検索の説明
サイトマップ


媒体資料一覧
ジャンル一覧へ

« 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ »

※発売日は地域によって異なります。

line

著:平直行   
発売日:2017年11月17日  定価:本体1,500円 + 税

UWFから日本の総合格闘技の歴史は始まった――。プロレスであったはずのUWFが切り拓いた格闘技の扉。シューティング、シュートボクシング、リングス、K-1、そしてUFC。  ...続き.>

line

著:川﨑浩市   
発売日:2017年10月20日  定価:本体1,400円 + 税

1964年、福岡県生まれ。元プロレス・格闘技ブッカー。大学卒業後、サラリーマンを経て、新生UWFに営業部員として入社。UWF退社後は、プロフェッショナルレスリング藤  ...続き.>

line

著:中邑真輔   
発売日:2017年09月08日  定価:本体1,600円 + 税

日本のエースから、世界のスーパースターへ! 世界最大のプロレス団体WWEで活躍するプロレスラー、中邑真輔。新日本プロレスからWWE移籍までのおよそ5年間の”  ...続き.>

line

著:風間八宏   
発売日:2017年04月21日  定価:本体1,300円 + 税

Jリーグ・名古屋グランパスの新監督に就任した、風間八宏監督の新刊本。風間監督は日本を代表する「個」のサッカーの第一人者だが、本書には同監督の”一流の「個」”  ...続き.>

line

著:布施鋼治   
発売日:2017年03月22日  定価:本体1,500円 + 税

ふたりの国民栄誉賞を生んだ日本女子レスリングの強さの秘密とは?

女子アスリートとして初のオリンピック四連覇を成し遂げた伊調馨。リオこそ銀メダル  ...続き.>

line

著:井上譲二   
発売日:2017年03月22日  定価:本体1,500円 + 税

日本のマット史の中心で強烈な光を放ち続けたアントニオ猪木。『週刊ファイト』の記者として清濁併せ呑む燃える闘魂に魅了され、追いかけ続けた著者が、書けなかった  ...続き.>

line

著:波々伯部哲也   
発売日:2016年03月18日  定価:本体1,200円 + 税

かつて大阪に「伝説の専門紙」があった――。活字プロレスの元祖と言われるI編集長率いた『週刊ファイト』。著者がプロレスマスコミの番外地・ファイト編集部に迷い込  ...続き.>

line

著:日本ラグビー狂会   
発売日:2016年02月19日  定価:本体1,500円 + 税

日本ラグビー凱歌の先へ――2019年W杯日本大会へのカウントダウン、ジャパンウェイ第2幕が始まる! 2015年イングランド大会でW杯史上最大の衝撃と称された南アフリカ  ...続き.>

line

著:長友佑都   
発売日:2015年12月11日  定価:本体1,000円 + 税

「上昇思考」「体幹トレーニング」が大ベストセラーとなった著者の「日めくりカレンダー」。長友選手自身がスランプの際、自らを鼓舞しょうと「31の言葉」を書き、  ...続き.>

line

著:市瀬英俊   
発売日:2015年10月16日  定価:本体1,200円 + 税

ジャイアント馬場率いた全日本プロレス。アントニオ猪木の新日本プロレスと比較され、「事件」が少ないリングと捉えられていたが、王道リングにこそ、内に秘めた選手  ...続き.>

« 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ »