検索の説明
サイトマップ


媒体資料一覧
ジャンル一覧へ

« 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10次へ »

※発売日は地域によって異なります。

line

著:住野よる   
発売日:2018年07月12日  定価:本体657円 + 税

250万部を超える大ベストセラー青春小説「君の膵臓をたべたい」。その著者、住野よるの第二作目が、待望の文庫化。友達のいない少女、リストカットを繰り返す女子高  ...続き.>

line

著:塩田武士   
発売日:2018年07月12日  定価:本体741円 + 税

芸人になることを諦めた池上省吾は、便利屋でアルバイトをしていた。ある日、古びたボクシングジムの前で佇む女性を見かける。聞くと、ジムに立ち退きを迫っているら  ...続き.>

line

著:佐川光晴   
発売日:2018年07月12日  定価:本体611円 + 税

母校の中学に校長として着任したシバロクこと柴山緑郎。問題山積の学校を建て直すために、異例の若さで抜擢されたのだ。だが、校内でタバコの吸い殻が見つかり、ある  ...続き.>

line

著:岡部えつ   
発売日:2018年07月12日  定価:本体639円 + 税

緑川千春は食品メーカーの子会社の広告代理店に働く37歳。仕事や恋愛に心をすり減らされる日々に、疲れはもう限界だ。
かつての恋人が教えてくれた、千春のと  ...続き.>

line

著:江本マシメサ   
発売日:2018年06月14日  定価:本体648円 + 税

ルヴィエ国第三王子メリクルに仕える騎士であり、男装の麗人でもある伯爵令嬢コーラル。彼女が外交使節団として華烈という国を訪れたところ王子が問題を起こし、処刑  ...続き.>

line

著:恩田陸   
発売日:2018年06月14日  定価:本体676円 + 税

魅惑のウイルスを求め、世界中を飛び回る凄腕ウイルスハンター・神原恵弥。彼がこの度訪れたのは、東西文化の交差点であるT共和国。この国では、全身に黒い苔の生え  ...続き.>

line

著:池永陽   
発売日:2018年06月14日  定価:本体667円 + 税

東京は下町の商店街にある『珈琲屋』。主人の行介はかつて、ある理由から人を殺していた……。心に傷を負った人間たちが、『珈琲屋』で語る様々なドラマを七編収録。連  ...続き.>

line

著:五十嵐貴久   
発売日:2018年06月14日  定価:本体556円 + 税

ホラーサスペンス『リカ』、青春小説『1985年の奇跡』、家族小説『パパとムスメの7日間』、警察小説『贖い』など様々なジャンルで活躍する著者が、デビュー時に発表  ...続き.>

line

著:竹村優希   
発売日:2018年06月14日  定価:本体574円 + 税

東京・吉祥寺の外れにある、さくらい動物病院。若き院長の亜希のもとには、今日もいろいろな動物を連れた飼い主がやってくる。実は亜希には、動物の言葉がわかるとい  ...続き.>

line

著:経塚丸雄   
発売日:2018年06月14日  定価:本体583円 + 税

相良官兵衛は高六百石の旗本。これまで七人の子宝に恵まれたが、すべてが娘。「早く跡取りを…」と、母や祖母からせかされる毎日だ。そんな官兵衛に「小納戸役」の話  ...続き.>

line

著:雫井脩介   
発売日:2018年05月10日  定価:本体630円 + 税

神奈川県警が劇場型捜査を展開した「バッドマン事件」から半年。巻島史彦警視は、タレコミ情報を元に振り込め詐欺グループの摘発に乗り出していた。年が明け、横浜の  ...続き.>

line

著:雫井脩介   
発売日:2018年05月10日  定価:本体630円 + 税

横浜の老舗和菓子メーカー[ミナト堂]の社長父子誘拐事件は、社長の水岡勝俊だけが解放され、様々な憶測を呼んでいた。犯人を追う巻島ら警察、身代金受け取りに策を  ...続き.>

line

著:笹沢左保   
発売日:2018年05月10日  定価:本体611円 + 税

熾烈な労働争議が続く「本多銃砲火薬店」の工場に勤務する、花城佐紀子の姉・由記子が、遺書を遺して失踪した。社長の一人息子の本多昭一と心中するという。失踪から  ...続き.>

line

著:硝子町玻璃   
発売日:2018年05月10日  定価:本体574円 + 税

神様や妖怪をゲストとして迎える出雲のお化けホテルに就職した時町見初。気がつけば見初も社会人二年目。少しずつ仕事にも慣れてきた。しかし、陰陽師の名家・「四華  ...続き.>

line

著:遠藤遼   
発売日:2018年05月10日  定価:本体602円 + 税

人間だけでなくあやかしたちも訪れる喫茶店「万葉茶房」で働き始めた高校生の草壁彰良は、奈良での生活にも慣れてきていた。夏休みが終わろうかという8月の終わり、  ...続き.>

« 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10次へ »