という号を持ち、江都一の通人として知られる佐賀大左衛門は、あらゆる階層の若者にとって学びの場となる学問所設立を目指し、その準備を進めていた。ある日、  ...続き.>

line

著:鈴木英治   
発売日:2014年10月16日  定価:本体676円 + 税

両手の指を全て切り落とされ死んでいた八十吉殺しの探索を続ける南町奉行所同心樺山富士太郎は、殺しの首謀者と思われる高久屋岡右衛門の尻尾をなかなか摑めずにいた  ...続き.>

line

著:鈴木英治   
発売日:2014年04月22日  定価:本体657円 + 税

口入屋米田屋の光右衛門がこの世を去った。光右衛門の死を悼み大勢の弔問客を迎えた葬儀がしめやかに営まれた。湯瀬直之進とおきく夫婦は光右衛門の遺言に従い、故郷  ...続き.>

line

著:鈴木英治   
発売日:2013年11月22日  定価:本体648円 + 税

呉服商船越屋岐助に呼び出され、湯島の料亭でその到着を待っていた湯瀬直之進に、岐助殺害の報がもたらされた。殺害現場に向かった直之進は、南町奉行所同心樺山富士  ...続き.>

line

著:鈴木英治   
発売日:2013年07月23日  定価:本体638円 + 税

堀田家の残党を殲滅し、和四郎の仇を討ち、琢ノ介や富士太郎たちを救った湯瀬直之進。勘定奉行枝村伊左衛門配下の登兵衛の別邸に招かれた直之進は報奨を得るが、折し  ...続き.>

line

著:鈴木英治   
発売日:2013年02月14日  定価:本体648円 + 税

淀島登兵衛配下の和四郎を殺害した男、滝上鹿久馬との戦いを制し、仇を討った湯瀬直之進。お家取り潰しとなった堀田家の残党らが放つ凶刃は、またも直之進の周辺を脅かし……。人気書き下ろし時代小説、第25弾。

line

著:鈴木英治   
発売日:2012年11月15日  定価:本体638円 + 税

師走を迎え、口入屋米田屋を継いだ平川琢ノ介は、年末の掛取りに奔走していた。一方体調の安定した光右衛門は、直之進とおきくの祝言の準備のため、連日外出を繰り返  ...続き.>

line

著:鈴木英治   
発売日:2012年07月12日  定価:本体648円 + 税

沼里家と土井家の窮地を救った湯瀬直之進は、体調を崩し寝込んでいる口入屋米田屋光右衛門が気がかりでならなかった。そんな折り、口入屋仲間の菱田屋から用心棒の斡  ...続き.>

line

著:鈴木英治   
発売日:2012年04月12日  定価:本体638円 + 税

攫われた弟房興の身を案じる沼里藩主の真興は、国許を発ち江戸を目指していた。日暮れ間際、江戸藩邸の門を潜ろうとした真興一行を、房興を奪った刺客員弁兜太の凶刃  ...続き.>

« 前へ 1 2 3 次へ »