検索の説明
サイトマップ


媒体資料一覧
TOP>文庫
ジャンル一覧へ


« 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10次へ »

※発売日は地域によって異なります。

line

著:赤川次郎 
発売日:2016年08月04日  定価:本体593円 + 税

山間の村に単身赴任していた柳沢は、8年ぶりに東京の我が家へ帰ることになった。でもなぜか、柳沢に淡い恋心を寄せ、東京にあこがれる女子高生・佐知子と、家庭に問  ...続き.>

line

著:荻原浩 
発売日:2016年08月04日  定価:本体759円 + 税

“根拠なしポジティブ”の現代のフリーターと、昭和19年の「海の若鷲」にあこがれる軍国青年が時空を超えて入れ替わった! それぞれの環境に順応しつつも、ふたりはな  ...続き.>

line

著:松本清張 
発売日:2016年08月04日  定価:本体648円 + 税

著者が著した膨大な数の短編を、ジャンル別に集めた文庫オリジナル作品集第2弾は捕物帖! 「大黒屋」「三人の留守居役」「七種粥」「虎」「見世物師」を収録。清張は、十手ものもおもしろい!

line

著:麻沢奏 
発売日:2016年08月04日  定価:本体602円 + 税

中学3年生の夏。大柴美緒は、同級生の林田律紀と付き合い始めた。律紀とのことを日記に書いていた美緒は、ある日、筆跡は自分だが見覚えのない文章を見つける。そこ  ...続き.>

line

著:光原百合 
発売日:2016年08月04日  定価:本体574円 + 税

大学受験に失敗し、予備校に通う信也はある日、河川敷で絵を描いていた紅美子と出会う。やがて同じアパートに住むようになり、信也は紅美子と親しくなるが、信也は〝  ...続き.>

line

著:西澤保彦 
発売日:2016年08月04日  定価:本体694円 + 税

失業中の男が法外な報酬を提示され、初対面の女性と少女と1か月間、擬似家族を演じるという仕事を引き受ける。別荘で滞在を始めると不思議な現象が次々と起きるが、  ...続き.>

line

著:黒武洋 
発売日:2016年08月04日  定価:本体722円 + 税

都心で市民を狙った爆発事件が発生。爆弾が仕込まれたのは携帯電話だった。犯人は通信会社に5000万円を要求するが、その後動きを止めてしまう。時間ばかりが経過し、  ...続き.>

line

著:望月麻衣 
発売日:2016年08月04日  定価:本体657円 + 税

『蔵』でアルバイトを始めて一年。ようやく気付いた自分の気持ちを清貴へ伝えるかどうか逡巡する葵だが、清貴や秋人と城崎温泉に行ったり、シャーロキアンの会に出た  ...続き.>

line

著:誉田龍一 
発売日:2016年08月04日  定価:本体611円 + 税

路傍で倒れている武家の奥方と息子を助けた「使の者」猪三郎と鹿之丞、お蝶の三人組。尾張から江戸に出てきたという母親は、猪三郎たちに「人探し」を頼む。よくよく  ...続き.>

line

著:山本甲士 
発売日:2016年08月04日  定価:本体685円 + 税

下着泥棒と間違えられて逮捕され、職も失った35歳の独身男。誤認逮捕の経緯を書いたブログ「俺は何もやってません」が、予想外の反響を呼んで、“エンザイ男”としてち  ...続き.>

line

著:鈴木英治 
発売日:2016年08月04日  定価:本体676円 + 税

幕府覆滅を画策していた撫養知之丞が捕縛されて獄門に処されたことで、束の間の平和を取り戻したかに思えた江戸であったが、日暮里にある秀士館の湯瀬直之進の家に黒覆面をした男が突然現れ、直之進を亡き者にしようとするが……。人気シリーズ第三十五弾。

line

著:鳥羽亮 
発売日:2016年08月04日  定価:本体593円 + 税

柳橋にある船宿の娘が忽然と姿を消した。数日後、はぐれ長屋に住む職人の娘も買い物帰りにいなくなってしまう。ふたりは年齢が十歳で、器量よしという共通点があった  ...続き.>

line

著:葉月奏太 
発売日:2016年08月04日  定価:本体602円 + 税

大学卒業後、流されるままに実家の酒屋で働く田代聖一郎は、地元商店街の夏の一大イベント「浅羽サンバカーニバル」にも無関心。だが、配達先で待ち受けていたパン屋  ...続き.>

line

著:藍川京  草凪優 
発売日:2016年08月04日  定価:本体639円 + 税

違えぬ誓い。燃え上がる情交。切れることなく繋がる縁。千切れるような思いの果てに、男と女が交わす契りは、永久の愛か、一夜の劣情か。――官能小説の第一線で活躍する著者5名による珠玉の書き下ろし官能アンソロジー。

line

著:町田康 
発売日:2016年08月04日  定価:本体546円 + 税

日々の生活の中でたまった鬱を、日々の生活の中でいかに散ずるか。「物」を買い、使い、また買い、使う。消費社会で生きる私たちの姿をあますところなく描く。超言語激烈文芸作品。

« 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10次へ »