検索の説明
サイトマップ


媒体資料一覧
ジャンル一覧へ

« 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10次へ »

※発売日は地域によって異なります。

line

著:荻原浩   
発売日:2017年06月15日  定価:本体648円 + 税

ダム建設工事の作業中に、縄文人男性と弥生人女性の人骨が発見された。二体はしっかりと手を重ね、互いに顔を向け合った姿であった。三千年近く前、この男女にいった  ...続き.>

line

著:荻原浩   
発売日:2017年06月15日  定価:本体648円 + 税

紀元前七世紀、東日本――ピナイ(谷の村)に住むウルクは十五歳。野に獣を追い、木の実を集め、天の神に感謝を捧げる日々を送っている。近頃ピナイは、海渡りたちがも  ...続き.>

line

著:坂木司   
発売日:2017年06月15日  定価:本体685円 + 税

こわがりだけど推理小説研究会所属の大学生・二葉と、ミステリが大好きな中学生・隼人が、日々の生活での様々な「?」を鮮やかに解決するシリーズの第二弾は、謎めい  ...続き.>

line

著:沢村鐵   
発売日:2017年06月15日  定価:本体602円 + 税

市民楽団のヴァイオリニスト・宇田川匠は同じパートの涌井朱音と懇意になり、ある夜に19世紀メキシコで起きた「死者の日」の出来事を語り出した。それは人の血を吸い  ...続き.>

line

著:竹村優希   
発売日:2017年06月15日  定価:本体583円 + 税

彼氏も職も失い、伊勢神宮に神頼みにやってきた谷原芽衣は、迷い込んだ山の中で不思議な青年・天に出会う。芽衣は、なりゆきで天の経営する宿『やおよろず』で働くこ  ...続き.>

line

著:小杉健治   
発売日:2017年06月15日  定価:本体630円 + 税

商家の主人が高熱と手足の痺れで寝込んだ。町医者が手を尽くしたが、原因もわからなければ、治療もできない。ところが修験者が祈禱をしただけで一夜にして回復したという。修験者は大黒天魔王の祟りだというのだが……。好評シリーズ第五弾!

line

著:伊集院静   
発売日:2017年06月15日  定価:本体611円 + 税

大人としての生き方、考え方、身の処し方を説く大ベストセラーシリーズ「大人の流儀」の伊集院静氏が放つ「遊びのススメ」。麻雀、カジノ、ゴルフといったものから、  ...続き.>

line

著:中村颯希   
発売日:2017年06月15日  定価:本体611円 + 税

両親を事故で失った高坂哲史は、妹とともに定食屋「てしをや」を継ぐことに。ところが料理ができない哲史は、妹に罵られてばかり。ふと立ち寄った神社で、「いっそ誰  ...続き.>

line

著:誉田龍一   
発売日:2017年06月15日  定価:本体611円 + 税

手習い所「長楽堂」の子どもたちから「泣き虫先生」と呼ばれ、すっかり人気者になった三好小次郎。ある日、小次郎は子どもたちから、近所に「幽霊屋敷」があることを  ...続き.>

line

著:悠木シュン   
発売日:2017年06月15日  定価:本体546円 + 税

ひとりの女性のモノローグから物語は始まる。登場人物が繋がっていく複雑な人間関係と、一章ごとに増えていく相関図は、一度読んだらもう一度読みたくなる。みずみず  ...続き.>

line

著:高見梁川    画:吉沢メガネ
発売日:2017年05月30日  定価:本体639円 + 税

アラフォーの社畜・松田毅は過労死した。生まれ変わったら、ホワイトな会社で穏やかに過ごしたいという思いを抱いて――。死後の世界で、松田は神様にファンタジー世界  ...続き.>

line

著:小杉健治   
発売日:2017年05月11日  定価:本体657円 + 税

銀座ホステス絞殺事件で、担当検事の江木秀哉は捜査に関しての疑問を刑事たちに呈したものの、彼の話に耳を傾けたのは高須刑事だけだった。くしくも高須は、二十年前  ...続き.>

line

著:硝子町玻璃   
発売日:2017年05月11日  定価:本体583円 + 税

神様や妖怪をゲストとして迎える出雲のお化けホテルに就職した時町見初。ある日、見初のもとに嬉しい一報が届く。親友の平野由衣が、彼女がアシスタントを務めるホラ  ...続き.>

line

著:桑野和明   
発売日:2017年05月11日  定価:本体611円 + 税

両親が亡くなり、姉のいる京都に引っ越してきた高校生・天野瑞樹。ある日、瑞樹は少年に『甘露堂』という甘味処まで荷物を持っていくのを手伝ってほしいと声をかけら  ...続き.>

line

著:国光   
発売日:2017年05月11日  定価:本体593円 + 税

文化十四年初夏、江戸に待望の初鰹が到来した。「御用魚」の幟をはためかせ、大名行列も蹴散らして御城へと激走する荷車には鯔背な男が一人――将軍家の食す魚を目利き  ...続き.>

« 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10次へ »