検索の説明
サイトマップ


媒体資料一覧
ジャンル一覧へ

« 前へ 1 2 3 4 5 次へ »

※発売日は地域によって異なります。

line

著:西岸良平  著:まんがタウン編集部   
発売日:2017年12月12日  定価:本体1,300円 + 税

ついに実写映画化!名作の世界を味わい尽くす公式ガイドブック最新版。2013年刊行の「鎌倉ものがたり読本」にコミックス34巻までの情報を追加し、映画「DESTINY 鎌倉  ...続き.>

line

著:西岸良平   
発売日:2017年11月16日  定価:本体600円 + 税

「ALWAYS 三丁目の夕日」の山崎貴監督が、西岸良平のもうひとつのライフワークを実写映画化。2017年12月9日公開「DESTINY 鎌倉ものがたり」のストーリーに取り上げら  ...続き.>

line

著:西岸良平   
発売日:2017年11月16日  定価:本体600円 + 税

「ALWAYS 三丁目の夕日」の山崎貴監督が、西岸良平のもうひとつのライフワークを実写映画化。2017年12月9日公開「DESTINY 鎌倉ものがたり」のストーリーに取り上げら  ...続き.>

line

著:西岸良平   
発売日:2017年10月12日  定価:本体600円 + 税

古都・鎌倉で起きる怪事件をミステリー作家・一色正和が見事解決!日本漫画界を代表するロングセラーが「DESTINY 鎌倉ものがたり」としてついに実写映画化(山崎貴監  ...続き.>

line

著:西岸良平   
発売日:2017年08月10日  定価:本体463円 + 税

推理作家・一色正和が「ばあや」と慕う大河原キンは、一説によると120歳を超える高齢ながら、元気に一色家の家政婦をつとめている。ところがある日、キン急病の知ら  ...続き.>

line

著:西岸良平   
発売日:2017年07月28日  定価:本体583円 + 税

満天の星、月明かり、ラクダの足音サクサクと、夜の砂漠を二人きり。
ある晩、一色夫妻が見た同じ夢。行く手には、魔力を持った大きなサボテンが、五百年に一  ...続き.>

line

著:西岸良平   
発売日:2017年06月12日  定価:本体463円 + 税

鎌倉警察署員・稲荷は、心霊捜査課に属する刑事である。人間と白狐の間に生まれ、得意の捜査法はコックリさん占い。特異な能力で難事件を解決してきた。そんな稲荷が  ...続き.>

line

著:西岸良平   
発売日:2017年04月12日  定価:本体463円 + 税

推理作家・一色正和のヒット作『名探偵一色亜紀子』のテレビドラマ化が決定した。同シリーズの主人公は、正和の妻・亜紀子がモデル。その縁で、亜紀子はドラマに出演  ...続き.>

line

著:西岸良平   
発売日:2017年02月10日  定価:本体463円 + 税

「お忘れでしたのでお届けします」
――泊まった覚えもないホテルから、一色家に一冊の手帳が届く。手帳には「地獄堂」について不気味な文章が書かれていた。不  ...続き.>

line

著:西岸良平   
発売日:2016年12月12日  定価:本体463円 + 税

鎌倉に、顔は人間の女性、体は雌牛という怪物が出没しはじめた。「ウシジマ・ケンサク」なる人物を探しているという。すると、我こそウシジマ・ケンサクだという初老  ...続き.>

line

著:西岸良平   
発売日:2016年10月12日  定価:本体463円 + 税

推理作家・一色正和邸の納戸には、魔力を秘めた不思議な品々も収められている。そのせいか、妻・亜紀子がたまたま入った納戸で、世にも奇怪な体験をすることに。さま  ...続き.>

line

著:西岸良平   
発売日:2016年08月12日  定価:本体463円 + 税

推理作家・一色正和の家には、祖父の代から出入りしている家政婦がいる。名を大河原キン。80歳とも120歳を超えているともいわれ謎多き老婆だが、まだまだ現役。亜紀  ...続き.>

line

著:西岸良平   
発売日:2016年06月28日  定価:本体583円 + 税

闇夜の街角で、ひとつの殺人事件が起こる。被害者の傍らには、崩壊、破滅、転落を意味する「塔」のタロットカードが一枚。カードにこめられた犯人のメッセージから、  ...続き.>

line

著:西岸良平   
発売日:2016年06月11日  定価:本体463円 + 税

鎌倉市内を走る江ノ島電鉄線は、生活路線として、観光路線として「江ノ電」の愛称で親しまれている。推理作家・一色正和も、江ノ電を愛好する一人だ。ところがこの頃  ...続き.>

line

著:西岸良平   
発売日:2016年04月12日  定価:本体463円 + 税

推理作家・一色正和は江ノ電を利用する際、密かに楽しみにしていることがあった。それは線路際の「花の家」を垣間見ること。四季折々の美しい花々に囲まれて建つその  ...続き.>

« 前へ 1 2 3 4 5 次へ »