検索の説明
サイトマップ


媒体資料一覧
TOP>文庫
ジャンル一覧へ


« 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10次へ »

※発売日は地域によって異なります。

line

著:藤まる   
発売日:2017年12月14日  定価:本体639円 + 税

「それじゃあキミを死神として採用するね」
ある日、高校生の佐倉真司は同級生の花森雪希から「死神」のアルバイトに誘われる。曰く「死神」の仕事とは、成仏  ...続き.>

line

著:赤川次郎   
発売日:2017年12月14日  定価:本体574円 + 税

男っ気のないOL・七代は、とてもさわやかな年下のサラリーマン・古賀にいきなりプロポーズされた。最初は疑っていたが、母親に紹介されたり婚前旅行を提案されたり  ...続き.>

line

著:眉村卓   
発売日:2017年12月14日  定価:本体667円 + 税

外との接触を拒むかのように、町の入り口に位置する「峠」。就職し赴任したひなびた町で、閉塞感に包まれながら、若き日々を過ごした男は、久方ぶりに町を訪れた際に  ...続き.>

line

著:浅田次郎   
発売日:2017年12月14日  定価:本体593円 + 税

奥多摩の御嶽山にある神官屋敷で物語られる、怪談めいた夜語り。著者が少年の頃、伯母から聞かされたのは、怖いけれど惹きこまれる話ばかりだった。切なさにほろりと涙が出る浅田版遠野物語ともいうべき御嶽山物語。

line

著:青柳碧人  著:天祢涼  著:大山誠一郎  著:岡崎琢磨  著:似鳥鶏  著:水生大海   
発売日:2017年12月14日  定価:本体602円 + 税

浦島太郎が龍宮城に来てみれば、待つのは密室殺人? ネット社会、刑期を終えた男の名は半永久的に残る現実が。捜査会議後の刑事たち。会話の中に、事件解決のさらな  ...続き.>

line

著:竹村優希   
発売日:2017年12月14日  定価:本体574円 + 税

あれほど嫌だった沖縄で生活に、少しずつ居心地の良さを感じ始めた篤。ある日、せーふぁうたきに行くと、キミと遭遇する。「ニライカナイって本当にあるの?」とキミ  ...続き.>

line

著:Kate   
発売日:2017年12月14日  定価:本体676円 + 税

『望んだ物が何でも手に入る』という不思議な館に囚われた12人の男女。互いを「家族」と呼び、仲良く暮らす彼らだが、そんな平穏な日々は一人の「家族」の死によって  ...続き.>

line

著:滝田務雄   
発売日:2017年12月14日  定価:本体583円 + 税

始末書を乱発している若き刑事・畑山理恩。捜査本部長に減らず口を叩いたり、異常な食い意地で騒動を起こしたり、出かけるたびに迷子になったり……。だが推理だけは超  ...続き.>

line

著:中村颯希   
発売日:2017年12月14日  定価:本体630円 + 税

「料理を上達したい」という願いと引き換えに、神様から未練を残した魂を憑依させられていた高坂哲史。その神様と会えなくなって、はや数ヶ月、いつもの通り妹と気ま  ...続き.>

line

著:鈴木英治   
発売日:2017年12月14日  定価:本体657円 + 税

門人が何者かに襲われる事件が続き、秀士館のまわりに不穏な空気が漂い始めていた。狙いはどうも直之進らしい。そんななか、直之進は館長・大左衛門の頼みで大山・阿  ...続き.>

line

著:鳥羽亮   
発売日:2017年12月14日  定価:本体593円 + 税

大川のほとりの小粋な居酒屋にちょくちょく通うようになった菅井紋太夫。そこの女将はまだ若いが、どうやら紋太夫に気があるらしい。父親と娘ほど年が離れていること  ...続き.>

line

著:稲葉稔   
発売日:2017年12月14日  定価:本体602円 + 税

苛烈な過去を乗り越え、ようやく剣友春之助と和解した八雲兼四郎。共に道場をやろうと誘う友の真心を嬉しく思いつつも、麹町で営む居酒屋「いろは屋」で再び常連客に  ...続き.>

line

著:草凪優   
発売日:2017年12月14日  定価:本体611円 + 税

IT企業に勤める平凡な独身サラリーマンの真鍋倫太郎は、同じ社に勤める未亡人の派遣社員の川原真千子が、残業時に泣いている姿を目撃する。夫を喪ってからも夫の家族  ...続き.>

line

著:乃坂希   
発売日:2017年12月14日  定価:本体574円 + 税

あと3年で40歳を迎える兎一郎は、四十路までには結婚したいと考えている。ある土曜日の朝、ラブホテルのベッドの上で目覚めた兎一郎はTシャツにボクサーショーツ  ...続き.>

line

著:成宮和美   
発売日:2017年12月14日  定価:本体602円 + 税

ひどい鼻炎持ちのサラリーマン、花田隆太郎は想いを寄せる受付嬢、木戸佐都美の家に招かれ舞い上がるも、肝心なところでくしゃみを連発して玉砕。意を決してレーザー  ...続き.>

« 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10次へ »