検索の説明
サイトマップ


媒体資料一覧
TOP>文庫
ジャンル一覧へ


« 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10次へ »

※発売日は地域によって異なります。

line

著:山根誠司   
発売日:2018年01月11日  定価:本体602円 + 税

槇岡藩の下級武士の息子・柏木新助は、江戸に出て一流の算術家になるのが夢。そんな新助に、千載一遇の好機が巡ってきた。江戸の幕臣・北城家への養子入りの話が持ち  ...続き.>

line

著:霧原一輝   
発売日:2018年01月11日  定価:本体602円 + 税

退職を前にバツイチとなった風間詠太郎は、かつて参加したツアーで知り合った、添乗員の森崎逢子から「個人添乗員」を始めたという連絡を受ける。さっそく、退職前の  ...続き.>

line

著:雨宮慶   
発売日:2018年01月11日  定価:本体620円 + 税

大手商社の総務部に勤める吉野文彦は、秘書課の西尾早紀に告白して振られた夜、向かいにあるマンションの部屋に住んでいる美しい人妻のセミヌードを覗き見る機会に恵  ...続き.>

line

著:木皿泉   
発売日:2018年01月11日  定価:本体611円 + 税

『木皿食堂』シリーズ第二作。夫婦ユニット脚本家・木皿泉が各紙誌で執筆したエッセイを中心に、貴重なインタビューやシナリオ講座、文化庁芸術祭ラジオドラマ部門出  ...続き.>

line

著:佐伯泰英   
発売日:2018年01月04日  定価:本体648円 + 税

人吉城下のタイ捨流丸目道場での修行を終えた坂崎空也は、仇討ちを企む東郷示現流・酒匂兵衛入道一派の刺客から逃れるため、五島列島の福江島へと向かった。だが、そ  ...続き.>

line

著:木野裕喜    画:雪月佳
発売日:2017年12月28日  定価:本体602円 + 税

サキュバスであることを隠し、酒場「オーパブ」の看板娘として働くリーチはメイロークの街にもすっかり馴染み始めていた。そんな中「オーパブ」に、嫌われ者の領主・  ...続き.>

line

著:美紅    画:U35
発売日:2017年12月28日  定価:本体583円 + 税

魔法学園での校内対抗戦の最中、ついに牙を向いた魔神教団。誠一は持ち前のチート能力を使って敵を無力化するも、最後の抵抗として放たれた魔法により、黄泉の世界へ  ...続き.>

line

著:三島千廣    画:ジョンディー
発売日:2017年12月28日  定価:本体639円 + 税

ロムレス王国の刺客に襲われ、瀕死の状態になったクランドは、ドロアテというエルフに助けられる。ドロアテが暮らす隠れ里で、しばしの休息を得るクランド。だがクラ  ...続き.>

line

著:時野洋輔    画:マニャ子
発売日:2017年12月28日  定価:本体583円 + 税

学校を主席で卒業したダンジョンフェアリーの少女・シエル。ダンジョンを作るため、満を持してボスモンスターを召喚した彼女だったが、現れたのは単なる「スライム」  ...続き.>

line

著:月夜涙    画:夜ノみつき
発売日:2017年12月28日  定価:本体593円 + 税

エルシエにて、クーナを守るため神聖薔薇騎士団と戦い、見事勝利をおさめたソージ率いるチーム【魔剣の尻尾】。大幅なレベルアップも果たし、ソージ、クーナ、アンネ  ...続き.>

line

著:ファースト    画:緑川葉
発売日:2017年12月28日  定価:本体583円 + 税

――「小説家になろう」発、大人気異世界冒険ファンタジー第六弾!

line

著:藤まる   
発売日:2017年12月14日  定価:本体639円 + 税

「それじゃあキミを死神として採用するね」
ある日、高校生の佐倉真司は同級生の花森雪希から「死神」のアルバイトに誘われる。曰く「死神」の仕事とは、成仏  ...続き.>

line

著:赤川次郎   
発売日:2017年12月14日  定価:本体574円 + 税

男っ気のないOL・七代は、とてもさわやかな年下のサラリーマン・古賀にいきなりプロポーズされた。最初は疑っていたが、母親に紹介されたり婚前旅行を提案されたり  ...続き.>

line

著:眉村卓   
発売日:2017年12月14日  定価:本体667円 + 税

外との接触を拒むかのように、町の入り口に位置する「峠」。就職し赴任したひなびた町で、閉塞感に包まれながら、若き日々を過ごした男は、久方ぶりに町を訪れた際に  ...続き.>

line

著:浅田次郎   
発売日:2017年12月14日  定価:本体593円 + 税

奥多摩の御嶽山にある神官屋敷で物語られる、怪談めいた夜語り。著者が少年の頃、伯母から聞かされたのは、怖いけれど惹きこまれる話ばかりだった。切なさにほろりと涙が出る浅田版遠野物語ともいうべき御嶽山物語。

« 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10次へ »