検索の説明
サイトマップ


媒体資料一覧
TOP>文庫
ジャンル一覧へ


« 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10次へ »

※発売日は地域によって異なります。

line

著:羽咲うさぎ  画:しらこみそ
発売日:2016年06月30日  定価:本体648円 + 税

異世界に召喚され、勇者として戦った高校生・天月伊織。彼は信じていた仲間たちに殺されてしまう。そして、再び未来の世界に召喚された。かつて自分が倒し損ねた魔王  ...続き.>

line

著:kt60  画:cccpo
発売日:2016年06月30日  定価:本体648円 + 税

リンディスが水流の渦を繰り出し、ライナが漆黒の弾丸を放ち、ユキが紅蓮の炎で一瞬にして焼き尽くす――。学園武芸会もいよいよ後半戦へと突入。迫りくる強豪たちを前  ...続き.>

line

著:夏にコタツ  画:三弥カズトモ
発売日:2016年06月30日  定価:本体583円 + 税

最古の邪神に憑りつかれた後、「世界樹の使徒」となった司祭ベルナルト。彼はやがて来る災厄からこの世界を守るため、イリアに「世界を救う女神」になるよう願い出る  ...続き.>

line

著:横塚司  画:マニャ子
発売日:2016年06月30日  定価:本体630円 + 税

異世界に召喚されてから4日目。鬼将ザガーラズィナーの圧倒的な力を見せつけられたカズたちは、使い魔シャ・ラウを囮にする作戦で、なんとか世界樹へと逃げ帰ること  ...続き.>

line

著:桜木紫乃 
発売日:2016年06月16日  定価:本体537円 + 税

「東京に逃げることにしたの」。高校を卒業してまもなく、同級生だった順子から清美に連絡が入る。二十も年上の男と駆け落ちするという。故郷を捨て、極貧の生活を「  ...続き.>

line

著:秋吉理香子 
発売日:2016年06月16日  定価:本体611円 + 税

ある女子高で、最も美しくカリスマ性をもつ女生徒が死んだ。一週間後に集められたのは、女生徒と親しかったはずの文学サークルの仲間たち。ところが、彼女たちによる  ...続き.>

line

著:笹沢左保 
発売日:2016年06月16日  定価:本体741円 + 税

新宿淀橋署の宮本刑事部長と、本庁から来た佐々木警部補。年齢も容姿も経歴も好対照の2人は、その名前から「宮本武蔵と佐々木小次郎」にたとえられるライバル同士だ  ...続き.>

line

著:桑野和明 
発売日:2016年06月16日  定価:本体611円 + 税

映画の街・尾道に佇むレトロな映画館『名画座パラディーゾ』。職場で窃盗の濡れ衣を着せられた瀬川悠人は、偶然、若き支配人・朝霧千映と出会う。千映は、あっさりと  ...続き.>

line

著:西本秋 
発売日:2016年06月16日  定価:本体704円 + 税

不祥事からの復活を目指す名門野球部を揺るがす新たな事件。頂点を狙う彼らを嘲笑うかのように、グラウンドに次々と動物の惨殺死体が遺棄される。犯人はチームの中に  ...続き.>

line

著:吉田安寿 
発売日:2016年06月16日  定価:本体648円 + 税

杜の都・仙台の下町商店街に佇む「キッチン・ミクリヤ」。仕事と男を同時に失った桜木まどかは、幼馴染の御厨陽一にご馳走になったオムライスに感動し、「ミクリヤ」  ...続き.>

line

著:鈴木英治 
発売日:2016年06月16日  定価:本体657円 + 税

危篤に陥った米田屋のあるじ琢ノ介を見舞うため、小日向東古川町に足を運んだ湯瀬直之進と倉田佐之助。その場に居合わせた南町同心樺山富士太郎に、度重なる同心殺し  ...続き.>

line

著:藤井邦夫 
発売日:2016年06月16日  定価:本体630円 + 税

既に盗人稼業から足を洗った「仏の宗平」が、千住の寮で捕縛され斬殺された。かつて宗平にまんまと出し抜かれ、面目を潰した火付盗賊改の矢崎采女正による捕物だった  ...続き.>

line

著:芝村凉也 
発売日:2016年06月16日  定価:本体611円 + 税

左門が蔵旦那になっている札差の小桝屋が、左門の組屋敷を訪れる。奉公人ではなく、札差当人の来訪を訝る左門に、小桝屋は新興の同業者から三日日家の借財を肩代わり  ...続き.>

line

著:末廣圭 
発売日:2016年06月16日  定価:本体620円 + 税

警備会社の営業課長森元順二は、定年を間近に控え、セカンドライフに漠然とした不安を抱いていた。会社の先輩で定年後にホテルの副支配人に納まった末次慶太郎と久し  ...続き.>

line

著:睦月影郎 
発売日:2016年06月16日  定価:本体583円 + 税

亡くなった祖父母の家の解体作業を見に訪れた十八歳の星野祐馬は、庭の祠の中で古びた小箱を発見する。中には勾玉が収められており、祐馬は不思議に思うが、帰路で知  ...続き.>

« 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10次へ »