検索の説明
サイトマップ


媒体資料一覧
TOP>文庫
ジャンル一覧へ


« 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10次へ »

※発売日は地域によって異なります。

line

著:睦月影郎   
発売日:2017年01月12日  定価:本体620円 + 税

十八歳の浪人生杉坂治郎は、アパート近くのギャラリーで、バイトを始めることに。古い洋館をそのまま使ったギャラリーの地下室を掃除していた治郎だったが、突然の地  ...続き.>

line

著:櫻木充   
発売日:2017年01月12日  定価:本体620円 + 税

フランス書院の寵児が持つ、独特のエロス。濃密なセックス描写による、めくるめく官能の世界が展開されていく! 満を持して書き下ろした新作1編に加え、中編3本を加えたオリジナル中編集。

line

著:佐伯泰英   
発売日:2017年01月06日  定価:本体648円 + 税

シリーズ累計2000万部突破の「居眠り磐音 江戸双紙」の続編が始動。坂崎磐音の嫡子・空也は十六歳で武者修行の旅に出る。向かったのは他所者を受け入れない〝異国〟  ...続き.>

line

著:佐伯泰英   
発売日:2017年01月06日  定価:本体648円 + 税

シリーズ累計2000万部突破の「居眠り磐音 江戸双紙」の続編が始動。瀕死の状態で薩摩入りした坂崎空也は前藩主・島津重豪の御側御用を務めた渋谷重兼と孫娘の眉月に  ...続き.>

line

著:月夜涙    画:GUNP
発売日:2016年12月28日  定価:本体639円 + 税

難航した商業都市エリンとの外交交渉も無事決着し、ルシエ、クウとの結婚式を挙げたシリル。クウの妊娠も判明し、シリルはこれまで以上に気力を漲らせていた。そんな  ...続き.>

line

著:緋色の雨    画:原人
発売日:2016年12月28日  定価:本体648円 + 税

「私の分まで自由に生きて、幸せになってね」それが、雨宮裕弥の妹が最期に残した言葉だった。しかし、そんな想いとは裏腹に妹と同じ病を患っていた裕弥は、約束を果  ...続き.>

line

著:ファースト    画:緑川葉
発売日:2016年12月28日  定価:本体639円 + 税

数日前に撃墜したワイバーンの遺体から素材を回収するため、アッシュはアンジェラとともにアルバス山脈の裾野へと向かったが、遺体はすべて持ち去られた後だった。そ  ...続き.>

line

著:日暮眠都    画:ナポ
発売日:2016年12月28日  定価:本体657円 + 税

霧の仮宿と契約後、街に戻った孝弘は、深津とサディアスの2人と再び接触することになった。話を聞くと、サディアスの正体はドラゴンで、アケル北部の昏き森には彼ら  ...続き.>

line

著:土鍋    画:堀泉インコ
発売日:2016年12月28日  定価:本体630円 + 税

「私には、人を転職させる力があります」秘匿してきた自分の能力を告白するカナメ。クルシスの神殿長・プロメトは、カナメの力を活かして、クルシス神殿でも「転職」  ...続き.>

line

著:赤川次郎   
発売日:2016年12月15日  定価:本体593円 + 税

来日中のアメリカ副大統領が日本人夫婦を射殺し、その住居に立て籠もった。事態を大きくしたくないアメリカと日本は、現場を<アメリカ大使館別館>とし副大統領逮捕  ...続き.>

line

著:松本清張   
発売日:2016年12月15日  定価:本体611円 + 税

大好評の松本清張・文庫オリジナルの「ジャンル別作品集」シリーズはいよいよ最終巻! 第6弾は著者の代名詞とも言える「社会派ミステリ」。清張作品がおもしろいの  ...続き.>

line

著:眉村卓   
発売日:2016年12月15日  定価:本体657円 + 税

六七歳の柴田一郎は、独り暮らしの無聊を慰めるべく、自分史を書きはじめるのだが(「自分史」)。病院帰りに立ち寄ったビルの名店街で渡された腕時計のようなものは  ...続き.>

line

著:飛鳥井千砂   
発売日:2016年12月15日  定価:本体667円 + 税

莉南と英理子は化粧品会社の美容部員。愛想がよく、コミュニケーション力に長けた莉南。自分の価値観を優先し、上っ面の付き合いを嫌う英理子。対照的な二人は自分に  ...続き.>

line

著:大門剛明   
発売日:2016年12月15日  定価:本体657円 + 税

平成7年に社長一家惨殺事件と主婦強姦殺人事件が長野県で起きた。15年後、事件発生3ヶ月の違いが両者の明暗を分ける。一方は時効が成立してしまったが、もう一方は  ...続き.>

line

著:望月麻衣   
発売日:2016年12月15日  定価:本体648円 + 税

ついにお互いの気持ちを伝え、付き合いだした清貴と葵。ある日、不器用ながら徐々に心を通わせる2人に、京都では名の通った鑑定士や収集家の家から仏教関係の美術品  ...続き.>

« 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10次へ »