検索の説明
サイトマップ


媒体資料一覧
ジャンル一覧へ

« 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10次へ »

※発売日は地域によって異なります。

line

著:秋吉理香子   
発売日:2018年09月13日  定価:本体639円 + 税

東京都藍出市で、幼稚園児の遺体が発見された。被害者は死後に性的暴行を加えられていた。事件のニュースを見た主婦・保奈美は、大切なひとり娘も狙われるのでは、と  ...続き.>

line

著:桜井美奈   
発売日:2018年09月13日  定価:本体630円 + 税

『ご』と入力すると『ゴメン』と出てきて……『ゴメン。今日も仕事でダメになった』の一文ができあがる――。激務が続く番組制作会社で働く芦原志穂。彼女は今日も恋人に  ...続き.>

line

著:喜友名トト   
発売日:2018年09月13日  定価:本体630円 + 税

ある朝目覚めた小説家の俺は、「昨日」の記憶がないことに気づく。どうやら俺は一日ごとに記憶がリセットされ、新しいことを覚えられないという症状を抱えているらし  ...続き.>

line

著:柴田哲孝   
発売日:2018年08月08日  定価:本体722円 + 税

過剰防衛による殺人の裁判で無罪となり、警察庁警備局公安課特別捜査室“サクラ”に復帰した田臥を、新たな任務が待ち受けていた。東京発博多行きの“のぞみ167号”の  ...続き.>

line

著:五十嵐貴久   
発売日:2018年08月08日  定価:本体704円 + 税

7月1日東京・杉並。小学校の校門に男児の切断された頭部が置かれていた。2日埼玉・和光。林で、中学生の少女の刺殺死体が発見された。3日愛知・名古屋。ス-パー  ...続き.>

line

著:五十嵐貴久   
発売日:2018年08月08日  定価:本体704円 + 税

7月1日東京・杉並。小学校の校門に男児の切断された頭部が置かれていた。2日埼玉・和光。林で、中学生の少女の刺殺死体が発見された。3日愛知・名古屋。ス-パー  ...続き.>

line

著:朝比奈あすか   
発売日:2018年08月08日  定価:本体676円 + 税

男子が作った女子ランキング。あの子よりも、私は上だった――。美醜のジャッジに心を弄られ、自意識が衝突しあう教室。そこではある少女に対し、卑劣な方法で「魂の殺  ...続き.>

line

著:小林由香   
発売日:2018年08月08日  定価:本体620円 + 税

大切な人を殺された者は言う。「犯罪者に復讐してやりたい」と。凶悪な事件が起きると人々は言う。「被害者と同じ目に遭わせてやりたい」と。20××年、凶悪な犯罪が増  ...続き.>

line

著:住野よる   
発売日:2018年07月12日  定価:本体657円 + 税

250万部を超える大ベストセラー青春小説「君の膵臓をたべたい」。その著者、住野よるの第二作目が、待望の文庫化。友達のいない少女、リストカットを繰り返す女子高  ...続き.>

line

著:塩田武士   
発売日:2018年07月12日  定価:本体741円 + 税

芸人になることを諦めた池上省吾は、便利屋でアルバイトをしていた。ある日、古びたボクシングジムの前で佇む女性を見かける。聞くと、ジムに立ち退きを迫っているら  ...続き.>

line

著:佐川光晴   
発売日:2018年07月12日  定価:本体611円 + 税

母校の中学に校長として着任したシバロクこと柴山緑郎。問題山積の学校を建て直すために、異例の若さで抜擢されたのだ。だが、校内でタバコの吸い殻が見つかり、ある  ...続き.>

line

著:岡部えつ   
発売日:2018年07月12日  定価:本体639円 + 税

緑川千春は食品メーカーの子会社の広告代理店に働く37歳。仕事や恋愛に心をすり減らされる日々に、疲れはもう限界だ。
かつての恋人が教えてくれた、千春のと  ...続き.>

line

著:江本マシメサ   
発売日:2018年06月14日  定価:本体648円 + 税

ルヴィエ国第三王子メリクルに仕える騎士であり、男装の麗人でもある伯爵令嬢コーラル。彼女が外交使節団として華烈という国を訪れたところ王子が問題を起こし、処刑  ...続き.>

line

著:恩田陸   
発売日:2018年06月14日  定価:本体676円 + 税

魅惑のウイルスを求め、世界中を飛び回る凄腕ウイルスハンター・神原恵弥。彼がこの度訪れたのは、東西文化の交差点であるT共和国。この国では、全身に黒い苔の生え  ...続き.>

line

著:池永陽   
発売日:2018年06月14日  定価:本体667円 + 税

東京は下町の商店街にある『珈琲屋』。主人の行介はかつて、ある理由から人を殺していた……。心に傷を負った人間たちが、『珈琲屋』で語る様々なドラマを七編収録。連  ...続き.>

« 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10次へ »