検索の説明
サイトマップ


媒体資料一覧
TOP>文庫
ジャンル一覧へ


« 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10次へ »

※発売日は地域によって異なります。

line

著:竹村優希   
発売日:2018年10月11日  定価:本体593円 + 税

荼枳尼天たちが去って以来、こじらせていた芽衣の風邪が癒えると、天は突然「やおよろずを建て替える」と言い出した。天に「建物の守り神から札を貰ってくれ」と頼ま  ...続き.>

line

著:桑野和明   
発売日:2018年10月11日  定価:本体593円 + 税

神様のやってくる京都の甘味処『甘露堂』で働く高校生の瑞樹。彼の不思議な力を求めて舞い込んだのは、北野天満宮の“もみじの神様”に使役する猫又からの依頼で――?...続き.>

line

著:小杉健治   
発売日:2018年10月11日  定価:本体648円 + 税

松前藩の抱え医師である宇津木新吾は、路上の急病人を助けたことから上屋敷への到着が遅れ、腹に傷を負った藩士が死亡した。藩士の死の責を問われた新吾は、上屋敷で  ...続き.>

line

著:経塚丸雄   
発売日:2018年10月11日  定価:本体593円 + 税

将軍に献上された巨大犬「仁王丸」を飼い馴らす、という難事を見事成し遂げた旗本・小笠原官兵衛。一躍名を挙げた官兵衛にあちこちの座敷から声がかかるようになり、  ...続き.>

line

著:原宏一   
発売日:2018年10月11日  定価:本体676円 + 税

超痛快シリーズ第3弾! 本物の蕎麦職人を目指す妻・ミサキは、農家に住み込みで働くことになった。取り残された恰好の夫・タカオは、自らも修業し直すことを決め、  ...続き.>

line

著:井川香四郎   
発売日:2018年10月11日  定価:本体667円 + 税

奥女中・多喜の遺骸が外濠で見つかった。多喜は、その正体が刺客であると見抜いた徳川吉宗の寛容な計らいで、穏便に宿下がりをさせたはずであった。では多喜を殺した  ...続き.>

line

著:藤井邦夫   
発売日:2018年10月11日  定価:本体648円 + 税

一年前に行方不明になった薬種問屋の若旦那がひょっこり戻ってきた。しかも助けてくれたのが縁で夫婦になったという嫁・おゆりを連れて。そのおゆりだが、とある旗本  ...続き.>

line

著:芝村凉也   
発売日:2018年10月11日  定価:本体630円 + 税

間野生馬の活躍により、夜鴉一味の魔の手から無事逃れることができた惠比壽屋。この件で父親の与惣兵衛から猛省を促された一人娘のお君だったが、町中で因縁をつける  ...続き.>

line

著:稲葉稔   
発売日:2018年10月11日  定価:本体611円 + 税

町方の手の届かぬところで暴れる外道を剛剣で葬る浪人奉行--その正体は麹町の片隅で干物とめし、酒しか出さぬ店を営む八雲兼四郎であることに常連客は誰一人気付い  ...続き.>

line

著:岡田秀文   
発売日:2018年10月11日  定価:本体759円 + 税

天下の覇者・豊臣秀吉が死去したことにより起きた豊臣家の内紛。秀吉の恩に報いようと西軍をまとめる石田三成と、天下への野望を持つ東軍の徳川家康が激突。世に名高  ...続き.>

line

著:黒木久勝   
発売日:2018年10月11日  定価:本体648円 + 税

奸臣を渾身の芝居で討ち果たし、晴れて辻ヶ浦藩六万石の若君として迎えられた恋之介。一方、看板役者を失った揚羽座は不入りが続き、弟子の剣豪、堅四郎は師の幸せを  ...続き.>

line

著:長辻象平   
発売日:2018年10月11日  定価:本体685円 + 税

時は元禄四年、親の代から浪々の身である鮎貝伝八郎は、竪川沿いの長屋に住む貧乏暮らし。そんな伝八郎の長屋に、突然初老の武家が訪ねてくる。尾張藩の家老稲葉主膳  ...続き.>

line

著:霧原一輝   
発売日:2018年10月11日  定価:本体639円 + 税

山田元就(もとなり)は38歳の独身貴族。だけど、好き好んで貴族やってるわけじゃない。今までまったくもてなかったのである。そんな元就に訪れた奇跡のモテ期。キャ  ...続き.>

line

著:草凪優   
発売日:2018年10月11日  定価:本体620円 + 税

二人だけの職場での、若く初々しい部下。高貴なオーラの影に飽くなき肉欲を秘めた年上のキャリアウーマン。誰もが眼を見張るほどの見事な巨乳を誇る保育士。マスクの  ...続き.>

line

著:岸本和葉    画:マニャ子
発売日:2018年09月29日  定価:本体593円 + 税

死んでいった仲間のため、勇者アデルはひたすら魔族たちを倒し続けてきた。そして、ようやく魔王を追い詰めたアデルが放った言葉、それは――「俺、勇者をやめるわ」。  ...続き.>

« 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10次へ »