検索の説明
サイトマップ


媒体資料一覧
ジャンル一覧へ

« 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10次へ »

※発売日は地域によって異なります。

line

著:福田和代   
発売日:2017年08月07日  定価:本体676円 + 税

警視庁保安課の刑事・上月は中国語の通訳捜査官・城らとともに池袋の雑居ビルに家宅捜索に向かう。容疑は入管法違反。取り調べると、拳銃や覚醒剤が出てきた。拳銃の  ...続き.>

line

著:中村颯希   
発売日:2017年06月15日  定価:本体611円 + 税

両親を事故で失った高坂哲史は、妹とともに定食屋「てしをや」を継ぐことに。ところが料理ができない哲史は、妹に罵られてばかり。ふと立ち寄った神社で、「いっそ誰  ...続き.>

line

著:誉田龍一   
発売日:2017年06月15日  定価:本体611円 + 税

手習い所「長楽堂」の子どもたちから「泣き虫先生」と呼ばれ、すっかり人気者になった三好小次郎。ある日、小次郎は子どもたちから、近所に「幽霊屋敷」があることを  ...続き.>

line

著:誉田哲也   
発売日:2017年05月11日  定価:本体759円 + 税

17歳の少女が自ら警察に保護を求めてきた。その背景を探る刑事に鑑識から報告が入る。少女が生活していたマンションの浴室から、大量の血痕が見つかったのだった。や  ...続き.>

line

著:大道珠貴   
発売日:2017年05月11日  定価:本体546円 + 税

桐生極、小学五年生。膨らみはじめたココロと身体に翻弄され進むは、大人への階段か? いや、それとも――。世界と向き合いはじめた少女の瑞々しい感性を、シニカルなユーモアで描いた青春小説。

line

著:広瀬未衣   
発売日:2017年05月11日  定価:本体593円 + 税

祇園祭りに湧く7月。結婚を控え、数年ぶりに京都に帰ってきた灯里は、自宅の物置で、高校生の時に作った小さな提灯を見つける。そこには薄らと”コウ”と書かれた跡が  ...続き.>

line

著:誉田龍一   
発売日:2017年05月11日  定価:本体611円 + 税

ひょんなことから、本所緑町の手習い所「長楽堂」の先生になった三好小次郎。小次郎は浪人で、風貌はおよそ武士らしくないが、実は一刀流の達人。それでいて、ちょっ  ...続き.>

line

著:望月麻衣   
発売日:2017年04月13日  定価:本体602円 + 税

高校3年生になり、大学受験も意識しだした葵。不器用ながらも、ゆっくりとお互いの距離を縮めていく葵と清貴の前に、清貴を敵対視する贋作師・円生が現れた。それか  ...続き.>

line

著:望月麻衣   
発売日:2017年04月13日  定価:本体630円 + 税

大人気シリーズ「京都寺町三条のホームズ」の公式読本が、ついに登場! これまでに出てきたスポットを清貴が案内する「ホームズと行く京都小旅行」、カラー写真で送  ...続き.>

line

著:遠原嘉乃   
発売日:2017年04月13日  定価:本体565円 + 税

とある四国の山の中、夜な夜ラジオの前に集まって落語を楽しく聞く狸たちの中に憤る子狸が1匹。落語では、狸は笑いものになるばかり。狸が活躍する落語を創ってやる  ...続き.>

line

著:穂高明   
発売日:2017年03月16日  定価:本体556円 + 税

就職活動で全敗し、家業のおむすび屋を手伝うことになった結。実家の商売に子供の頃からコンプレックスを抱いてきた結だが、おむすびに実直に向き合う両親の姿を目の  ...続き.>

line

著:中島かずき   
発売日:2017年03月16日  定価:本体667円 + 税

時は戦国、天正一八年。関東一の色里、無界の里に関東髑髏党が襲来した。里にかくまわれていた沙霧を狙う髑髏党の前に、客の捨之介や里の主・蘭兵衛らが立ちはだかる  ...続き.>

line

著:秦本幸弥   
発売日:2017年03月16日  定価:本体602円 + 税

2024年、政府は新たに「雇用安定化法」を制定。国家が国民の就職先を管理することとなった。結果、就職活動は全面廃止、失業率やニート問題は改善されたものの、国民  ...続き.>

line

著:東山彰良   
発売日:2017年02月16日  定価:本体630円 + 税

キッド・ラビットが昏睡から目覚めると辺りには人っ子ひとり――というか、兎っ子一匹いなかった。そう、ぼくたちは人間じゃない。兎だ。人間たちはまだ気づいていない  ...続き.>

line

著:森浩美   
発売日:2017年02月16日  定価:本体611円 + 税

母が他界した五年後に、独り暮らしの父が亡くなった。納骨を済ませ子供たちは実家に集まり、ぽつりぽつりと両親の想い出話をする。遺品整理を始めたところ、父は意外  ...続き.>

« 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10次へ »