検索の説明
サイトマップ


媒体資料一覧
TOP>文庫
ジャンル一覧へ


« 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10次へ »

※発売日は地域によって異なります。

line

著:悠木シュン   
発売日:2017年06月15日  定価:本体546円 + 税

ひとりの女性のモノローグから物語は始まる。登場人物が繋がっていく複雑な人間関係と、一章ごとに増えていく相関図は、一度読んだらもう一度読みたくなる。みずみず  ...続き.>

line

著:鈴木英治   
発売日:2017年06月15日  定価:本体676円 + 税

東海代表を勝ち取り、寛永寺で行われる御上覧試合の本戦に出場するため江戸に戻ってきた湯瀬直之進。負傷した右腕も回復せず満足な稽古も出来ないまま、御上覧試合は  ...続き.>

line

著:藤井邦夫   
発売日:2017年06月15日  定価:本体630円 + 税

「世の中に私たちが知らん顔をした方が良いことがある」と嘯く、人呼んで“知らん顔の半兵衛”こと、白縫半兵衛が帰ってきた。再び臨時廻り同心を拝命した半兵衛が見せ  ...続き.>

line

著:芝村凉也   
発売日:2017年06月15日  定価:本体630円 + 税

お神楽一家の賭場からの帰りに同道した左門は、数人の集団が武家を襲撃している場面に出くわす。目撃者を排除すべく、こちらに刃を向ける一団をあっさり返り討ちにし  ...続き.>

line

著:幡大介   
発売日:2017年06月15日  定価:本体611円 + 税

掘割で溺れる犬を助けた放蕩同心、八巻卯之吉は八丁堀の役宅に連れ帰り溺愛する。またいつもの遊興かと呆れる銀八や美鈴だったが、意外にも卯之吉の”犬可愛がり”は止  ...続き.>

line

著:雨宮慶   
発売日:2017年06月15日  定価:本体630円 + 税

高校三年生の夏休みに入ってすぐ、友部僚太の家の隣に引っ越してきた沢井美菜。彼女は画家で、内縁の夫を亡くした未亡人だった。その夜、思いがけず自室から美菜の寝室を覗き見てしまったことから、僚太の高校最後の夏休みが艶めいていく。傑作長編エロス。

line

著:綾辻行人  著:石川喬司  著:大下宇陀児  著:大坪砂男  著:加納一郎  著:香山滋   
発売日:2017年06月15日  定価:本体630円 + 税

療養がてら実家に戻った作家が、犬の散歩の際に訪れた河原で、のっぺらぼうの奇妙な人形を拾う(「人形」)。小さな箱を携え、エーゲ海の船旅に参加した男が、いけす  ...続き.>

line

著:京極夏彦  著:小松左京  著:中島らも  著:日影丈吉  著:山田風太郎  著:山村正夫   
発売日:2017年06月15日  定価:本体630円 + 税

同居の老人の奇行に悩まされ追い詰められた主婦が、一線を越えた末に信じがたい事実を知ることになる(「厭な老人」)。静かな部屋で時刻を告げる古い鳩啼時計には、  ...続き.>

line

著:喜国雅彦   
発売日:2017年06月15日  定価:本体722円 + 税

せっかくこれだけ古本を蒐めても、墓場までは持っていかれない ──そのことに気づいた著者が、厳選に厳選を重ねトランク一つ分に本を詰めてみたり、私家版『暗黒館の  ...続き.>

line

著:舘浦あざらし   
発売日:2017年06月15日  定価:本体648円 + 税

あざらしくんが、相棒のぶぶまるくんと一緒に札幌から函館まで、鉄道と徒歩だけでだらだら歩く旅の最終便が、ついに登場。相変わらずふたりの旅は、思いもかけぬトラ  ...続き.>

line

著:高見梁川    画:吉沢メガネ
発売日:2017年05月30日  定価:本体639円 + 税

アラフォーの社畜・松田毅は過労死した。生まれ変わったら、ホワイトな会社で穏やかに過ごしたいという思いを抱いて――。死後の世界で、松田は神様にファンタジー世界  ...続き.>

line

著:美紅    画:U35
発売日:2017年05月30日  定価:本体583円 + 税

いよいよ本格的に魔法学園での教師生活がスタートした誠一。しかし、誠一が受け持つFクラスは、一クセも二クセもある問題児たちばかり。何より、彼らは魔法が使えな  ...続き.>

line

著:横塚司    画:マニャ子
発売日:2017年05月30日  定価:本体630円 + 税

最後の四天王・亡霊王ディアスネグスと戦闘を始める賀谷和久と仲間たち。だがその最中、一行はまたしてもどこかへと飛ばされてしまう。転移してしまった先、それは東  ...続き.>

line

著:緋色の雨    画:原人
発売日:2017年05月30日  定価:本体639円 + 税

伯爵家の次男として異世界へ転生した、雨宮裕弥ことリオン・グランシェス。スフィール家の暴挙により絶対絶命のピンチに陥ったリオンだったが、アリスティアの活躍も  ...続き.>

line

著:小杉健治   
発売日:2017年05月11日  定価:本体657円 + 税

銀座ホステス絞殺事件で、担当検事の江木秀哉は捜査に関しての疑問を刑事たちに呈したものの、彼の話に耳を傾けたのは高須刑事だけだった。くしくも高須は、二十年前  ...続き.>

« 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10次へ »